アーネスト・サトウ/wikipediaより引用

イギリス 西郷どん特集 幕末・維新 その日、歴史が動いた

ニッポン大好きな幕末外交官アーネスト・サトウは「佐藤さん」じゃない

投稿日:

1843年(日本の天保十四年)6月30日、後に通訳として来日するイギリス人「アーネスト・サトウ」が誕生しました。

「帰化人かハーフだから”サトウ”なんでしょ?」
と一瞬、思ってしまいますかね。

実は”Satow”というのはスラヴ系の稀な名字で、日本と直接関係があるわけではありません。

ただ、日本人にも発音しやすいこの名字のおかげで、彼は来日後にスンナリ受け入れられ、彼自身も幕末~明治のニッポンにどっぷりと浸かっていきます。
人の感覚ってほんとそんな他愛のないものですよね。

では、サトウの生涯を振り返ってみましょう。

 

日本風の「佐藤愛之助」という名前を持つ

当初からサトウは親日家でした。
帰化こそしておりませんが日本風の「佐藤愛之助」または「薩道愛之助」という名前を持っています。

以前幕末~明治期の親日家をまとめてレオン・ド・ロニーさん等の記事でご紹介しましたが、サトウとその先達であるイギリス人たちのベタ褒めようときたら胡散臭いほどです。

「ニッポンすげえ!お前らも来いよ!」(超訳)
そんなことを言い出したのはジェイムズ・ブルース(エルギン伯爵)というイギリス貴族で、彼の秘書であり作家のローレンス・オリファントがこれらをまとめて『エルギン卿遣日使節録』を出版しました。

「日本では男女問わず子供でも読み書きができ、簡単になら自国の歴史を語ることができる」

「当時の基準としては驚異的な識字率を持っている」

とまぁ、非キリスト教圏でありながら類稀な文明を持っていることが書かれたこの本は、多くの西洋人が日本へ興味を持つきっかけとなりました。

サトウもその一人で、18歳のときに通訳を目指し、イギリス外務省で働き始めます。
現代と順序があべこべですが、当時は遠い異国の地に関する教材なんてほとんどないため、まずは現地に行かないとどうしようもなかったのです。

この辺を考えると、上述の記事でご紹介したレオン・ド・ロニー(※ほぼ同時代生まれ)がどこからどうやって日本語の教材を手に入れたのか、ますます不思議になってきますね。
まあそれは置いておきましょう。

 

漢字に惚れて見事な揮毫

サトウは、駐日公使(大使の一歩手前の役職)だったラザフォード・オールコックの口添えで、まず北京へやってきます。
ここでまずは漢字に慣れようというわけです。

翌年いよいよ来日し、実地で日本語を学び始めました。
この時代、西洋人が日本に関心を持つきっかけは工芸品や美術など文化面であることが多いですが、サトウの場合は言語だったようです。

後々「敬和」という字を揮毫きごう(どこかに飾るために字や絵を書くこと)もしているほどですから、よほど漢字や日本語が好きだったのでしょうね。

敬和と書かれたサトウ直筆の揮毫/wikipediaより引用

なんせ彼の来日直後に生麦事件薩英戦争が起きています。
物騒すぎて、普通の人だったらソク帰国していても不思議じゃありませんね。

先達がほとんどいない。
発音から表記から何もかも違う。

そんな言語習得にはかなり時間がかかったようですが、先に来日していた宣教師達や周囲の日本人からアドバイスをもらうことができ、サトウは着実に日本語を身につけていきます。

本格的な通訳の初仕事は、
【十三代将軍・徳川家茂孝明天皇に攘夷を約束した】
という手紙の翻訳でした。

それまでにもカンタンな文章の訳をしていたにせよ、初仕事にしては随分と難儀な仕事ですよね。

倒幕間際の1866年(慶応二年)には英字新聞『ジャパン・タイムズ』で論文を連載したこともあります。

原文はもちろん英語ですが、後に日本語訳が「英国策論」として出版され、西郷隆盛や伊達宗城むねなりなど、倒幕に一役買った人々も読んでいたそうです。

中身は「江戸幕府もうダメじゃね?新しく天皇中心の国にしたほうが良くね?そしたら貿易もできて(多分)儲かるよ!」(超訳)というもので、まさに倒幕側の考えと一致していました。

 

戊辰戦争のルポなども 日本人妻と3人の子供を残すも…

サトウの来日は幕末でしたので、戊辰戦争その他日本の動乱をつぶさに見ています。

会津降伏後の会津へ行って、殿様の松平容保が東京に護送される様子なんかもシビアに見ていて、領民たちが「あいつあれだけ煽っておいて切腹もしないで情けねえやつ」(超訳)と罵っている様子などを記録に残しております。非常に生々しいです。

途中、一時帰国したり、別の国で働いていた時期もありますけども、概ね倒幕~日露戦争まではほぼリアルタイムで情勢を知っていました。

日露戦争の時には北京におり、イギリスへ帰る前に日本へ立ち寄っています。
どう考えても遠回りですが、既に60歳を超えていましたので、行けるときに行きたいと思っていたのでしょうか。

ちなみにサトウは日本人女性・武田かねと事実婚をしており、三人の子供に恵まれています。

次男の武田久吉についてはロンドンで勉強できるように取り計らっていたり、家族と同居することはなかったものの、冷遇一辺倒ではありませんでした。

おそらく感情的な理由ではなくて「外交官=どこへ赴任するかわからない=西洋の生活に慣れない妻子を連れ歩くのはどうよ?」というところだったのでしょう。

ちなみにこの兼さん、洋装姿の写真が残っています。
日本人女性らしいお顔立ちなのにとても似合っているんですよね。こりゃ惚れる。

奥様の武田兼さん/wikipediaより引用

サトウもかなりのイケメンですので、さぞ似合いの夫婦だったでしょうね。

サトウはその後イギリスに帰り、1929年(昭和四年)に86歳の生涯を終えました。

晩年は孤独だったようで、できれば日本に移住したいと思っていたようです。
運悪く寿命のほうが先に来てしまい叶いませんでした。

当時は飛行機もなく船旅のみ、イギリス~中国まで一番いい船でも3ヶ月くらいかかっていた時代ですので、老体や病身ではほぼ不可能だったでしょう。

せめて遺品だけでも家族の元に届いていればいいのですが、はてさて。

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
アーネストサトウ/wikipedia

 



-イギリス, 西郷どん特集, 幕末・維新, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.