浅井・朝倉家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ13話 上洛への布石となった戦国一の美女・お市

政略結婚は不幸せなのか、それとも……。

戦国時代には数多の婚姻関係が結ばれ、そして破綻していきましたが、最もドラマだったのが織田信長の妹・お市と近江の大名・浅井長政でしょう。

足利義昭を奉じて京都へ向かう信長にとって、ネックとなっていた【岐阜―京都】ルート。
その途上にいたのが浅井家であり、同家との強力な関係を構築するため北近江へ送られたのが信長の妹・お市でした。

 

やけ酒

◆戦国BAR「Nene」さんで悪酔いしている豊臣秀吉と、それをなだめる前田利家。お市だけでなく、織田家は美形揃いとして知られており、おつやの方や、マイナーなところでは織田秀孝さんという方も。

おつやの方(信長の叔母)は絶世の美女にして四度の結婚~岩村城の女城主

続きを見る

織田秀孝とは:喩えようのないほど美しい顔を持つ信長の弟

 

愛しのナガマサ

◆お市の妻となる浅井長政さんは肖像画を見る限り、優男のイケメン系ではないでしょう。そのため二人の娘である浅井三姉妹も美女だったのかどうか実際には疑問符もあるようです。

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

戦国一の美女・お市の方はなぜ勝家と共に死んだ?二人の辞世にご注目

続きを見る

 

ラストジェネラル

◆奈良の僧侶だった足利義昭は、幕臣の三淵藤英和田惟政、あるいは細川藤孝の助けもあって三好勢の監視網を脱出し、朝倉義景を頼りました。が、上洛は果たせず。ここから戦国の世は大きく動き始め、織田信長の上洛というイベントへとつながっていくのでした。

和田惟政は苦悩の末に戦死を遂げた【織田家―足利家の中間管理職】

続きを見る

三淵藤英が信長と光秀に処刑されるとき~麒麟がくるで谷原章介演じる名門武将

続きを見る

 

信長上洛!

◆流浪の将軍候補だった足利義昭を京都まで連れ、そして15代将軍に就任させた信長。両者は、次第に仲違いしていきますが、当初の義昭は父と慕うほど信長に心酔していたんですね。

書籍版『戦国ブギウギ』です!

 



-浅井・朝倉家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.