歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

まり先生の歴史診察室 週刊武春

麻疹をナメるな!元号を7度も変え、幕末江戸で最大40万人が苦しんだ怖い病

投稿日:

麻疹(ましん・はしか)の流行が、にわかに拡大しております。

『たかが麻疹で何をアタフタしてんの?』
と悠長に身構えているあなた。

甘くみたら本当にイケません。

感染力は激しく強く、実は致死率も低くない。
最近は、ワクチンを忘れる方もいらっしゃるようで、日本で猛威をふるう恐れも指摘されております。

では、歴史的に見てはどうなのか、って?

犬公方でお馴染みの徳川綱吉も麻疹で死んだ――以前そんな記事を記しましたが、そこでマトメきれなかったことがありまして。

コーヒー飲みながら第二弾をお送りします♪

 

90%以上! とにかく感染力がヤバイ!

まず、麻疹とは?

詳細は前回の記事に譲り、

江戸時代に13回も大流行した『命定め』 犬公方・徳川綱吉も”麻疹”で亡くなった

今回はスッキリ箇条書きで特徴をマトメさせていただきますね。

【麻疹の特徴】
・症状は発熱と発疹
・一度かかると二度かからない
・致死率、実は高い(日本で0.1% 全世界で3-5%)
・とにかく感染力がヤバイ!

厄介なのが感染力です。
『空気感染』するため凄まじく強力で、麻疹ウイルス保持者と直に接触したり、同室にいただけで会話をしてなくても感染する危険性があります。もちろん、飛沫や接触でも感染します。

※空気感染と飛沫感染の違い(→昭和大学PDF

しかもですよ。
免疫を持たない人が麻疹ウイルスにさらされた場合の発症率は、実に90%以上!
むちゃくちゃ高いんです。

だから大流行するワケで、実際に昔は多くの死者を出した病気でした。
では、本題の歴史パートへ行ってみましょう。

 

スポンサーリンク

摂関政治の終わりは麻疹にあり

麻疹が初めて文献に登場するのは9-10世紀のこと。
ペルシアで活躍した医師アル・ラーズィー(アル=ラジ)による『天然痘と麻疹の書』です。

アル・ラーズィー/wikipediaより引用

日本で「これは麻疹で間違いないだろう」とされる第1回目の流行は998年になります。

むろんこれ以前にも流行があったでしょうが、天然痘と症状が似ているため、歴史上、しばしば混同されており正確には把握できません。

日本古来の呼び方からしてそうです。

・天然痘が「もがさ」
・麻疹が「赤もがさ」

現代人から見たら、どっちも似たような印象ですよね。

日本史上、2回目の流行は27年後、1025年のことです。

この流行では、歴史が動きました。
当時、栄華を極めていた藤原道長の六女・藤原嬉子(きしorよしこ)が18才の若さで命を落としてしまったのです。

紫式部日記絵巻の藤原道長/wikipediaより引用

彼女は入内しており、後冷泉天皇となる皇子を産むのですが、出産直前に麻疹にかかり、出産からわずか2日後に亡くなったのです。

後冷泉天皇には世継ぎがおらず、その崩御後に
【摂関家とはつながりのない天皇が即位】
して、摂関政治は終焉をむかえます。

もしも嬉子が麻疹で亡くならず複数の皇子を産んでいれば、歴史は大いに変わったでしょう。

麻疹が歴史を動かしたとも言えます。

 

麻疹は元号をも変える

さて今年は改元の年で、新元号が何になるか、皆様も楽しみにされているでしょう。

元号は基本的に天皇の即位で変わります。
しかし過去には、天災や疫病の流行を断ち切るために元号を変えることがありました。

「災異改元」と言います。

おそらく皆さんの想像以上に頻度は高く、過去に災異改元は100回以上行われております。

そのうち
・天然痘が12回
・麻疹が7回
なのですから、近世以前の麻疹がどれだけヤバかったかご理解いただけるでしょう。

一例を挙げますと、鎌倉時代の【建長】8年は、10月5日(新暦:1256年10月24日)に改元されて【康元】となりました。

なぜならこの年の年末4ヶ月間、鎌倉で麻疹が大流行したのです。

6代将軍だった宗尊親王を筆頭に、執権・北条時頼や問注所執事・三善康連などが次々に罹患。
この時、三善康連と北条時頼の娘が死去しております。

北条時頼/wikipediaより引用

改元はこの麻疹の流行をおさめるために行われたようです。

ちなみに、災異改元の中には「ハレー彗星が来たから」ってパターンもあります。
更にはおめでたいときも元号を変えることがあり「珍しい亀が見つかったから年号かえました!」ってパターンも奈良時代に4回もあります。

奈良時代でも「池の水ぜんぶ抜く」とかしたんですかね。
あれってやたらと巨大亀が出てきますし……。

 

スポンサーリンク

幕末の江戸で最大40万人の感染

江戸時代に入っても麻疹は猛威を振るい、13回の大流行が記録されております。

中でも1862年は被害が大きく、約20~40万人の罹患者数を観測(参考:日本医史学雑誌PDF)。
江戸期の文化・風俗・災害などを記した『藤岡屋日記』によると、このときの死者は実に1万4210人に達したとされ、致死率からしてあながち誇張とも言えない状況です。

※当初は「栄研化学PDF」の死者数約24万人を参照しておりましたが、実数に違和感があり上記に修正させていただいております

かように恐ろしい麻疹。
現代では【◯万人が麻疹にかかった!】というニュースは聞きませんよね?

何故だと思いますか?

それはワクチンがあるからです。

麻疹ワクチンは1978年に定期接種として小児に導入。
2006年からは免疫獲得性をあげるため、1歳児と小学校就学前の計2回接種となりました。

2007年に高校・大学を中心に【成人麻疹】が流行した際は、2008年から5年間の限定措置として中1と高3生に追加接種をいたしました。

その他にも定点報告から全例報告に変えたり、厚生労働省がそりゃーもうがんばったわけです!

そのかいあって2002年には約20万人、2008年に年間11000人であった麻疹患者数は数百人まで激減して、2015年3月には世界保健機関西太平洋事務局(WPRO)から麻疹排除国の認定を受けました。拍手パチパチ~。

 

麻疹とコナ・コーヒー

しかーし、排除といっても天然痘のように本当にゼロになったわけではありません。

流行国から持ち込まれて、患者が発生したり、流行したりします。
最近は患者数がグッと減ったせいで麻疹の恐ろしさが伝わらず、ワクチンをうっかり忘れたり、打たなくても大丈夫なんでは?と思う方もいるようで……。

ワクチン接種率が低下すると、抗体をもたない人が増え、患者発生や流行の拡大につながります。
排除宣言に油断せず、勝って兜の緒を締めよ!ですよ?

さてさてここまで書いたらコーヒーが空になってしまいました。
コーヒーといえばハワイ島の西岸「コナコースト」で栽培されるコナ・コーヒーは高級品として有名ですよね。

コナ・コーヒーの実(ハワイ)

実はコナ・コーヒーの誕生には麻疹が関わっております。

ときは1824年。
ハワイ国王・カメハメハ2世は、イギリスとの同盟交渉のために王妃と渡英しました。

しかし、運悪くイギリスで麻疹にかかり王妃共々命を落としてしまいます。

太平洋諸島には麻疹の流行がなく、免疫がなかったためでしょう。
二人の遺体を載せた英国艦は、ハワイに帰る途中でブラジルのリオ・デジャネイロに立ち寄りました。

このとき同乗していたオワフ島知事のボキが、コーヒーの木を持ち帰ったことが今日のコナ・コーヒーにつながったそうです。

あ、私が飲んでいるのはコナ・コーヒーのような高級品ではなく、インスタントの粉コーヒーですよ、なんちゃって。

文/馬渕まり(忍者とメガネをこよなく愛する歴女医)
本人のamebloはコチラ♪

江戸時代に13回も大流行した『命定め』 犬公方・徳川綱吉も”麻疹”で亡くなった

【編集部より】
アマゾンの戦国本ランキングで(一時)1位に輝いた、まり先生の初書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』が発売中です!




スポンサーリンク


【参考】
神奈川県衛生研究所
アル・ラーズィー/wikipedia
感染症クライシス』洋泉社ムック
人類と感染症の歴史 -未知なる恐怖を超えて- 』加藤茂孝 丸善出版

 



-まり先生の歴史診察室, 週刊武春

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.