大河ドラマ感想あらすじ

会津まつり&綾瀬はるかさんと言えば大河『八重の桜』が見たくなる!

こちらは4ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
八重の桜
をクリックお願いします。

 


魅力⑤哀切も何もかもがある脚本が丁寧だ

脚本家の描き方はともかく丁寧です。

時代考証という枠組みの中で、きっちりとドラマを練り上げる誠意を感じさせます。

会津の駄目なところにも踏み込む、そういう気持ちが実にいい!

考証と人情の細やかさに気を配る、脚本家氏の力量を感じます。

 


魅力⑥考証がきっちりしている

本作は、郷土史の専門家がきっちりとバックアップ。

川崎尚之助関連をはじめ、最新の学説を取り入れ、じっくりと丁寧に幕末史の向き合っております。

フィクションだけにアレンジや史実とは異なる部分もあるものの、悪意ある捏造は一切なし!

このレベルで考証をすればまともになるという、大いなる手本を見せ付けております。

 

魅力⑦新たな魅力が花開く出演者たち

ほんわか癒し系イメージがあった主演の綾瀬はるかさん。

しかし、実物に近いモデルガンを持ち、走り回る運動能力とスタミナがあるのは、若手女優で彼女くらいだったそうです。

長刀、銃――どれも扱いが見事でした。

運動能力のみならず、スナイパーとしての目線の鋭さも発揮されておりました。

綾瀬さんがこのあと、アクションに開眼したことは言うまでもありません。

西郷隆盛役の吉川晃司さんと共に出演するファンタジードラマ『精霊の守り人』も、本作の熱演評価があってこそのものです。

松平容保役の綾野剛さんは、これはもう、史上最高の容保像ではないか?と思われるほど本人にそっくりです。

あの苦悩と悲劇的な生涯も見事に演じており、これを超える容保像は二度とお目にかかれないのでは?と思うほど。

徳川慶喜役の小泉孝太郎さんも、多面性のある人物像を見事に演じておりました。

もう書き切れないほどですが、出演者全員の魅力が大きく開化し、桜のように咲き誇った――。

そんな風に大声で叫びたいほど皆さんの演技が見事で、そこだけ切り取ってじっくりと見たい、そんなドラマです。

綾瀬さんは、今なお地元で愛されており、2018年まで「会津まつり」のゲストとして呼ばれるほど。

その後、新型コロナの影響で開催が中止され、復活後の2022年にも改めて参加してくれることは冒頭でも述べた通りです。

作品に注がれる地元からの愛。

これぞ『八重の桜』が得たものなのです!!

いかがでしょうか?

この原稿のために『八重の桜』のことをしみじみと思い返しています。

見終えた当初は不満点もありましたが、戊辰戦争150周年を越え、コロナ騒動を越えた本年……もうこんな思いしかこみ上げてきません。

『八重の桜』は最高だった――。

本作は、これからも再評価されることでしょう。


あわせて読みたい関連記事

新島八重『八重の桜』
最強の女スナイパー新島八重を知れば幕末&会津がわかる!86年の生涯

続きを見る

川崎尚之助
会津藩士になった川崎尚之助~八重の元夫は会津の男として生きた

続きを見る

会津戦争の遺体埋葬論争
会津戦争『遺体埋葬論争』に終止符を~亡骸埋葬は本当に禁じられた?

続きを見る

会津戦争(会津と長州)
なぜ会津は長州を憎む?会津戦争に敗れた若松城と藩士達が見た地獄

続きを見る

文:武者震之助

【参考】
大河ドラマ『八重の桜』(→amazon

TOPページへ


 



-大河ドラマ感想あらすじ
-

×