足利義昭

等持院の木像をもとに描かれた足利義昭/wikipediaより引用

足利家

信長と共に上洛し京を追われた足利義昭(15代将軍)その後どうなった?

天文6年(1537年)11月13日は足利義昭が生まれた日。

ご存知、室町幕府の15代将軍であり、そもそもは12代将軍である足利義晴の次男として誕生しました。

母は近衛尚道(ひさみち)の娘で、義昭はその後、近衛種家(たねいえ)の猶子となると大和(奈良県)の興福寺へ向かっています。

しばらく僧侶生活を続けていたのですが、永禄8年(1565年)に兄の13代将軍・足利義輝が【永禄の変】で殺害されると、義昭自身の身に危険が及んで寺を脱出、以降は将軍就任を目指すための浪生活を続けた方です。

まさに苦難の前半生。

その頃は、おちおち家に帰ることもできなかったことが大河ドラマ『麒麟がくる』でも描かれてましたね。

兄を殺害した連中が京都にいて、危険極まりなかったからです。

そこで義昭は、あっちこっちの大名を頼りまくり、断られ続け、最終的に行き着いたのが、岐阜城に本拠を移したばかりの織田信長でした。

上洛後、晴れて将軍となるわけですが、義昭は一体どんな生涯を送ったのか。

室町幕府、最後の将軍の行く末を見て参りましょう。

 

光秀や藤孝の助力を得て

足利義昭と織田信長――二人の橋渡しをしたのが細川藤孝細川幽斎)や三淵藤英明智光秀です。

細川藤孝(細川幽斎)
細川藤孝(幽斎)は文武芸術に通じた光秀の盟友~されど本能寺後は

続きを見る

三淵藤英
史実の三淵藤英(細川藤孝の兄)はなぜ信長に自害を命じられたか?

続きを見る

フィクションと違い、史実の信長は、決して伝統や権威を頭から否定するタイプではなく、足利義昭の警護として京都への道筋をつけることは心情的に嫌なものではなかったでしょう。

もちろん実利もあります。

美濃(岐阜件)から近江(滋賀県)を通って京都まで、「将軍様のお通りじゃ!」という大義名分と共に進軍することができます。

途中の難敵と言えば六角家でしたが、割とアッサリ進むことができました。

信長と義昭の上洛
信長と義昭「上洛戦」の一部始終!京都入りまでどんな敵と戦った?

続きを見る

 

室町幕府を再興してくれた信長を「父」と呼ぶまでに

信長の助力でもって、めでたく京都へ戻ることができた義昭。

感謝感激で「褒美は副将軍が良いか? 名門の家督が良いか? 今なら我が家の家紋もおまけするぞよ」(※イメージです)と信長にもちかけます。

これに対して信長は「家紋だけいただきましょう」として、他の地位などは受け取っておりません。

織田信長
史実の織田信長ってどんな人?生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ

続きを見る

しばらく両者の仲は良好で、足利義昭が京都で襲われたとき、信長は岐阜からわずか二日で駆けつけたこともありました。これがもし男女の仲だったら「エンダアアアアアアアアア」が流れてきてもおかしくなさそうなシチュエーションですね。

本圀寺の変で将軍・義昭を襲撃(麒麟がくる第28回)信長公記ではどんな話?

続きを見る

ちなみに当時、岐阜から京都までは普通三日かかったらしいのですが、真冬に大雪の中をすっ飛ばして進んだために、信長の配下に凍死者が数人出たそうです。

ついでに言うと、京都に残っていた光秀や藤孝らの奮戦により、信長が着く前に戦は終わっていました。凍死した人が浮かばれなさすぎる。

明智光秀
史実の明智光秀とは?麒麟がくるとは何が違ったか?55年の生涯まとめ

続きを見る

さらに御所の建物を整備し、名実共に室町幕府を再興させてくれた(ように見えた)信長に対し、足利義昭は「これからは父とも思って遇するぞよ」と言っています。

養子入りしたわけでもないのに、三歳しか変わらない相手を父親扱いというのがスゴイですね。

ところが……。

 

要望書を出されてブチ切れ! 信長包囲網へ

将軍の位にホクホクするだけでかと思いきや、全国の諸大名に働きかけて自らの権力を強大化させようとする足利義昭に対し、信長はだんだん焦れてきます。

朝廷も「信長は強いから、義昭に構わず武力を行使して戦乱を治めておk」というお許しを出しており、もはや義昭を大事にしておく必要がなくなったのです。

そこで信長は、義昭に【殿中御掟(でんちゅうおんおきて)】という要望書を出しました。

要望というより命令って感じなんですけどね。

二回に分けて出されており、だいたいの意味としては「俺が仕事をしますんで、ちょっと引っ込んでていただけますかね」というものです。

最後に「平和になったら儀式をやっていただきますんで、そのときはよろしく」と書いてあるのは、いかにも取って付けたような印象を受けますね。

十七箇条意見書と殿中御掟
信長から義昭へ鬼ツッコミ「殿中御掟」や「十七箇条意見書」には何が?

続きを見る

最初こそ素直に受け入れた足利義昭でしたが、信長からさらに厳しい意見書が出されるとついにブチ切れました。

「もう我慢ならん! 信長を討て!!」

そんな命令を各地の大名に下したのです。

いわゆる【信長包囲網】の始まりですね。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-足利家
-

×