学者・医師

「足の匂いの原因となる化学物質」が初受賞!イグノーベル賞の日本人たち

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
イグノーベル賞を取った日本人
をクリックお願いします。

 

例えば水爆を開発したエドワード・テラーなど。

日本人の場合、画期的な商品やサービスを開発したことで与えられている事が多いですね。

バウリンガルやカラオケの開発者に送られています。

問題を平和的に解決したことによる受賞としては、2003年にとあるインドの方が作った「死人の会」というものがあります。

インドではお金持ちの間で「法律上の死」という詐欺がたびたび起こっているらしく、それに対する問題解決のために作られたものです。

インド人の発想は加害者も被害者もぶっ飛んでますね。

 

ダメ映画に送られるのはゴールデンラズベリー賞

イグノーベル賞と似たベクトルの賞としては、ゴールデンラズベリー賞も有名ですね。

イグノーベル賞が人によっては名誉に感じる(かもしれない)のとは対称的に、こちらは「最低の映画」を決めるという、受賞者にとっては確実に不名誉な賞です。

アカデミー賞の前日にひっそり(?)表彰されています。

英語で「ラズベリー」がブーイングの声を意味することから、こういう名前になったのだそうで。「ゴールデン」は、おそらくアカデミー賞のトロフィー(オスカー像)が金色であることから、それをもじっているのでしょうね。

こちらを受賞した有名作品では、ブッシュ大統領をコテンパンにする目的で撮られた「華氏911」ですかね。当時のアメリカ政府を批判する内容だったので、むしろこの賞の受賞は名誉とすら写っていそうです。

ちなみに、受賞したのはマイケル・ムーア監督ではなく、ブッシュ大統領やラムズフェルド国防長官たちでした。
監督だったら喜んで受け取りに来たでしょう。

ゴールデンラズベリー賞は、一風変わった伝説が生まれる場でもあります。

ポール・バーホーベンというオランダの映画監督は「蝶からさなぎになった気分だ」というなかなか洒落のきいたコメントを残しました。退化して喜ぶとはなかなかの被虐趣味ですね。

アカデミー賞とゴールデンラズベリー賞を両方取ったスゴイ女優もいます。しかも二人。

一人はハル・ベリーという人で、アカデミー賞のほうが数年前だったためか、ゴールデンラズベリー賞を受賞した際に「自分の記者会見のパロディを演じてみせる」という離れ業を披露しました。
彼女いわく「子供の頃、母に”胸を張って負けられない者は、勝者にもなれない”と言われたから」だそうです。めちゃめちゃカッコエエですね。

もう一人はサンドラ・ブロックで、史上初めてアカデミー賞とゴールデンラズベリー賞の二つを同じ年に受賞しました。

歴史はドコでどう動くかわかりません。

イグノーベル賞が世界を変えるかもしれませんぞ。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

キテレツな大天才!南方熊楠(みなかたくまぐす)先生の面白人生ここにあり

続きを見る

日本中の子供達をビビらせたノストラダムスの予言って一体何だったんだ?

続きを見る

ノーベル賞提唱者アルフレッド・ノーベルの悲しき最期「死の商人」と呼ばれ

続きを見る

壮絶!一対一の決闘で死んでしまった天才数学者エヴァリスト・ガロア

続きを見る

TOPページへ

長月 七紀・記

【参考】
イグノーベル賞/Wikipedia
イグノーベル賞日本人受賞者の一覧/Wikipedia
ゴールデンラズベリー賞/Wikipedia
Improbable Research

 



-学者・医師
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.