歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

西郷どん感想あらすじ 西郷どん(せごどん)特集 幕末・維新

東北最強のイケメン名将・酒井了恒(のりつね) 戊辰戦争で「鬼玄蕃」と恐れられ

更新日:

源平時代の源義経
戦国時代に姫若子と呼ばれた長宗我部元親

容姿端麗、イケメンにして戦上手な武将は、いつの時代も際立って畏敬の念を持たれますが、幕末維新の頃にも東北にそんな美丈夫がおりました。

庄内藩の酒井了恒(のりつね)――。

薩摩の剣豪・大山綱良をして「おなごのようなよか稚児」と言わしめた優しげな外見に反し、新政府軍との戦いでは連戦連勝を重ねて「鬼玄蕃」として恐れられた武士(もののふ)

戦にめっぽう強く、見た目は中性的な美青年でありながら、さらには人格も高潔という、まるでマンガのチートキャラです。

もし彼が新政府サイドで活躍していれば、その後の史実は、坂本龍馬勝海舟、さらには西郷隆盛すらをも凌駕していたかもしれません。

何もかもが美しき敗者・酒井了恒(酒井玄蕃)。
知られざるその生涯を追ってみました――。

※マンガ版もございます(コチラ)!
以下クリックしますとnoteへ飛びます

 

鬼かと思えばよかちごじゃった!

西郷どん』で、北村有起哉さんが演じている大山綱良(大山格之助)。
戊辰戦争で出羽方面(東北の日本海側)を転戦し、戦果はいまひとつ冴えないものでした。

なぜならその行く手に庄内藩が立ちはだかったからです。

大山格之助(大山綱良)修羅の剣!西郷どんで北村有起哉さん演じるジゲン流の達人とは?

庄内藩は名将・酒井了恒(さかい のりつね)以下、高い士気を誇っていました。
彼のあまりの強さ、大胆不敵さに、いつしか敵は彼を“鬼玄蕃”と呼び始めたほどです。

「また鬼玄蕃にやられたか!」
味方の敗走報告を聞くたび、おそらく大山は苛立ったことでしょう。

戊辰戦争が終結した維新後の東京。
かつての宿敵“鬼玄蕃”と対峙した大山は、思わず目を丸くして言いました。

「容貌かくも温和で、おなごのようなよか稚児じゃったとは……」

そう。
目の前にいたのは、まるで女性のようにほっそりとしていて美しい、そんな青年だったのです。

美青年という意味の“よかにせ(若者)”ではなく、美少年を意味する“よか稚児”というフレーズを使ってしまったところに、大山の「好みのタイプじゃ!」という本音が出ている気がします。

では庄内藩とは一体どんな存在だったのか?
幕末では如何なる役割を果たしたか?

本稿の主役・酒井了恒の前に少し触れておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

海坂藩のモデルとなった庄内藩

現在の山形県庄内地方にあった庄内藩は、藤沢周平の時代小説の舞台となる「海坂藩」のモデルとして有名です。

統治したのは酒井家。
あの徳川四天王の一人・酒井忠次を祖とする御家です。

【関連記事】酒井忠次

しかし元々、置賜(おきたま)地方をのぞく山形県は、最上義光の最上家が支配する57万石の大藩でした。

最上義光「名将の証明」 波乱過ぎる69年の生涯をスッキリ解説!

それが江戸時代初期のころの最上騒動がもとで同藩が改易(1622年)に追い込まれ、領地が4つに分けられると、そのうちの一つが庄内藩(約14万石)として、酒井家に受け継がれていきました。

最上義光による善政が行き届いていたためか。
当時からこの地方は色々と恵まれていました。

例えば「北楯大堰」による農業生産の増大です(以下の関連記事に詳細)。

【関連記事】「水馬鹿」と呼ばれた北楯利長

夕暮れの庄内平野と最上川

農業面だけでなく商業面でも以下のように恵まれておりました。

・紅花栽培によってもたらされる「のこぎり商法」の恩恵(往路で紅花を売り、復路は西日本で仕入れた品物を売ること/押しても引いても利益が出ることから“のこぎり”と呼ばれました)
・最上川開削による船運発達
・東日本最大の港「酒田港」による貿易促進

村山地方は藩主交替が安定しなかった中、庄内藩は家臣領民一丸となって信頼関係を持つ、比較的統治が安定した藩であったのです。

山形県には、古い由緒ある、そしてとても豪華な雛人形がたくさん残されています。
これも、紅花貿易による豊かな暮らしの名残です。

※同じ山形県でも、置賜地方は全国的にも財政難で有名な米沢藩でした

 

幕末庄内藩の受難

幕末において悲運の藩といえば、会津藩が真っ先に思い浮かぶかでしょう。
しかし庄内藩も、当時は会津藩と並んで敵意を集めるほど、追い詰められています。

会津藩が憎悪をぶつけられた一因として、お抱えの新選組が京都警備の際、倒幕派相手に猛威を振るったことがあげられます。

新選組の母体となった浪士組は、その大半が江戸へと引き揚げました。
そして彼らは【庄内藩御預かり】となり、江戸の警護を担当したのです。

文久3年(1863年)から、庄内藩は江戸市中の警備しておりました。

のちに西軍から憎悪をぶつけられることになる会津藩と庄内藩。
江戸はじめ東日本では、悪から市民を守る力強い存在でした。

それは
【京で肥後様(松平容保)、江戸で酒井様、どちら梅やら桜やら】
と、花に譬えられたほどの人気ぶり。

物騒な事件が頻発する京都と比べ、当時の江戸は治安が守られておりました。

しかし、慶応3年(1867年)の終わりから状況が変化します。

相楽総三、益満休之助ら、西郷の密命を帯びた者たちが暗躍しだしたのです。
殺人、強奪、暴行……現代でいうならばテロリズムと呼べる、そんな悪事をはたらいた彼らは、薩摩屋敷へと姿を消しました。

薩摩御用盗――江戸の人々は彼らをそう呼び、ふるえあがります。

しかし、それこそ一派の狙い。
彼らの目的は武力衝突を誘発するため、挑発行為を繰り返したのでした。

そして庄内藩も、ついに堪忍袋の緒が切れます。

慶応3年12月25日(1868年1月19日)、彼らは薩摩藩邸に乗り込み、焼き討ちにしたのです。

戊辰戦争への幕は、こうして切って落とされたのですから、庄内藩が敵意を向けられないはずがありません。

江戸の治安維持をマジメに行い、凶悪なテロリスト相手に戦っただけ。
にもかかわらず、あまりに酷な仕打ちでした。

 

スポンサーリンク

白皙(はくせき)の名将、出馬す

庄内藩は、幕末の政局から距離を置いていました。

にもかかわらず、あまりに理不尽なカタチで泥沼の戦火へ。
東北の奥羽越列藩同盟も、会津藩と庄内藩を救うことを目的としたものです。

戦禍はついに庄内藩まで迫る情勢となり、酒井了恒(のりつね)も応戦することとなりました。

彼は幼い頃から聡明で、庄内藩の江戸警護でも実績をあげていたのです。

彼の生まれた酒井玄蕃家は、代々家老を務める名門でした。
そこで酒井は、天保13年(1843年)に誕生。

藩校致道館(山形県鶴岡市観光連盟)では、兵学・剣術・馬術・漢詩・雅楽・笛を得意とし、才能あふれる少年として知られています。

庄内藩が江戸の警護を命じられてからは、寄合組頭に就任。
幕命を帯びて、潜伏する浪士を捕縛する等、活躍し続けました。

そんな彼の人生に暗雲がたちこめたのは慶応3年(1867年)のことでした。

庄内藩では公武合体を掲げる改革派を処断する「丁卯(ていぼう)の大獄」が起こり、祖父・右京が処断されたのです。
孫の代まで、家督相続したうえでの逼塞(ひっそく・謹慎のようなもの)という、厳しい処分を受けました。

しかし庄内藩が危機に陥ったことで、酒井に出番が回ってきました。

彼は寄合組頭から中老にまで抜擢され、庄内藩を率いることとなったのです。

このとき彼は、僅か26才。
後に鬼玄蕃と恐れられる武士の誕生となりました。

 

庄内藩はリッチで強かった

慶応4年(1868年)4月。
庄内藩は近接する柴橋・寒河江領の年貢米を搬出しました。

幕府から預けられたものという認識ゆえの行動です。

ところが、これに奥羽鎮撫府が目を光らせました。
この奥羽鎮撫府参謀を務めていたのが薩摩の大山格之助です。

彼らの認識としては、既にこの地域は天領であり、庄内藩の行為は米の盗難としました。

にわかに緊張の走る庄内藩と西軍。
鎮撫府はついに庄内藩領へ攻め込みました。

が、そこで撃退されてしまいます。

これには大山も愕然としたことでしょう。
酒井率いる庄内藩の強さがついに表に出たのです。

彼らの装備が大変優れていたということも理由の一つでしょう。

前述の通り、庄内地方は最上義光時代から経済的に大変恵まれておりました。

江戸時代において、幕末まで財政が息切れしなかった藩は貴重です。
庄内藩もその一つ。
酒田の商人たちの保護は最上家時代より始まっており、井原西鶴の『日本永代蔵』で紹介されるほどの繁栄ぶりでした。

その酒田商人でも際だっていたのが、本間家。

殿様をしのぐほどの資産家でああり、酒田では、こんな戯れ歌がありました。
「本間様には及びもないが せめてなりたや殿様に」
(本間様みたいにリッチになるのは無理だけど、殿様レベルになれたらいいよね)

現在、本間家旧本邸は酒田でも有数の観光地になっておりまして。
私が今までみた日本家屋の中では、最も豪華なものでもあります。

庄内藩兵は、この唸るほどの本間マネーで最新式の武装を備えておりました。
中には、会津藩の女スナイパー・山本八重新島八重)が使用したことで名高いスペンサー銃もありました。

会津藩でスペンサー銃を使用していたのが八重だけで、しかも弾薬不足ですぐに使用できなくなったことを考えると、いかに本間家が財力に恵まれているか、庄内藩の装備が強かったかがわかります。

スペンサーカービンライフル(1865年)/photo by Hmaag wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

鬼玄蕃無双伝説

「なんだ、庄内藩が強いのは武器のおかげなんだ!」
と思うかもしれません。

否。
酒井も優れておりました。

例えば新庄城の戦いでの酒井は、二人の隊長を失い、劣勢に追い込まれると、彼は自ら味方の先頭に立ちます。

そして、刀をさげてこう大喝したのです。

「退く者は斬る!」
すると味方は発奮し、劣勢からの逆転勝利を得ます。

西軍の防御戦と、神宮寺岳という天然の要害に阻まれた際には、無灯火の夜間行軍で雄物川(おものがわ)を渡河。
まさか進軍しているとは気づかない無防備な敵の背後に襲いかかり、蹴散らすという胆略を発揮しました。

刈和野の戦いでは、酒井は病で寝込んでしまいました。

自分が不在のあいだ、味方が大敗したと知ると、酒井は翌日輿に乗って指揮を執ります。
周囲を敵に包囲され、武器弾薬も底を突きそうな中、酒井はこう言います。

「このまま敵に勝てずに撤退するのは、恥を後世に残してしまう! 一斉に打ち払うぞ!」

酒井の言葉に味方は大奮起、敵を蹴散らすと、刈和野を奪回。
すぐさま撤退に転じます。

結果、追撃も受けずに、庄内藩兵は自領まで戻ったのです。

戊辰戦争終結時、庄内藩領はほぼ無傷でした。
それどころか秋田藩領三分の一を支配下においたほどです。




スポンサーリンク


鬼玄蕃の名にふさわしい、その強さでした。

次のページへ >

織田信長 武田信玄 真田幸村(信繁) 伊達政宗 徳川家康 豊臣秀吉 毛利元就 




×

-西郷どん感想あらすじ, 西郷どん(せごどん)特集, 幕末・維新

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.