歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた

信玄・謙信に並ぶ名将・北条氏康 日本3大奇襲「河越夜戦」で劇的勝利を収める

更新日:

 

東日本での戦国大名研究って、ドコが最も進んでいるか、ご存知ですか?

そりゃ上杉謙信や伊達政宗でしょ――と思われるかもしれませんが、こと「戦国大名としての国経営」となると実は関東の後北条氏が最も盛んだ、という見方があります。

なぜなら小田原征伐で同氏が滅亡した後に徳川家が江戸へ入り、同エリアを所領化したときに、後北条氏が持っていた地域データを保全したから、というのが理由でして。
江戸時代を通じ、当時の生々しい史料が現代まで状態よく残されていて、そこから様々な内容が確認できるんですね。例えば合戦のときに米(兵糧)はどの城へいくら運べ、とかそういった細かい記録なども含まれます。

ただし、いざ合戦の中の様子などについては、残念ながら記録が少ないのは後北条氏でも同じようで。槍、馬、弓、鉄砲の各部隊・各兵士たちが実際にどんな風に戦ったのか?というのは戦国時代の全体を見渡しても意外にわかっておりません。

ましてやそれが「奇襲」ともなれば、敵をひたすら混乱させるために戦うワケですから、詳細な様子は描かれにくいワケですが、それでも後北条氏を語るときに絶対に欠かせない合戦というものがあります。

河越夜戦」です。
北条早雲(伊勢宗瑞)を含めて同家3代目となる北条氏康が、数倍もの大兵力を相手にドデカイ奇襲をかまし、その実力を日本中に知らしめた一戦。
桶狭間の戦い」や「川中島の戦い」並に劇的な合戦であったのに、なぜか世間的な注目度の低い戦いであります。

なぜあまり知られてないのか?
その理由を考えると、この合戦がとにかくややこしかったからかもしれません。
本日は、天文十五年(1546年)の4月20日に行われた、戦国三大奇襲の一つ・河越夜戦について見てみましょう。

 

関東戦国時代の合従連衡だった

河越夜戦とは?
簡単に言うと、「後北条家を皆でぶっ潰そうね!」ということで長年敵対していた複数の家が連合を組んだものの、ものの見事に返り討ちにあった――という何とも情けない話であります。
まぁ、情けないというか北条氏康が凄かったんですけどね。

この戦いに至るまでの経緯については、仕方のない一面もありますので、まずはその背景をざっくり見ていきましょう。
まず、戦国時代の関東地方は、群雄割拠としか言いようのない地域でした。
以前「立河原の戦い」の記事(過去記事:関東支配と上杉家を巡る名門バカ+下克上男のややこしすぎる争い【その日、歴史が動いた】)でもお話しましたが、一つの国を二つ三つ・あるいはそれ以上の大名が取り合ってるなんて状態がデフォルトで、さらに東北や甲信越からよその家がつっつきに来るなんてことが当たり前だったのです。
理由はいろいろありますが、他の地域と比べて起伏が少ない地形であることや、雪で行軍が妨げられることがあまりなかったのが大きいでしょうね。

普通こういうときって地域ごとに”名門”とされる家があって、そこにすりよったり敵対して大まかな勢力図ができていくのですが、関東の場合その名門の家の中でデカイにも程がある亀裂が入っていたので、どうしようもありません。
上記の記事でもちょろっと書いていますが、上杉氏と各所の公方(足利一門)のことです。

上杉氏内では山内家と扇谷家で40年以上(!)派手なケンカをしており、公方のほうも勝手に名乗ったりお家騒動を起こしたり、この両者が絡んで余計ややこしくなったりと「お前らのどこがどうイイ家なのか言ってみろ」とツッコミたくなるような有様でした。
さらに小田原方面では早雲の打ちたてた後北条氏が興っており、その他佐竹氏・結城氏・里見氏など鎌倉以来のこれまた由緒正しい家がたくさんあり、当然どこも生き残りをかけて必死です。

……以前神聖ローマ帝国について「ややこしすぎてわけわからん」というような話をしましたが、こうしてみると外国の方から見た関東の歴史も「WHAT’S!?」ってな感じかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

3代目ならアホ…どころか信玄・謙信に並ぶ名将だった

こうした緊張の空気の中、後北条氏の二代目・氏綱が亡くなります。
後を継いだのは、まだ若い三代目の氏康。
となると、周囲の大名が「早雲と氏綱にはさんざんヤな思いさせられたけど、あの若造なら叩き潰せるぜウェッヘッヘ」と考えるのはごく自然な流れです。やられるほうにとってはたまったもんじゃないですが。
そして後北条氏の要衝・河越城(現・埼玉県川越市)を上杉氏の二家+古河公方家の軍が取り囲みます。

当初、河越城にいた後北条軍は3000ほど。対して包囲側は8万超の大軍団。
ロクに戦わなくても、すっぽり取り囲んで兵糧攻めを仕掛ければ絶対に負けないはずの戦でした。

しかし、彼らの目論みはあっさり外れます。後北条氏の三代目こそ、同家の最盛期を築いた(そして優秀すぎて子孫が油断しまくり秀吉に滅ぼされる遠因にもなった)氏康だったからです。
彼は当初この絶望的な包囲網に対し、8000程度の兵しか率いて来ず失笑を買いました。まあ、包囲側は名門の名を振りかざしてあっちこっちから人数をかき集めたのに対し、後北条氏だけではそもそも兵の集めようがないですけども。

しかし、後北条氏は不利な状況だからこそ準備に余念がありませんでした。
河越城を守っていたのは氏康の義弟・綱成で、いざというときのために食料を備蓄していたので、しばらくの間持ちこたえることに成功します。
ホント日頃の備えって大事ですね。

対して、楽勝なことが全軍にわかりきっていた包囲側は次第に戦意がなくなってきます。平たく言えばダレてきます。第一志望に受かった後の受験生みたいですね。内定が出た後の大学生のほうが近いでしょうか。
こうなると戦力関係なく気の弛んだほうが負けるのはお約束ですが、軍紀を引き締めようとする人とかいなかったんですかね。

この状況を見た氏康は、「やりようによっては勝てる」と考え、計略を巡らせます。偽りの降伏を持ちかけたり、適当に兵を退いたりして「ワタシ達は戦うつもりなんてありませーん★」と見せかけました。
ホントに戦意がなければそもそも兵を連れてこないはずなんですが、包囲側はあっさりこれに騙されてしまいます。アホか。

 

氏康「みんな裸になれー!」兵士「アッー!」

そして準備が整った4月20日深夜、氏康は兵を四隊に分け、鎧や兜を脱がせました。別に「アッー!」なことをしようとしたのではありません。夜+戦といえば奇襲です。

どう考えても多勢に無勢なこの状況、しかも相手は油断しきっているとくれば、夜襲ほど効果的な策はありません。そして身軽に動く・敵に動向を悟られないためには、音を立てやすい装備は外してしまったほうがいいと考えたからでした。

そして抜き足差し足で包囲軍に攻めかかると、面白いほどの大混乱が起きます。
「こんなに優勢な俺達が負けるわけはない」と考えていた包囲軍はバケツいっぱいの蜘蛛の子を散らしたような状態でした。……気持ち悪い例えでスンマセン。
さーてその結果は?↓

・扇谷家の当主が討死するというまさかの事態
・山内家は当主こそ無事だったものの、重臣を何人か失う大損害
・古河公方軍は城から打って出てきた綱成にコテンパンにやられて敗走
・包囲軍の死傷者、1万3000~1万6000(=後北条氏の全軍より多い)

いくら気が緩んでたとはいえ、どこの家も見張りくらい立ててたでしょうにこの有様です。何がどうしてこうなった。
もっとも、この戦に関しては記録がハッキリしていない点も多いので、全てが事実であるかどうかはちょっと怪しい面もあります。
が、この戦いの後当主を失った扇谷家はあっさり滅亡、山内家も衰退して元は家臣筋であった長尾景虎(後の上杉謙信)を頼るハメになったことは事実です。
また、古河公方家についてはいろいろややこしい経緯があるのですが、端折っていうと最終的に「名門(笑)」的な扱いを受ける凋落ぶりでした。

こうして「室町幕府のお墨付きだから俺たちはエライんだ!」とほざいていた家は一気に姿を消し、代わって後北条氏などの戦国大名が表舞台に出てくるようになります。
同時に武田信玄や上杉謙信が登場するので、落ち着くのはやっぱり秀吉が小田原征伐を終える頃の話ですけども。

気の緩みを利用して名門を打ち破った後北条氏が、自らもまた小田原城の堅牢さその他への慢心によって滅びたというのは、また因果な話ですね。
このくらいの機転を利かせていれば、もうちょっと粘れて面白いことになっていたでしょうに。

長月七紀・記

参考:




スポンサーリンク


http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2008/04/post_b819.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/川越夜戦




桂小五郎
またの名を木戸孝允


1位 甲斐源氏の重責とは?
武田信玄53年の生涯


2位 ついに登場!
坂本龍馬の生涯マトメ


3位 漫画『アンゴルモア』で
盛り上がる元寇のすべて!


4位 この人こそが幕末王!?
天才・吉田松陰


5位 意外と知らない
源義経の生涯ストーリー


6位 史上最強の出世人だが
最期は切ない豊臣秀吉


7位 ゴツイケメンな幕臣
山岡鉄舟の信念


8位 藤原道長
出世の見込みなかった62年の生涯


9位 大政奉還から戊辰戦争
までのドタバタを分かりやすく!


10位 軍師の枠を超えていた!?
黒田官兵衛、真の実力


注目 金栗四三いだてんモデル
日本人初の五輪選手は驚きの成績!?


注目 まんぷくモデル
安藤百福50歳から再出発!



-その日、歴史が動いた
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.