日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

島津義弘/wikipediaより引用

スポンサーリンク

その日、歴史が動いた 島津家

島津義弘85年の気骨と政治力! 鎌倉以来の名門を支えた鬼島津の生涯とは

更新日:

戦国時代には、合戦から内政、外交まで何でもござれの「チート」一家が2つ存在します。
誰もが納得するのはおそらく細川幽斎(藤孝)・忠興親子と、いわゆる「島津四兄弟(義久・義弘・歳久・家久)」でしょう。

今回は元和五年(1619年)7月21日に亡くなった、島津四兄弟の次兄・島津義弘のお話です。

伝説的な戦ぶりや人柄などにより、人気も知名度も非常に高い戦国武将の一人ですよね。
あまりにも戦歴が華々しいので想像しにくいですが、そんな彼も若い頃には失敗や苦戦をしたことがありました。
一つ一つが濃いエピソードばかりとなりますので、今回は義弘の生涯全体を追ってみましょう。

 

初めから鬼だったワケじゃなく若い頃は苦戦や失敗も

義弘は、天文四年(1535年)に島津貴久の次男として生まれました。
兄・義久とは2歳、弟・歳久とは5歳、家久とは12歳離れています。
義久と一番年齢差が少なかったからこそ、後々のアレコレの際も心を通わせることができたのかもしれませんね。

19歳のとき、父にしたがって初陣を果たして以来、自ら首を挙げるなどの武功には事欠きません。
しかし、22歳のときには五本も(!)矢を受けて重傷を負ったこともあります。
若い頃に自ら大怪我をした経験が、戦上手の下地になったのでしょうか。

また、30代半ばまでは隣国・日向(現在の宮崎県)の伊東義祐(よしすけ)、そして大隅(現・鹿児島県東部)の肝付(きもつき)氏などに苦戦したこともありました。
後に「鬼」と称される義弘も、若い頃は苦戦したり失敗することがあったのです。

成功し始めるのは、兄・義久が島津家の家督を継いでからのこと。
義弘37歳のとき、伊東家に対し1/10の兵数で奇襲を仕掛け、撃退するという華々しい戦をしています。この戦を「木崎原の戦い」というのですが、これが伊東家の衰退と耳川の戦いの布石となりました。

また、このあたりから「本拠に腰を据えて指示を出す義久」と、「前線で総大将を務め武功を挙げる義弘」というように役割分担ができていきます。

 

スポンサーリンク

破竹の勢いで九州を制圧しかけたそのとき、秀吉がやってきた

その後はまさに破竹の勢いで九州を北上しながら、義弘52歳のとき、その流れが突如ぶった切られます。

豊臣秀吉です。
島津を相手にしきれないと判断した大友家が、同家に救援を求めたのです。

精強な兵と優秀な指揮官を持つ島津家も、数だけは覆せませんでした。
当主である義久は降伏して家を残す道を選びましたが、義弘や歳久はそう簡単には納得できません。
徹底抗戦を主張するも、義久の説得により、義弘も降伏に同意しました。

そしてこのことが秀吉の目に留まります。
「一時は反対しても、兄・義久の意見ならば最終的には従う義弘」という島津家は厄介だとして、秀吉が両者の離間を画策したと思われます。具体的には、義久と義弘の扱いに差をつけたりなどしたのです。

しかし、鎌倉以来長年続く島津家。義弘は生涯兄を尊敬し、当主として立て続けたため、これは失敗しました。

“人たらし”ゆえに、人が気を悪くする条件も知っていた秀吉。
それを見抜いていたであろう義久と義弘。

派手な戦に比べると地味ですが、こういった政治的な駆け引きもなかなかに胸が躍ります。

イラスト/富永商太

 

スポンサーリンク

文禄・慶長の役にも渡海し奮戦 しかし嫡男・久保を失う……

その後、義弘は秀吉や豊臣政権に対して協力的に接しました。
文禄の役・慶長の役の両方とも渡海し、奮戦しています。

これまたゲスい見方をすれば、秀吉にとっての表向きは「島津の武勇を大陸でも見せてくれ」、真の狙いは「気候の違うところであれば、さすがの島津も苦戦して勢力を弱めるに違いない」というところですかね。

しかし、ここでも義弘以下の島津軍は秀吉の思うようには行きません。

朝鮮の役では戦死者の他に餓死者・凍死者が多かったのですが、元々義弘が日頃から兵を気遣う姿勢でいたこともあり、島津軍には凍死者が少なかったのです。
それでも全く被害がなかったわけではなく、朝鮮滞在中に嫡男・久保を病気で失っているのですが……。餓死という説もありますね。

義久には男子がなく、久保が義久の娘・亀寿を正室にしていたため、島津家の次期当主とみなされていました。
そんな人物が餓死するって一体……と思ってしまいますが、久保には兵を気遣うあまり、自らを省みないところがあったのかもしれません。

慶長の役でも島津軍は他家と協力して朝鮮水軍を挟み撃ちにし、敵将を討ち取ったり、三倍以上の敵に打ち勝ったりと奮戦しています。
義弘にとって、慶長の役は久保の弔い合戦という意味もあったのでしょうか。

 

一度聞いたら忘れられない弩級のインパクト・島津の退き口

次に義弘の名が大々的に、そして伝説的に出てくるのは関が原の戦いです。
島津家得意の「捨てがまり」を最大限に活かし、敵陣、それも赤備えの井伊直政部隊を突破した撤退戦「島津の退き口」の話は、一度聞いたら忘れることができないインパクトを持ちます。すでにご存知の方は多いでしょう。

個人的に、このお話は立役者の名前とともにお送りしたいので、詳しくは以下の記事をご覧ください。

島津の退き口を成功させた陰の立役者・中馬重方が熱い!

なぜ成功したのか?と考えますと、ただ単に「島津家は結束が固かったから」というよりは、「血族や家臣が文字通り身代わりになろうとするほど、義弘の日頃の求心力が高かった」と受け取るべきでしょうかね。

こうして皆に生かされた義弘は、薩摩に帰ると、国境の防備を固めながら徳川家との和平に動きはじめました。
ここで退き口の際ぶん殴った井伊直政を頼ったり、代々付き合いのある近衛家の前久(信長のマブダチだった公家の人)に頼んだり、というあたりが抜け目のないところです。
福島正則の口添えもあったとか、なかったとか。正則のこういう「俺が見込んだ武人には何としても味方するぞ!」という性格は、こざっぱりしていて気分がいいですよね。

これに対し、徳川家康は「あくまでワシに逆らうのか、よろしい。ならば戦争だ」(超訳)とし、黒田・加藤・鍋島の各家を含めた3万の軍を派遣しています。

しかし、島津家は元々積極的に関が原に参加しようとしていたわけではなく、たまたま上方に居合わせていた義弘とわずかな兵が参戦しただけ。それも伏見城の鳥居元忠に助力(入城)を断られたなんて経緯があったことも指摘されますよね。
そのため、薩摩本国には義久も健在でしたし、精強な兵を多く残していたため、さすがの家康も最終的に「真っ向勝負は得策ではない」と判断します。

そこで
「今日はこのへんで勘弁してやんよ! ワシと義久は友達だし、あれは義弘の独断だったんだもんな^^」(超訳)
という理由で島津討伐を取りやめました。……だったら他家を巻き込む前に言えよと(※個人の感想です)

 

国力温存していた島津は結局許され

まあ、真田家についても最終的には「許せんが命までは取らん」で済ませていますし、ある意味では”私情に完全に流されることなく、平等な扱いをした”といえるかもしれませんね。
この辺はさすが家康の老獪さというか、政治的センスがうかがえます。

仮に、ここで本当に島津家と全面戦争をおっ始めて苦戦しようものなら、九州や西日本の大名たちは「なんだ、家康なんて大したことないんじゃん。俺らも島津と組んでもう一戦やろうぜ!」などと考えかねません。
よしんば苦戦の末に討伐できたとしても、鎌倉時代から数百年に渡って島津家にしか支配されたことのない薩摩の住民たちを、新しい領主が懐かせられるのか? それには相応の犠牲と時間がかかったはず。
そこで手間どれば、これまた尼子氏や大内氏のように、忠義心の高い旧臣が島津氏の誰かを旗頭にして、お家再興の兵を起こすこともありえましょう。

となると、家康としては手間を増やすよりも「とりあえず島津を勘弁してやって、大々的に逆らわないようにさせるのが一番損や賭けが少ない」ということになります。

こうして、正式に島津家の本領が安堵されたのは、慶長七年(1602年)のことでした。

富永商太・絵

 

薩摩伝統の郷中教育は義弘がチカラを入れて伝統となった!?

その後、義弘は現在の鹿児島県・加治木に隠居しています。
このあたりは今も鹿児島市に対するベッドタウンになっているそうで、隠居所にはほどよい場所だったかもしれませんね。

義弘が朝鮮の役で連れ帰った職人によって、”龍門司焼”も始まりました。
このエリアには「龍門滝」という滝がありまして。「滝壺で洗濯していたら大蛇が現れた」とか、「1m以上もある大亀が住んでいた」などのいわくがついていました。

最晩年の義弘は、ときに職人の作品や名瀑を眺めたりしながら、穏やかに過ごしていたのかもしれません。

更に義久は、若者の教育にも力を入れていたそうです。
これが薩摩藩の伝統である「郷中(ごじゅう)教育」の元ではないかといわれています。

年長の藩士が問答や武道の稽古を行い、若年者に教育を施すというもので、「女性にはできるだけ近寄るな! 交際などもってのほか!!」などの厳しい掟がありました。
それが後々、衆道関係が状態化するきっかけになったとか、ならなかったとか。まあ、その辺は別の話ですね。

さしもの名将・義弘も亡くなる間際にはかなり体が弱っており、自力での歩行や食事も困難になっていたようです。
そこで家臣が一計を案じます。
「殿、戦でございます」と声をかけると同時に、外で兵に鬨の声を挙げさせたのです。

すると、義弘は若かりし頃と同じように、大量の食事を平らげたといいます。

 

日の本一の兵とは島津家そのものだったのでは

ちょっと余談ですが、“戦と食事”に関するエピソードを持つ戦国武将は数多く存在します。

伊達政宗も最晩年、食道がんと思われる症状のために声を出したり食事を飲み込むことができなくなっていましたが、「ワシに向かって槍を突き出せ!」と筆談で命じたことがあるそうですよ。
いくら自分で命じたこととはいえ、槍を向けられれば多少なりとも驚くので、それを利用して嚥下していたのだとか。

方向性は違いますが、上杉謙信にも「普段は少食なのに、戦の前だけ大量に食べるので、家臣たちは謙信の食事で戦の時期を判断していた」という話があります。
普通に教えてやれよ……という気がしないでもないですが、普通に教えると内通者や風のうわさで敵にバレてしまうからでしょうね。
まぁ、最終的に食事量でバレバレだったら意味ないですが。

義弘の人生をまとめると
「若い頃の失敗に学び、壮年時代にはそれを活かした戦上手となり、日頃は家族や家臣に優しく、晩年は後進のために自らの知識を惜しみなく与えた」
……なんて、ちょっと出来すぎなほどの御仁になってしまいます。
でも本当だから仕方ないし、それが魅力。

真田幸村を「日の本一の兵」と評したのは義弘の息子・島津忠恒(通称“悪いほうの家久”)です。

しかし、武勇だけでなく政争にも打ち勝ち、自らの領地を守りながら江戸時代を生き延びて倒幕を成し遂げ、現代に続く島津家こそ「日の本一の兵」と呼ぶにふさわしい家柄ではないでしょうか。

長月 七紀・記

【関連記事】
鎌倉時代の島津忠久から始まった 伝統ナンバーワンの武門・薩摩島津家
島津の退き口を成功させた陰の立役者・中馬重方が熱い!
新納忠元とは? 島津一有能で猛将で泣かせる忠臣~神社に祀られるほど民衆からも愛された新納忠元
薩摩中興の祖・島津貴久 「鷹が鷹を生む」優秀な一族で当主になるまでソコソコ苦労す
島津四兄弟の中で最もキテレツ・島津歳久 戦の神だけでなく安産の神として祀られる不思議な魅力とは?
島津家ドロドロの内紛「庄内の乱」とは? 関ヶ原の戦い直前に勃発した薩摩大乱
島津忠恒の嫁イビリは★5つ「謀殺大好き♪ 蹴鞠大好き♪ でも嫁は嫌い(・<>・)

スポンサーリンク

参考:島津義弘/wikipedia

 




1位 西郷隆盛49年の生涯!


2位 ホントは熱い!徳川家康


3位 意外と優しい!? 織田信長さん


4位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


5位 毛利元就の中国制覇物語


6位 伊達政宗さんは史実も最高!


7位 最上義光 名将の証明


8位 最期は切ない豊臣秀吉


9位 史実の井伊直虎とは?


10位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?


武将ジャパン・TOPページへ戻る



-その日、歴史が動いた, 島津家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.