日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代 アメリカ 災害・事故

関東大震災で日本を支援してくれた諸外国 えっ!? 最大の援助国はアメリカ?

更新日:

 

「遠くの親類より近くの他人」ということわざがありますよね。
いざというときには血の繋がりより日頃つきあいがある人を頼れ、という意味ですが、これは国内・国外でもあてはまります。
しかし、前後事情を含めて考えると、単純に喜んでいいのかどうか迷うケースもあったりして……本日はそんなお話です。

大正十二年(1923年)9月1日は、関東大震災の原因となった「大正関東地震」が起きた日です。

ややこしい話ですが、これは「震災」という言葉が「地震によって引き起こされた災害」を指すからです。このとき大きな被害を出した火災については、12日間も燃え続けた場所がありますので、震災がこの日起こったというのはちょっと違うのかなと。細かい話ですけどね。

南関東の方は、小さい頃からこのときの被害の大きさや教訓を学校で聞かされてきたと思います。
それを今更繰り返すのも当コーナーの趣旨に反しますので、今回はこの震災に関する別の点をお話していきましょう。

海外からの支援です。

京橋の第一相互ビルヂング屋上より見た日本橋および神田方面の惨状/Wikipediaより引用

 

一次大戦と二次大戦の合間に起きたので……

東日本大震災のときと同様に、関東大震災のときも支援してくれた国がたくさんありました。
ここでカギとなるのは、この震災が第一次世界大戦(1914~1918)と第二次世界大戦(1939~1945)の間に起きたということ。
つまり、戦後の状況とは全く違った世界情勢だったのです。

そのため、このとき最も多くの支援をしてくれた国は意外にもアメリカでした。

ここから18年後には敵同士となった国が、関東大震災の時にはいち早く、なおかつ官民合わせて巨額の支援をしてくれていたというのは何とも皮肉なものです。
これは当時のアメリカにとって、日本が「第一次世界大戦の連合国」だったからでした。

街頭で日本への援助を募るアメリカ人の写真なども残されています。
アメリカの日本人会や、彼らと交流のあった黒人たちからも義捐金や支援物資が送られていたようです。

ちなみに、アメリカ国内も実はドタバタの最中でした。
このちょうど一ヶ月前にウォレン・ハーディング大統領が食中毒で亡くなってしまい、副大統領だったカルヴィン・クーリッジが引継ぎを終えたばかり。その中でも、フィリピンに寄航中のアメリカ海軍に支援物資を運ばせるなど、迅速な対応をしてくれたのです。

意外?なところでは、ベルギーも大きな支援をしてくれています。

シカゴで行われた募金の様子/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

同盟失効直後の英国も莫大な支援をしてくれていた

実は、第一次大戦中に日本がベルギーを支援したことがあったので、その恩返しにというわけです。
トルコやエルトゥールル号の話(過去記事:親日国トルコと日本をつなぐ友情の架け橋 エルトゥールル号遭難事件【その日、歴史が動いた】)もそうですが、こういうの胸アツですよね。こんな大きな被害の出ることでなければもっと良い話なのですが、自然災害ばかりは仕方がありません。
明治時代からベルギーの公使・大使は日本にかなり好意的な人物が多かったようなので、その辺も関係したかもしれませんね。

震災の半月ほど前に日英同盟が失効したイギリスも、莫大な支援をしてくれています。
カナダやニュージーランド、オーストラリアといった現在の英連邦の国々とともに、それぞれの特産品やよく産出される物資を送ってくれました。
この辺のことは、「外国義捐金品一覧表」という資料を見るとさらによくわかります。
関東大震災の際、支援を行ってくれた国の一覧と目録を合わせたもので、アメリカ、南米諸国、中華民国、イギリスとその植民地、フランスと(以下同文)、オーストリア、イタリア、スイス、スウェーデン、ドイツが記載。
この目録、各国のお国柄が見えるような気がしてなかなか興味深いので、関心のある方はこちらのリンク先へどうぞ(国立国会図書館デジタルコレクション)。

大破した浅草の凌雲閣。関東大震災を象徴する建物の一つですね/Wikipediaより引用

 

スポンサーリンク

震災の後に戦争のやるせなさ

カナダからは木材がたくさん送られていたりとか、フランスやオーストリアは医療器具・薬品が多いとか、イギリスが何故かポートワイン(酒精強化ワインの一種)を送ってきていたりとか。
ポートワインってポルトガル産なんですが、どういうこっちゃ。国内にあったものを「これうまいから飲んで元気出せよ!」ってことで送ってくれたんでしょうか。ブリティッシュジョークムズカシイネー。
イギリスとポルトガルは同盟国なので、まとめて送っただけかもしれませんが。

中華民国からはお米がたくさん送られています。高野豆腐やタマネギ、コーンビーフ缶といったおかずになりそうなものや、雨傘なども来ていたようです。さすが近所のよしみというか、食の傾向がわかってるというか。

ここに挙げた以外にも、支援をしてくれた国はたくさんあります。
それを考えると余計に、この後の世界情勢の悪化が惜しまれるというか何というか……。事情が変わったからといえばそれまでの話なのですけれども。

震災時に援助をしてくれた人の多くが存命中だったろうと思われる時期に、あのような大きな戦争が起きてしまったというのはやるせないとしかいいようがありません。

自然災害は予測できないにしても、戦争は絶対に回避せねばなりませんね。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考:関東大震災/Wikipedia ODAちょっといい話/外務省 外国義捐金品一覧表/国立国会図書館デジタルコレクション しばやんの日々 CHILD RESEARCH NET 国際派日本人養成講座

 

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代, アメリカ, 災害・事故

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.