薩摩必殺「釣り野伏」炸裂! 戸次川の戦いで軍監センゴクは讃岐まで逃亡す【戦国boogie-woogie vol.104】

 

徳川家康に実妹と実母を送り、これ以上ないプレッシャーをかけた秀吉。
ついに家康は上洛を果たす――。
されど本番はここから。家康には、並み居る武将たちの前で、秀吉の軍門に降ったパフォーマンスを示せねばならず、念には念を入れる秀吉であった。
一方、その頃九州では、長宗我部元親の長男・信親が、秀吉配下の仙石秀久に、ある無理難題を吹っかけられているのであった。

 

【毎週・月曜日連載】 過去の連載全話を最初から読む

謁見式の前夜祭は宿泊所でね♪

20160223ニィたかはしさん4コマ漫画1
◆嬉しくて子供のようなリアクションをしてしまいながら、それでいて抜け目ないのが秀吉さんの長所なんでしょうね。
ここまで来たら家康の完敗。
実際にどんなヤリトリがあったのか。激しく知りたい静かなる歴史の一幕です。

 

九州攻めの前に愛弟子達とちょっとしたイザコ~ザ

20160223ニィたかはしさん4コマ漫画2
◆1585年に関白就任した羽柴秀吉は、翌1586年、正親町天皇より「豊臣姓」を賜ります。
最大のライバルだった家康は臣従し、もはや天下人の立場はほぼ不動!
かに見えた矢先、九州では軍目付として送り込んだ仙石秀久がトンデモナイ行動に走るのでした。

 

開戦! 戸次川の戦いで死亡フラグが立つ!?

20160223ニィたかはしさん4コマ漫画3
◆秀吉が畿内で家康を封じていた頃、四国で長宗我部相手に奮戦した仙石秀久。
その功を買われて10万石の大名となり、九州へは長宗我部の嫡子・信親を率いて上陸するのですが、九州の覇者・島津を相手にトンデモナイ行動に出ます。
冬場の川を渡って攻め込んだのです。信親はこれに大反対をしたと言われておりますが、立場上覆すことができず死亡。この一件、長宗我部元親を激しく落胆させ、同家滅亡へと繋がる契機となったとされております。

 

出た! 薩摩必殺の釣り野伏にセンゴクぼろっかす

20160223ニィたかはしさん4コマ漫画4
◆作戦を強行した秀久は、薩摩相手に大敗。
負けたフリをして敵をおびき寄せ、鉄砲で一斉射撃を浴びせるという薩摩の戦法「釣り野伏」に引っかかったと伝わっております。
しかも秀久は、敗戦の軍を建て直すこともなく現場から逃走し、讃岐まで戻って来てしまうんですから、もはや言い訳もありゃしまへん。いくら古参の家臣とはいえ、秀吉に激怒されるのは必至の状況です、あ~あ。
まぁ、九州をほぼ統一していた島津が強かっただけなのかもしれませんが……。

 

(来週へ続く)

漫画・アニィたかはし
【毎週・月曜日連載】 ほかの連載全話を最初から読む

 

戦国ブギウギの書籍版です!


やっぱり天才!?
織田信長【入門編】
桶狭間から本能寺までの49年を最新解説!





関連記事

コメント

    • 匿名
    • 2016年 7月 11日

    匿名 :
    結果、存保自身も嫡男も戦死してしまう結果になってしまっているわけですし。

    嫡男は一緒に討伐へは行ってなかったようです。結局病死(暗殺?)したようですが。

    • 匿名
    • 2016年 7月 11日

    @アニィたかはし
    司馬遼太郎の小説では、十河存保は仙石の策に賛成した、という内容だったと思いますが
    山本大だったかの歴史書の長宗我部元親では、さすがに十河存保も反対したけど仙石が強硬したと書かれていたと思います。
    まぁ、実際のところどっちが正しいかは分からないですけども、十河存保も仙石の無茶な作戦にのるほどバカじゃないと思いますね~
    結果、存保自身も嫡男も戦死してしまう結果になってしまっているわけですし。

    • アニィたかはし
    • 2016年 2月 26日

    鬼武蔵使い様こんばんは、いつもありがとうございます
    誰もが一度は口にしたくなる名セリフですよね「殺し間へようこそ」
    殺し間というネーミングセンスがずば抜けてます。
    「釣り野伏」とか「捨てがまり」もなかなかですが、ちょっとあか抜けない印象があって
    「殺し間」には負けますねwセンゴクさんを一応フォローしますと、後方の城を押さえられて
    挟撃を受けそうだったので強行渡河せざるを得なかったという説があるそうです。
    あと実はぶっちゃけ長曾我部が嫌いだったから、意見を排除したなんて話も‥
    まぁどれも讃岐まで帰った理由にはなってないわけですがw
    彼の小田原での復活も頑張って描いていきたいと思っています
    今後ともよろしくお願いいたします

    • 鬼武蔵使い
    • 2016年 2月 25日

    センゴクの明智さんの名セリフに、ニヤッとしてしまいましたw

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本史受験の参考書!

「日本史オモシロ参考書vol.1」
著:長月七紀

井伊直弼って本当は悪い人じゃない!?
織田信長の前にも幾度か攻め込まれている、暴れん坊の比叡山延暦寺。

などなど日本史受験と関係のある人物・事柄のトホホな話を一冊の参考書としてマトメてみました!

価格250円※Kindle読み放題対応

書籍情報『戦国診察室』

アマゾンの戦国本ランキングで1位(一時)になった書籍『戦国診察室 お館様も忍びの衆も歴女医が診てあげる♪』
戦国診察室帯アリ450
税込価格1,728円(現在アマゾンでは各小売店様のプレミア価格で発売されてます)

配信先

武将ジャパンでは下記サイトへの記事配信を行っております。

日刊SPA!

シミルボン

facebook

本郷和人歴史キュレーション

東大の歴史研究第一人者、本郷和人教授が登場! 最先端の歴史を堪能しましょう

hongokazutoeye

コミック版『戦国ブギウギ』

当サイトで連載中の『戦国boogie-woogie』(アニィたかはし)がコミックで販売されます!!! 戦国ブギウギ表紙イメージB
ページ上部へ戻る