日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

飛鳥・奈良・平安時代 その日、歴史が動いた

陰陽師・安倍晴明の生涯 史実では意外に地味だった?

更新日:

勉強というとイヤな思い出しかない方も多いかもしれません。
が、現代のように国民全てが一定の教育を受けられるというのは、実はとんでもなく恵まれていることだったりします。

誰もが読み書きや計算をできるようになったのは江戸時代以降ですからね。
もっと昔、平安時代ともなれば言うまでもありませんが、その割にさまざまな種類の学問は生まれています。

寛弘二年(1005年)の9月26日は、陰陽師として有名な安倍晴明が亡くなった日。

「摩訶不思議な必殺技を使いこなし、妖怪をバッタバッタとぶっ飛ばすちょっと不気味な青年」というようなイメージが一般的に強いのかなと思いますけれども、意外に史実の彼は地味な存在だったようです。

 

表舞台にたったのは40歳とすでにおっさん

彼が表舞台に出てきたのは40歳ごろと考えられています。

当時の平均寿命からすれば、(悪い言い方ですが)死にぞこないのようなもの。それまでは陰陽道や天文道といった学問を学んでいたそうなので、文字が読める=それなりの身分の家に生まれたことは確実ですが、具体的な家系などはわかっていません。

トンデモに近い説だと、阿倍仲麻呂の子孫説まであるとか。仲麻呂本人は以前取り上げたとおり唐から帰ってくることはできませんでしたが、日本にいる間に子供がいたらしく、晴明はその子孫じゃないか?という説です。

繋がってたら面白いですけどね。

遣唐使の阿倍仲麻呂が天才だったなんて! あの李白ともお友達だったなんて!

 

スポンサーリンク

天文学とはちょっと違う天文道を習得

さて、晴明が修めたとされる二つの学問について先にお話しておきましょう。

まず”天文道”というのは、今でいう天文学にあたり……ません。どちらかというと占い的な要素が強く、科学的な理論体系を作っていくというよりは、日食・月食や彗星などの珍しい現象について意味を考えるというものだったようです。

どれも最終的には「イヤなことが起きるから見ないように!」とか「今の権力者がロクデナシだから起きたんだ!」といったテンプレ的な結論になるんですけども、まあこの時代だから仕方がない。

日本って「この時代によくこんな制度作ったな」っていうのはよくあるんですけど、何か便利なものを新しく作るのは苦手な国なんですよねえ。

中国や西洋では天文学が発達して天球儀を作り、さらにこれを航海術にも活かして大航海時代に入っていったわけですが、そういう形跡もないようですし。
天体に関する記録がいろいろあるだけに、その謎を解明しようとか思わなかったのは不思議なところです。

枕草子にも「昴(プレアデス星団)や明けの明星(金星)っていいよね」(超訳)という話がありますから、当時の人が空に全く関心がなかったわけではないと思うんですけども。

 

スポンサーリンク

陰陽道は日本で生まれた

陰陽道は中国から伝わった陰陽五行思想の影響により、日本で生まれた学問です。
仏教のように大陸のものがそのまま伝わってきたわけではないというのがミソですね。

こちらは先日取り上げた錬金術の話とちょっと似ていて、「万物は陰陽と木・火・土・金・水の五つの要素が組み合わさってできている」とするものです。

また、縁起を担いだり厄を避ける儀式もこの考え方から生まれました。

源氏物語など平安時代の文学で「今日は方違えに行かなくては」とかいう話がよく出てきますが、あれも陰陽道+αの考えによるものです。験かつぎというよりは「この方角に○○神様がいらっしゃって恐れ多いので、近付かないようにしよう」という、まさに「触らぬ神に祟りなし」な儀式でした。

その割に「最初の一日だけやればオッケー!」みたいな抜け道もあったりして、融通が利くのかテキトーなのかわからなかったりしますが、まあそれが日本っていうお国柄ですよね。

 

陰陽師としての大活躍は80代から

この二つを学んだ晴明は、位が低かった頃から占いの名人として貴族社会に受け入れられていたようです。

貴族というといかにも「下々の者と会うとかwwwwww」というイメージもありますけども、平安時代の場合意外にオープンというか、無位無官の人でも「その道の名人なら会ってみようか」とか「○○殿の紹介なら面倒を見てやろう」といったお付き合いをすることもあったようです。
具体的な例をあげますと、少年時代の平将門が藤原氏の一人に仕えて出世の糸口を掴もうとしたことがあります。結局失敗してしまうんですけども、そういう人は多分他にもたくさんいたんでしょうね。

そんなわけで、晴明は知名度的には悪くない立ち位置にいました。さらに村上天皇にその名が聞こえるようになり、「じゃあそいつにいっちょ占ってもらおう」とお声がかりがあって、天文博士の職をもらいます。
陰陽博士という役職もあるんですが、多分「晴明は天文道のほうが得意だから」とみなされていたのでしょうね。

そのあたりから、晴明に大きな仕事が任されるようになっていきました。

天狗封じの儀式であるとか、天皇の病気回復を祈ったらたちまち回復したとか、大規模な干ばつが起きたので雨乞いさせたら見事恵みの雨が降ったとか、さまざまな活躍が記録されています。歴代の天皇や権力者からも絶大な信頼を受けていたようです。
その頃には既に80歳を超えていたとみられますので、その長寿もまた神秘性に拍車をかけたのでしょう。平均寿命の倍は生きてることになりますから、今でいえば160歳の人が奇跡を起こしてるようなものですし。そりゃすげえ。

ちなみに、晴明が大活躍していた頃には藤原道長が娘・彰子を入内させており、信頼している様子が彼の日記”御堂関白記”に書かれています。また、道長の「この世をば~」の歌を記録した藤原実資(さねすけ)の日記”小右記”にも晴明の名前が出てきます。どおりで名前が残るわけですね。

晴明の息子達も親の七光りゲフンゲフン、陰陽師として要職に就き、やがて阿部家は陰陽寮(陰陽道の学校)で一定の地位を保つに至りました。
とはいえそのうち意見の相違から別の家に分かれてしまったので、ずっと安泰ではなかったようですが。
こだわりが強くなると人と対立するのは仕方のないことですけども、もうちょっと仲良くやりなって。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:http://ja.wikipedia.org/wiki/安倍晴明

 





1位長篠の戦い 注目すべきは…


わろてんか伊能栞
(高橋一生さん)のモデル
小林一三とは?


2位 西郷隆盛49年の生涯!


3位 史実の真田幸村とは?


4位 最上義光 名将の証明


5位 ホントは熱い!徳川家康


6位 意外と優しい!? 織田信長さん


7位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


8位 毛利元就の中国制覇物語


9位 伊達政宗さんは史実も最高!


10位 最期は切ない豊臣秀吉


注目! 史実の井伊直虎とは?





井伊家 井伊直虎 井伊直政 小野政次 龍雲丸
織田家 織田信長 濃姫 織田信忠 織田信雄 織田信孝 三法師 平手政秀
徳川家 徳川家康 結城秀康 徳川秀忠 松平信康 酒井忠次 榊原康政 本多正信 水野勝成
豊臣家 豊臣秀吉 豊臣秀長 豊臣秀次 福島正則 加藤清正 豊臣秀頼
伊達家 伊達政宗 伊達成実 義姫
最上家 最上義光 鮭延秀綱 山形城 大宝寺義氏 山野辺義忠
毛利家 毛利元就 毛利隆元 吉川元春 小早川隆景 毛利秀元 陶晴賢
島津家 島津義弘 島津の退き口
真田家 真田幸村 真田信之
立花&高橋家 立花宗茂 立花道雪 立花誾千代 吉弘統幸
浅井・朝倉家 朝倉宗滴 姉川の戦い 金ヶ崎の退き口
前田家 まつ 豪姫 前田利長 前田利常
黒田家 官兵衛が長政を叱責の真相
北条家 河越夜戦 小田原征伐 のぼうの城の真実
細川家
仙石家
長宗我部家
武田・上杉家
諸家 足利義輝
剣豪・武術・忍者 宮本武蔵
キリシタン ルイス・フロイス
合戦 桶狭間の戦い 長篠の戦い 手取川の戦い 厳島の戦い 月山冨田城の戦い

◆薩摩藩 西郷隆盛 島津斉彬 大久保利通 小松帯刀 西郷従道
◆長州藩 木戸孝允 木戸松子 高杉晋作 山県有朋


◆古代 安倍晴明
◆江戸 葛飾北斎
◆世界史 クレオパトラ ルイ16世 チェ・ゲバラ


わろてんか あらすじ&感想レビュー

-飛鳥・奈良・平安時代, その日、歴史が動いた
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.