伊達家

伊達成実79年の生涯をスッキリ解説!一門の貴公子が政宗に与えた勇気

更新日:

独眼竜・伊達政宗
彼の人気は今さら説明するまでもないでしょう。

人を喰ったような性格。
秀吉を相手にした大胆エピソード。
伯父・最上義光との攻防や、母・義姫の関係など。

まるで「戦国時代を盛り上げてくれ!」と言わんばかりのキャラ設定ですが、ひょっとしたらそのために最も割りを食っているのが伊達家の家臣団かもしれません。

伊達家の中にも、政宗を支えた凄腕の武将は数多おります。
いの一番に思い出されるのが兄貴分の片倉小十郎景綱かもしれませんが、今回注目したのは彼ではありません。

伊達成実――。
奥州の名門一族の中でも血筋に恵まれた、伊達家随一の勇将であり、昨今はゲーム等でも人気が特に上がってきている武将の一人でしょう。

では史実の成実には、いかなる働きがあったのか?
政宗との関係は?

その生涯を追ってみました。

 

伊達一門の貴公子

伊達一門の貴公子――。
政宗の一歳下である成実は、永禄11年(1568年)に誕生しました。

伊達家は男子が多く、一門には大勢の男子がおります。

成実の父・伊達実元は、伊達家14代当主・伊達稙宗の五男。
母・鏡清院は伊達家15代当主・晴宗の二女でした。
両親ともに伊達一門ですから、まさに貴公子ですが、彼の両親自体は子に恵まれず、成実にきょうだいはおりません。

そんな彼にとって伊達宗家嫡男の政宗は、まさに兄のような存だったのです。

成実は、知勇の鍛錬を欠かしませんでした。
荒川秀秋という兵法者「天流」の武芸を、了山和尚から学問を習っています。

こうした教えを確実に身につけていった成実は、天正11年(1583年)、父・実元の跡を継ぎ、一門の中での責任が増大します。
伊達家を守る若き当主として、期待されるようになったのです。

まだ若い当主である政宗にとって、同年代で血の濃い成実は、力強い存在だったことでしょう。

 

父を撃ち、周囲大名からも大ヒンシュク!

天正12年(1584年)10月。
伊達家の家督は輝宗から政宗へと渡されました。

わずか18歳で当主となった政宗。
成実が家督を継いだ翌年のことです。

41才の父・輝宗は、全権委譲したわけではなく、伊達家は二頭体制となります。
こうした例は伊達家に限らず近隣の東国(東日本)だけを見ても、佐竹義重から佐竹義宣、北条氏政から佐竹氏直という組み合わせで見られます。

佐竹義宣/wikipediaより引用

これまで家督相続をめぐり、争いが続いてきた伊達家です。
トラブルを避ける為の処置という見方もできます。

しかし、この父子二頭体制は程なくして崩壊。
天正12年(1584年)、輝宗が不可解な横死を遂げてしまうのでした。

背景には、政宗の強引な攻勢がありました。
政宗の強行な姿勢に反発した二本松城主・畠山義継が、隙を見て輝宗を強引に捕らえてしまったのです。

父を盾にした義継を、伊達勢は輝宗ごと鉄砲で射殺してしまいます。
「わしを射てー!」
と、輝宗が叫んだ……とも言われておりますが、史実的には定かではありません。

いずれにせよ、この行為は、当時かなり批判されております。

輝宗に殉死したベテラン家臣も出る中、伊達家は急激な若返りを求められます。
若い政宗とそんな主君を支える家臣たちは、伊達家全体とそれに反発する奥羽大名という圧力がのしかかるようになったのです。

成実にとっても、なかなか大変なことであったでしょう。

そしてこの直後、成実人生最大のピンチが訪れます。

天正13年(1585年)、佐竹義重率いる佐竹勢との戦い「人取橋の戦い」です。

 

真田や上杉相手に苦戦を強いられていた

政宗といえば、向かうところ敵なし、奥羽最強の将という印象があるかもしれません。

これは実は割と盛られた話でして。

大坂夏の陣」では数の上で勝りながら、真田信繁(幸村)相手に苦戦しております。
北の関ヶ原」こと「慶長出羽合戦」でも、上杉勢相手に苦戦をしたせいか、徳川家康からはかなり少なめの加増で終わっております。

イラスト・富永商太

そんな政宗にとって、最大の屈辱であり苦戦とも言えたのが「人取橋の戦い」でした。

輝宗の死後、奥羽の大名たちは強引な政宗に、厳しい目線を向けるようになっております。
伯父の最上義光(※義光の妹・義姫が政宗の母)は露骨に警戒を促しておりますし、他の大名も同様の見方でした。

なぜ、そうなったか?

政宗は路線を変えました。
輝宗以前の協調ではなく、周囲を武力で従わせるような強引な策を推し進めたんですね。

昔から東北の雄だった伊達家は、奥羽(東北全般)各地で、婚姻政策による同盟関係を保っておりました。
普通なら共闘スタンス――そうした姻戚関係の相手にすら牙を剥き出したのだから、周囲の敵愾心も大変です。

例えば二階堂盛義の正室・大乗院(阿南の方)は、政宗にとっては伯母にあたります。
彼女は夫の死後も女城主として甥の政宗に抵抗をつづけ、援助もキッパリと断り通しました。

そんな伊達家に対抗する奥羽大名を援助し、政宗を牽制すべく動いたのが佐竹義重。
関東の雄が満を持しての出陣でした。

佐竹義重の目的は、二本松氏の救援でした。

時は旧暦十一月十七日。
猛烈な雪が降る中、関東の雄と奥羽の雄が激突します。

と言っても戦いの趨勢はどちらに……とかそういうレベルではありません。

なんせ佐竹勢率いる南奥羽大名連合軍の三万に対し、伊達勢は七千ほど。

「あの片目の男をねらえ!」
佐竹勢はそう言い合いながら、首を狙って政宗に殺到しました。

勝敗は、ハナから決まっていたようなものでした。

佐竹を中心とした3万もの強敵に対し、たとえ伊達勢がイケイケだとしても、兵力7千では話になりません。

防戦一方から敗色ムード濃厚。
それはもはや戦いというよりも、政宗の首を狙った掃討のような、そんな地獄絵図であり、政宗自身にとって最大の危難でした。

政宗は本宮城を目指し、必死で渡河するほかありません。

逃げる、それしか出来ない。

彼の身体には、矢一筋と銃弾五発が命中するほどの激戦でした。

 

日も落ち敗北必至になったそのとき奇跡が起きる

老将・鬼庭左月斎良直は、当時かなりの老齢。
兜も甲冑を身につけることすら出来ません。

それでも手に政宗から拝領した采配を握りしめ、主君を守る盾となりました。

そしてそのまま討ち死にを遂げます。

目前で討ち死にを遂げた忠臣に心動かされた政宗は、反撃すら試みますが、根性でどうこうなるレベルではありません。

若き成実も、主君を逃すべく奮闘する他ありません。
とはいえ、彼は政宗よりも若い将です。

勇気を振り絞って孤立する中、留まり続ける成実に、家臣たちも声を掛けます。

「多勢に無勢です。これでは本陣も持ちますまい……ここはひとまず退かれた方が良策でしょう!」

家臣がそう成実に進言してきました。

しかし、成実は、断固として彼らの意見を無視。
それどころか、日頃の鍛錬の成果を見せるべく大太刀を抜き払い、敵軍へと斬り込んでいくのです。

若きリーダーの奮闘を見て、家臣や兵士も続かないわけにはいかない。
槍を掲げ、皆で敵陣へと突き進みました。

その猛烈な勢いに、さしもの佐竹勢も一瞬怯みます。
崩れゆく味方の中、突き進む成実はまさに猛将。戦いぶりは、武士の魂の結晶とも言えました。

やがて日が傾き、寒さが厳しくなってゆきます。

絵・富永商太

いくら熱い闘志を以てしても、もはや体力の限界。
身体が動かない――。
そう諦念しかけたとき、伊達勢にとっては目を疑うような光景が広がりました。

佐竹勢が、兵を退き始めたのです。

伊達勢からすれば奇跡的な展開。
佐竹にとっては、別の事情がありました。

佐竹の国内で不穏な動きがあり、撤退せざるを得なかったのです。

もしもこの幸運がなければ、政宗も成実も、若い命を散らしていたかもしれません。
まさに危機一髪でした。

人取橋の戦い~伊達家の輝宗死して政宗も絶体絶命!されど忠臣たちの超踏ん張りに助けられ

世 ...

続きを見る

 

奥羽を席巻する政宗の元で

九死に一生を得た政宗。
これを気にしてしおらしくなったのか?と言いますと、そんなことはありません。

奥州を武力で制圧すべく、強気の進撃を続けます。その傍らで見守り続けたのが、成実でした。

政宗にとっての悲願は、会津の名門・蘆名氏を攻略することです。

会津とは、奥州の中でも広大な盆地が広がり他国へと繋がる要衝であり、ここを抑えねば奥州を制覇したとは言えない、そんな場所でした。
当然ながら蘆名家も強く、伊達家といえども歯が立たない――状況は、政宗の時代に変わりつつありました。

天正12年(1584年)第18代当主であった蘆名盛隆が、23歳という若さで家臣によって殺害されてしまったのです。

後継者を擁立しようにも、乳幼児しかいない国がまとまりにくいのは説明するまでもないでしょう。
こんな時、息の掛かった者を後継者として擁立させ、力を伸ばすことを伊達家はよく行っておりました。

例えば、最上義光の父・義守もこの例です。
家督相続時、まだ幼児に過ぎなかった義守は、養母として伊達尚宗の娘が後見についておりました。そのせいか、義守は生涯伊達家に対して頭が上がらないところがあったのです。

そして、こうした姿勢が彼の子である義光と一致せず、父子は深刻な対立に陥ったこともあります(「天正最上の乱」)。

事態を警戒した蘆名家では、後継者に佐竹義重の子である義広を選びました。

 

「摺上原の戦い」が火蓋を切る

弟の小次郎を据えたかった政宗としては、許しがたい選択。
もしも蘆名家が小次郎を当主に据えていたならば、歴史は大きく変わっていたことでしょう。

こうなっては、もはや政宗にとって、蘆名家は滅ぼすべきものでしかありません。

政宗は大崎攻めで手こずり、伯父である最上義光と一触即発となって、母・義姫のとりなしで和解に至る等、様々な事情がありました。

そうした事情が落ち着いた天正17年(1589年)。
政宗にとって、最大の勝利とも言える「摺上原の戦い」が火蓋を切ったのです。

名峰磐梯山と猪苗代湖のすぐそば、摺上原に布陣した伊達勢。
成実は、政宗、片倉景綱に次ぐ三番手として出撃しました。

当初は、会津の地形をよく知り、数でも勝る蘆名勢が優勢でした。

それが風向きの変化によって、逆転の好機が到来。もうもうと煙る中、伊達勢は崩れた蘆名勢を追い詰め、大勝利をおさめたのです。

蘆名勢の死者は、2千に迫ったとも言われております。事実、同家を滅亡に導く大勝利でした。

この戦いにおいても、成実は伊達家臣団の中核を担い、存在感を見せ付けております。
このとき、勝利を収めた伊達勢が歌っていたのが、『さんさ時雨』という民謡なのだとか。

会津地方では不吉な歌としてタブーであったとか、蘆名氏の頃から歌われていたのであるとか、諸説あります。
この歌を、成実が作詞したという逸話もあります。

真実かどうかははっきりしないが、それほど大勝利に酔いしれたということでしょう。

しかし、この「摺上原の戦い」は合戦に勝って、勝負に負けたようなものであったかもしれません。

天下を統一しつつあった関白・豊臣秀吉は、政宗にこう突きつけ、釈明を求めて来たのです。
「摺上原の戦い」は、惣無事令の違反である――。

 

「干城」として主君を守る

天正18年(1590年)。
豊臣秀吉が関白として天下統一を進めてゆきます。その目は、奥羽にも向けられておりました。

この動きをどう見るか?

「これぞ好機! 天下人に私こそが大名だと認めてもらおう」

そう考えた大名もおります。
伊達政宗としばしば対立してきた最上義光がそうです。

最上義光像

義光は、
「関白が認めた出羽の支配者はこの義光。皆従うように」
というふうに喧伝を始めました。

他に、安東実季の配下であった蠣崎慶広は、抜け目なく秀吉に接触、蝦夷地支配の大名という特異な地位を認められます。

一方で政宗にとっては、大いなる挫折となりました。
彼が天下を狙っていたとは思えませんが、奥州の要である会津を返す羽目になるのですから、たまったものではありません。

関東の北条氏は、まだ秀吉に抵抗しています。
力を合わせれば、秀吉の天下統一に対抗できるかもしれない――そんな思いもよぎります。

ちなみに彼の父である伊達輝宗の時代。
もしも西国が攻めて来たら、陸奥と出羽で力を合わせて戦おうという盟約が、隣国・最上義光との間にありました。

しかし、政宗の代になると両者は決裂し、このときの義光は伊達政宗の監視役を秀吉に対して買って出ていたほどです。

政宗も、外交を無視していたわけではありません。
秀吉に使者を送り、陸奥の守りは任せて欲しいとアピールしてはいるのです。

しかし、秀吉からすればそんなものは無駄なこと。

「言いたいことがあるならば、本人が来なさいよ。北条攻めの小田原に集合な」

小田原征伐の始まりでした。

小田原征伐をスッキリ解説! 北条家が強気でいた小田原城はどんだけ強い?

【 ...

続きを見る

 

成実は秀吉の意見など知らんこっちゃ

こうなると、政宗も家臣の意見を聞くほかありません。

片倉景綱や原田左馬助宗時らは、もはや小田原に向かうのみ――と意見を述べ、小田原に向かうと決めたのでした。

弟・小次郎の死といった混乱もあったものの、政宗は小田原に向けて出発します。

義姫(政宗の母)は有能なネゴシエーター 毒殺を企てた鬼母ではない

昨 ...

続きを見る

小田原包囲中に政宗がひょっこり登場! 死装束を着てます、命賭けてます的な【戦国boogie-woogie117】

豊 ...

続きを見る

成実だけは
「徹底抗戦だ!」
と反対したと言います。

そのためか、小田原には向かうことなく、自領で留守を守ることとなったのです。

これこそ、秀吉相手に抗戦すべきであると息巻いた猛将には、うってつけの役目です。
政宗の留守中に隙を狙おうとしても、そんなことを成実は許しません。

政宗は、成実を「干城」と評したとされております。
主君のため、命を賭して城となり、盾となる、そんな忠臣のことです。

さらに成実の兜の前立て(兜の飾り)は、毛虫でした。
決して後退しない毛虫の習性にあやかったものです。

その前立て通り、彼は決して退くことなく、主君である政宗を支え続けたのです。そして……。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-伊達家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.