桂小五郎(木戸孝允)/国立国会図書館蔵

幕末・維新 その日、歴史が動いた 西郷どん特集

木戸孝允(桂小五郎)の出世道!意外なほど気さくな「維新の三傑」とは?

更新日:

「幕末の人物といえば?」
なんて聞かれたら、ほとんどの人は西郷隆盛とか坂本竜馬とお答えするでしょう。

あるいは大河ドラマの影響で西郷どんだけじゃなく大久保利通あたりをプッシュする方もおられるかもしれません。
そこで思い出していただきたいのが【維新三傑】という言葉です。

西郷、大久保と共に維新三傑に数えられるのは誰なのか?

明治十年(1877年)5月26日が命日の木戸孝允桂小五郎)です。

この時代の人にしてはやたらと洋装の似合う方で、いかにも生真面目そうな顔つきですが、フタを開けてみればなかなか面白い性格だったような記録がたくさん残っています。

名前の移り変わりがものすごく多い人ですが、木戸孝允で統一させていただきますね。

 

医者の家に生まれたが武家の養子に出され

木戸孝允の生まれは今の山口県萩市。
実家は武家ではなくお医者さんでした。

待望の長男ではありましたが、体が弱く「この子は無事大人になれないんじゃないだろうか」と思われていたので、幼い時期に武士の養子に入っています。

体の弱さとは裏腹に度胸は据わっていたらしく、
【川を行き来する船をひっくり返しては大爆笑する】
という、今だったら間違いなく生活指導ものの悪戯が大好きだったとか。よく人が死ななかったものです。

そんな悪戯好きの子供によくあること?で、彼は頭の回転も素早い人でした。

地元の殿様・毛利敬親は身分を問わず広く人材を募っており、孝允にも試問したことがあるのですが、彼は二回合格しているのです。

内容は即興で漢詩を作ること。
そして儒教の本「孟子」の解説だったそうですから、カンニングや暗記だけではこなせません。

素で頭がいい人って何でもできちゃいますもんね、うまやらしい。

 

俺はもう出家する!

「コイツ見所あるぞ」
ということで藩主のお眼鏡に適った孝允ですが、そう簡単に出世はできませんでした。

相次いで肉親を亡くし、すっかり気落ちしてしまったからです。
一時は「俺はもう出家する」とまで言っていたそうですので、心の底から落ち込んでいたのでしょうね。

しかし一年ほど経って吉田松陰に弟子入りしてからは、学問が慰めになったのか、再び頭脳明晰さを取り戻していきます。

ペリーが二回目の来航をしたときには「黒船見たいです!!!」とゴリ押しして見学しに行っているくらいですから、この頃までには立ち直っていたようですね。

ペリー来航/wikipediaより引用

ちなみに当時、藩のお役目など正当な理由がない限り、勝手によその藩へ行ったりすることはできませんでした。
熱意パネェ。

 

一時は長州藩を見限るが 高杉晋作の台頭で

実際に黒船を見た孝允の印象はこうでした。

『これからは海外で学ばないとダメじゃね?』

そして思うが早いか、早速「留学したいんですけど」と申し出ます。
が、開国するか否かその他もろもろでバタバタしていた幕閣以下はそれどころではありません。

そう簡単に許可が下りるはずもなく、仕方がないので孝允は西洋の学問に通じている人物を探し出し、造船術や西洋の兵法、英語など多方面の勉強を始めました。
よくそう何人も先生が見つかったものです。

こうしたアグレッシブな姿勢はやがて藩にも認められ、30歳ごろには藩の中枢で意見を言える立場になっていました。

若かりし頃の木戸孝允(前列中央)と伊藤博文(後列右端)/Wikipediaより引用

長州というと「外国ブッコロ!」なイメージが強いですが、西洋の知識を持っていた孝允や高杉晋作は違います。

「いやいや今の俺らじゃ無理でしょ。皆落ち着きなさいよ」
と言っています。

しかし、前者の声がデカかったので結局攘夷運動という名の因縁付けが行われた結果、見事返り討ちにあうという誰も得しない状況に陥りました。

しかも長州藩は、朝廷とも幕府とも仲違いして征伐軍を向けられるという憂き目を見ます。
第一次長州征伐の頃ですね。

孝允はその頃「もうダメだこいつら」と諦めモードに入っていたようで、藩を離れて潜伏生活をしています。

そこで突如として台頭してきたのが高杉晋作でした。

長州といえばこの御方・高杉晋作/Wikipediaより引用

長州といえばこの御方・高杉晋作/Wikipediaより引用

「だから攘夷なんぞやるだけムダって言っただろうがこのアホ共!」
ということで藩の中枢をひっくり返すと、木戸孝允も返り咲いて薩長同盟を結んだり、第二次長州征伐では藩の去就を預かる一角として活躍します。

 

若い後輩たちをホイホイ訪ねて歩く

……とまあ、こんな感じでバタバタしながら明治政府へも入っていくのですが、バリバリ働いてた割に「身分の低い後輩の家にもいきなりお宅訪問していた」なんてエピソードも残っているのが面白いところです。

しかも仲が良かった人数名というのではなく、本当にどんな相手でも尋ねていくので、あらゆる意味で相手が困惑していたとか。

中には「うちは滅茶苦茶狭くて客間もないのに、いきなり木戸さんが来たので布団を庭に放り出してから上がってもらった」なんて人もいるほどです。
また、あるときは訪ねた先の家人が病気だと知るとすぐさま医者を紹介したりして、世話焼きな一面もありました。

木戸孝允/国立国会図書館蔵

何を考えていたのかよくわかりませんが、おそらくは人材探しと若者の実情把握の二つを兼ねていたのでしょう。
自分ももともと身分が低く、藩主に見出してもらっただけに「どこにどんなヤツがいるかわからんし、若いのに会っておいて損はない」と考えていたのかもしれません。

でも、この人岩倉使節団の一員でヨーロッパに出かけた時期もあったのに、どうやってそんな時間を作ってたんでしょうねえ。
デキる人は時間の使い方からして違うということでしょうか。うっ耳が痛い。

なお、木戸孝允には、彼の生活を支えた奥様がおります。
彼女・木戸松子も幕末ファンには知られた存在ですので、よろしければ以下の記事をご覧ください。

木戸と一緒に好きになってしまう魅力がありますよ。

木戸松子(幾松)の波乱な生涯 デキる美人妻は夫・木戸孝允をどう助けた?

明 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
木戸孝允/wikipedia

 



-幕末・維新, その日、歴史が動いた, 西郷どん特集

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.