歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

その日、歴史が動いた 立花・高橋家

戦国最強一族の血を引く吉弘統幸が熱い! 生き残った立花宗茂との命運を分けた微かなスレ違いとは

更新日:

知略・外交に長けた軍師的存在も捨てがたいですが、戦国時代の花形は、やっぱり気骨のある武闘派でしょう。
寡兵でも大軍相手に怯むことなく「かかってこいや!」と胸を張る――。
東西の最強武将、本多忠勝立花宗茂がその代表かもしれませんが、強すぎる一族からは同じような人が出て来るもんで……本日は世間にあまり知られていない勇者の話です。

慶長五年(1600年)9月13日は、吉弘統幸(よしひろ むねゆき)が討ち死にした日です。

1600年のこのタイミングということで、何となく最期の予想がついた方もいらっしゃるでしょうか。
例によって生い立ちからお話していきましょう。

 

父が高橋紹運の兄弟で、立花宗茂とはイトコの関係

統幸は、永禄六年(1563年)に大友氏の家臣・吉弘鎮信(しげのぶ)の嫡男として生まれました。
鎮信と立花宗茂の父・高橋紹運が兄弟なので、統幸は宗茂の従兄にあたりますね。

この時代の大友家臣はあっちこっちに養子に行っているので少々ややこしいのですが、高橋紹運の初名が吉弘鎮理(”しげまさ” or ”しげただ”)だということを知ると、少しわかりやすくなるでしょうか。

統幸の地元である大分県・豊後高田市の公式サイトにわかりやすい家系図が出ているので、こんがらがってしまう方はこちらをどうぞ。

戦国武将としては若い世代に入る統幸ですが、父が天正六年(1578年)の耳川の戦いで戦死したため、15歳の若さで家督を継ぐことになります。
そして早くも天正八年(1580年)に、同じく大友家臣の田原親貫(たばる ちかつら)が反乱を起こしたとき戦功を挙げていますので、家中からは「頼もしい若者」と思われていたことでしょう。

その後、大友家が豊臣秀吉の傘下となり、島津征伐が行われたときも、統幸は活躍しています。
緒戦である天正十四年(1586年)の戸次川の戦いです。

 

スポンサーリンク

戸次川の戦いで殿をつとめ島津軍の追撃を防ぐ

この戦いは「豊臣家からの現場司令官・仙石秀久の失策により、九州・四国の諸将が敗れた」ということで有名ですが、このとき統幸が獅子奮迅の働きをしていました。

島津軍の追撃を受ける主君・大友義統(よしむね)や長宗我部軍、仙石軍らを救援するため、たった300の手勢で殿(しんがり)役に抜擢。
300を三隊に分け、一陣は鉄砲、二陣は弓、三陣は長槍の三段構えを取り、島津軍の渡河を中断させたといいます。

残念ながら長宗我部軍では嫡男・信親が奮戦の末に討ち死にしてしまいましたが、義統は無事引き上げさせることができました。
また、これによって島津軍の府内侵攻を一日遅らせることに成功しています。

このとき統幸は23歳。実に鮮やかな戦ぶりです。

おそらく、この後に従弟である立花宗茂が島津への攻勢でさらに大きな戦功を挙げたため、統幸の働きは目立たなくなってしまったのでしょうね。

撤退戦を成功させるのもスゴイ才能なんですけれども。
少なくとも、金ヶ崎の退き口(金ヶ崎の戦い)と同等の評価を受けてもいいはずだと思うのですが……知名度と主君のレベルが違いすぎるからでしょうか。

 

秀吉の怒りを買って大友義統はアッサリ改易

統幸らの働きによって命と立場を拾った義統はその後、天正二十年(1592年)の文禄の役で大ポカをやらかしてしまいます。
小西行長からの救援要請が来たとき、直後に「小西隊全滅」の誤報も来たため、救援に行かず撤退してしまったのです。

これが秀吉の怒りを買い、あっさり改易されてしまいました。

といっても、小西隊からの救援要請をスルーした大名は他にもいたのですが。秀吉に報告される途中で何らかの恣意が働いたんですかね。
あるいは「(元から能力が疑わしい)義統に、九州北部という(唐入りに関しての)前線地域をずっと任せておけない。今度のことは改易する良いきっかけになる」と判断されたのかもしれません。

大名本人がアレでも、家臣が優秀で生き残ったという例はいくつもあるんですけどねえ……大友家の家臣の優秀さは折り紙付きですし。

義統はあっちこっちの大名にたらい回しにされましたが、同家の家臣については助け舟が出されました。

統幸もその一人で、黒田如水官兵衛)に招かれ、黒田家の重臣・井上之房の家に一時預けられています。
そしてほとぼりが冷めると、柳川城主として秀吉の直臣大名になっていた宗茂の元へ身を寄せて仕え、2000石を与えられました。

慶長の役では、立花軍の一員として参加しています。

 

スポンサーリンク

旧主を見捨てることができず関ヶ原では西軍へ

慶長五年(1600年)の時点で統幸は立花家におりました。

しかし、当時の大友家当主・義乗(よしのり)はこの頃徳川家に仕えており、家康に「今度の戦で手柄があれば、豊後一国で大名に復帰させても良い」と言われたこともあり、義乗は東軍で働く決意を固めていたといいます。
そのため、統幸も立花家を辞して東へ向かい、義乗の下へ馳せ参じようとしていました。

そこで運命の歯車が狂い始めます

隠居していた義統が西軍につき、力尽くで旧領を取り返そうと考えたのです。
あれだけ優秀な家臣がいて改易されたような人が、よくそんなことできると思ったものですが、それでも旧領に戻ったとき、旧大友家臣や周辺の有力者がぞろぞろ集まってきたというのですから、名家の威光たるや……というところでしょうか。

東へ向かっていた統幸も途中で義統と出会い、話を聞くと「義乗様は徳川方につくおつもりですから、どうかご一緒に」と進言しました。
これを義統は聞き入れません。

旧主を見捨てることもできず、統幸は義統に従います。引き返すことのできない最後の分岐点でした。

 

黒田の先鋒隊に快勝するも肝心の官兵衛が不在で士気上がらず

統幸は、細川家の重臣・松井康之が留守を預かる杵築城へ攻撃。
しかしその途中で黒田家の援軍がやってきて、城攻めを中断して野戦となります。
戦場となった場所の地名をとって「石垣原の戦い」と呼ばれているものです。

ここでも統幸は奮戦し、黒田軍の先鋒隊相手に大勝利を収めました。
しかし、黒田軍のトップである官兵衛がいつ救援に向かってくるかもわからず、大友軍の士気はイマイチ上がりきりません。

基本的にどんな戦でも、総大将が来れば士気は急上昇するものです。そのタイミングがつかめないと、相手側にとってはハラハラしっぱなしになるわけで、心理戦術の一つともいえましょう。
元から士気が高ければ、「敵の総大将が来る前にコテンパンにしてしまえ!」ということもできますが、統幸はともかく大友軍のトップは義統。「あとはわかるな?」状態です。

かくして士気がジリ貧になる中、統幸は覚悟を決めてしまいます。
義統に今生の別れを告げた後、三十ほどの騎兵を率いて黒田隊に突撃し、見事に討ち死にしました。

最期はかつて黒田家に預けられていた際、世話になっていた井上之房に功績を与えるため、自刃した後に首を取らせたとか。
真田幸村(信繁)も大坂夏の陣の際、そんなエピソードが残っておりますが、後世の者達が勇者の最期を称えたい願望が反映されるのかもしれません(幸村の最期は混戦の最中に討ち取られて、当初は誰の首だか不明だったと伝わっております)。

また、壮絶果敢な最期は、叔父である高橋紹運の死に様も彷彿とさせますね(高橋紹運は岩屋城の戦いで島津家の大軍相手に寡兵で戦い抜き、戦死)。

その後、大友義統は黒田家に降伏して生き延びます。秋田実季の預かりという情けない状態で……。
デキる家臣の言うことを聞かないどころか、そういう人を犠牲にしてまで生き延びたことに、何か思うところはなかったのでしょうか。
家臣への負い目やプライドがあれば、切腹するなり、高野山あたりで仏道修行に励んで家臣の菩提を弔うなりしそうなものですが。

 

スポンサーリンク

名家・大友家は高家旗本として存続している

その後の大友家は、一時断絶してしまったものの、高家旗本として復帰・存続しています。

「高家旗本」とは、朝廷の接待や寺社との連絡などをする旗本で、由緒ある家柄しかなれないとされる役職です。有名どころでは元禄赤穂事件忠臣蔵)の被害者・吉良義央や、今川直房(今川氏真の孫)などが高家旗本の家です。
彼らは足利家の流れをくむため、高家にふさわしいとみなされていました。

大友家も元は藤原氏系で、鎌倉時代から豊後守護を務めていたため、充分に名家でした。
だからこそ義統の残念さと、家臣たちの優秀さが際立つのですが。

現在、統幸をはじめとした吉弘家の人々の軌跡は、豊後高田市の都甲地域歴史資料展示場で見ることができます。

せっかくですから統幸・紹運・宗茂ゆかりの地を連続して訪れたいものですけれども、全てを一回の旅行で見るには距離がありすぎてなかなか難しそうです。
季節限定で直通の高速バスなどがあれば嬉しいのですが。

大友家の家臣にはそれぞれに根強いファンがいますし、大友家全体で大河化でもすれば希望が持てますね。

そうすれば、一般的に大河での懸念事項とされている朝鮮の役もあまりクローズアップしなくて済むでしょうし、ぜひその方向でお願いしたいものです。

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:吉弘統幸/wikipedia 地域の戦国武将・吉弘統幸の基礎知識/豊後高田市 都甲地域歴史資料展示場/豊後高田市

 



-その日、歴史が動いた, 立花・高橋家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.