源平合戦の水上戦闘

元寇時の水上戦を描いた日本と元の将兵たち/wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

義経が水上戦で活躍できたのは三浦一族がいたから 鎌倉殿の13人考察

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』は“弓”に重きを置いた表現がよく用いられます。

義経が富士山の麓で野武士と競い、最終的に騙し射ちしたり。

頼朝と義経、あるいは義円も含めた兄弟たちが、仲睦まじく弓を引くシーンが幾度かあったり。

当時の武士にとっては「弓馬の道」と称されるほど重要ですので当たり前と言えば当たり前なのですが、

弓矢と鎌倉武士
なぜ鎌倉武士は弓矢をそこまで重視したか?鎌倉殿の13人ギモン解決

続きを見る

実は源平合戦では弓と同様、あるいはそれ以上にポイントとなる存在があります。

船です。

ドラマのオープニングを思い出してください。

◆鎌倉殿の13人オープニング(→Youtube

本編の殺伐とした世界観を表現するかのように、無表情の武士像たちが刀を構え、尼姿の像が両手を広げ――そんなシーンの中で突如現れる、海一面を覆い尽くすかのような船と、飛び交う弓矢。

おそらく壇ノ浦の戦いを表したもので、いわゆる源平合戦の締めくくりとなりますが、そもそも初戦となった【石橋山の戦い】で敗れた頼朝が安房へ逃げたときに用いられたのも船でした。

そのクライマックスとなるのが源義経の八艘飛び伝説!なワケですが……実は水上戦においては、義経も頼りにせざるを得ない一族がいました。

三浦義澄三浦義村が率いる三浦一族です。

いくら義経が軍略に優れていても、その意を受けて動ける将兵がいなければ意味がないわけで、その点、三浦一族は船の扱いに長けていました。

では当時の水上戦はどのようにして行われていたのか?

義経や三浦一族と共に当時を振り返ってみましょう。

 

船がなければ戦はできぬ

『鎌倉殿の13人』では、序盤から印象的な船のシーンが登場します。

【石橋山の戦い】で大敗した源頼朝が、土肥実平の用意した船で真鶴(現神奈川県)から相模湾へ漕ぎ出し、安房の鋸南町(現千葉県)へ逃れるのです。

土肥実平
史実の土肥実平は意外なほどに重要な人物~鎌倉殿の13人阿南健治

続きを見る

現代の真鶴町と鋸南町の直線距離が約63km/GoogleMapより

現在は東京湾フェリーで横断できる海も、当時はおそろしい難所。

劇中ではまるで木の葉のように小舟が波に揺らされ、見ているだけで緊迫感がありました。

よろめきながら頼朝一行が浜辺に到着する様子は、手漕ぎの船で海を渡る苦労を感じさせたものです。

ともかく平家方に敗れた頼朝らが無事に逃げおおせたのも、すべては船があってのこと。

ここで注目したいのが相模に根付いていた三浦一族です。

頼朝らとは別の船で、三浦義澄と和田義盛も安房へ渡っていました。

史実の和田義盛も猪武者で憎めないヤツだった?鎌倉殿の13人横田栄司

続きを見る

彼らの祖父となる老将・三浦義明が【衣笠城合戦】において敵(これまた孫の畠山重忠)をひきつける中、栗浜(現・久里浜)にあった船で、三浦一族は落ち延びたのです。

三浦義明
史実の三浦義明は89歳で孫の重忠に攻められ討死~鎌倉殿の13人

続きを見る

なぜ彼らに言及するのか?と申しますと、後の源義経の活躍も、三浦一族あってのことと言えるから。

源平合戦において天才軍略家である源義経も、奥州育ちで水上戦闘には不慣れです。

そのため、船を用いるともなれば、三浦義澄を指名したほどでした。

三浦義澄
史実の三浦義澄は頼朝幕府のオールラウンダー 鎌倉殿の13人佐藤B作

続きを見る

 

源平合戦における船は小さい

振り返ってみますと、2012年大河『平清盛』でも“宋船”がドラマの見どころとして紹介されておりました。

兎丸という海賊が大きな宋船を乗り、清盛たちが捕らえられてしまい、怒涛の展開が待ち受けてるのです。

◆『平清盛』で松山清盛と加藤兎丸が対決!大河ドラマ史上最大規模の海上ロケを敢行(→link

ただ、あの船のイメージは源平合戦においては不要といえるでしょう。

中国大陸との貿易に用いる船は、ジャンク船の構造を取り入れた特殊なものであり、建造費も非常に高くつく。いわば高級船です。

日宋貿易を重視していたあの作品ならではの存在感があり、『おんな城主 直虎』でも再利用されるほどでした。

しかし、あれほど高級でシッカリした作りの船は、日本の水上戦闘ではお目にかかれません。

鎌倉幕府三代将軍・源実朝は、宋へ渡ることが悲願でした。

そのため実際に船も作らせたのですが、計画はうまくいかず、願いが叶うことがないまま暗殺されてしまいます。

よって『鎌倉殿の13人』では、中国大陸を目指すほどの大型船が登場する可能性は低い。

兎丸のような海賊にしても、あれほど大きな船は所有していなかったと考えた方が妥当。

大型船は、あくまで貿易目的だからです。

遣唐使
命を懸けてまで渡海した「遣唐使」は何が目的でなぜ廃止された?

続きを見る

 

手で漕ぎ、弓矢で射る

では、戦闘用の船はどんなスペックだったのか?

というと漁船とさして変わらぬ素朴なものでした。

「準構造船」という丸木舟の上に構造物をつけたもので、弥生時代から用いられていたものです。

30メートルを超えるような大型のものですと、底をついだ「複材(または複合)刳船(くりぶね)」の出番でした。

いずれにせよ、日宋貿易船が当時最先端の技術が用いられたのに対し、戦闘用はかなり素朴な設計です。

源平合戦における水上戦闘は、馬が船になったと考えるとわかりやすいかもしれません。

小型の船に武士が乗り、漕ぎ手が動かす。

速度は4ノット程と推測。

「1ノット=時速1.852km」で計算しますと、約7.4kmになりますね。

現在の高速船は40ノット(時速74km)ものスピードとされているので、それと比較すると10分の1。当時は時速7.4キロが平均速度でした。

また、粗末な帆を張ることもありましたが、基本は安定かつ確実な人力が用いられています。

再び【石橋山の戦い】での敗戦後に目を向けますと――。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-

×