絵・小久ヒロ

織田家

比叡山焼き討ちを信長はやってない!? 数千人の虐殺&大炎上は誇張か

更新日:

織田信長が行った悪逆非道と言えば?

そう問われて真っ先に思い浮かべるのがアレでしょう。

元亀二年(1571年)9月12日から行われた【比叡山焼き討ち事件】です。

老若男女問わず延暦寺にいた数千人を殺したとされているこの事件。
同山へ攻め入ったのは事実ですが、最近の研究では「そこまで激しく殺してないっしょ?」という見解が出ております。

果たしてその真相やいかに?

 

比叡山延暦寺の焼き討ちで殺されたのは生臭坊主?

そもそもなぜ信長は延暦寺と敵対したのか?

それは比叡山延暦寺が軍事拠点だったからです。

当時の延暦寺はいわば僧兵集団。
決して無力なお坊さんだけが暮らしているところではなく、中には「ワシに逆らうやつには仏罰が下るぞよ!」なんてデカい顔をしている生臭坊主もおりました。

むろん高貴な高僧もいましたが、それとは正反対に権力を振りかざし、本来は入れない女性を連れ込んだり、金貸しに手を染めて荒稼ぎしたり、やりたい放題。
さらには殺生厳禁のはずの仏教徒だというのに、浅井家や朝倉家の軍事行動に肩入れする始末です。

これでは仏様も「いやいやお前らにこそ罰当てたいわ」とツッコんでいたのではないでしょうか。

信長比叡山を焼く『絵本太閤記』/wikipediaより引用

信長は信長で、敬虔な仏教徒でもなんでもなく、かといって神仏を否定などは一切せず普通に保護していたりしましたが、延暦寺のように軍事拠点化しており、京都の脅威ともなれば、「叩き潰すしかない!」と思ったのでしょう。

 

寺に残った僧侶たちは信長をナメていた?

実際、この直前に行われていた【志賀の陣】という戦いでは、比叡山という拠点が浅井朝倉軍にとって重要な陣にもなっておりました。

織田軍にしてみれば、攻める理由は十分にあったのです。

しかし、さすがにいきなり放火してヒャッハーしたわけではありません。

武力を放棄して真っ当な寺になれ――と当たり前のことを何度か要求し、事前に降伏も呼びかけています。

これに対し比叡山側は「お金あげるのでどうか勘弁してください」といった使者を出してきたりして、埒が明きませんでした。そもそも金で解決とか僧侶として頭おかしいですし。

実際、その時点で逃げ出した人も多かったのです。

逆に言えば、それでも比叡山に残った人たちは
「どうせ口だけで攻め込めないっしょw」
とか
「こんな楽しい生活捨てられんわい!」
といった調子で信長を舐めきっていて、当時の価値観から言えば殺されても仕方のない状況だったと言えます。

 

燃えた木材も人骨も出土せず ナゼ、ホワイ?

明智光秀を中心として組まれた織田軍。
いざ比叡山延暦寺に攻め込むと、逆らう僧兵達だけでなく、オンナ子供も殺しに殺し、果ては火を放った――というのが、従来の比叡山延暦寺焼き討ち事件のあらましです。

しかし、最近の発掘調査で意外なことがわかりました。

焼き討ちをしていたとしたら当然出てくるはずの燃えた木材などがごくわずかにしか見つからないのです。加えて、何千人も殺していたとしたらこれまた出てくるはずの人骨も出土しなかったといいます。

もし本当に「全山焼き討ち」とか「数千人もの殺害」を敢行していたら、そんなハズはない。
ブルドーザーによる埋め立て技術もない時代にどうやってそれらを片付けたのか。

この結果からすると、信長は延暦寺を攻めて僧兵と戦っただけで、巷で言われているような全山焼き討ちはしていないのでは……?とも考えられるのです。

延暦寺の根本中堂/photo by I, KENPEI wikipediaより引用

 

言継卿記も信長公記も全て鵜呑みにはできず

この説には二つ根拠があります。

一つは記録について。
延暦寺焼き討ちの悲惨さを記録した資料を書いた人は、ほぼ全員その場にいない人なのです。

言継卿記ときつぐきょうき』を書いた公家の山科言継やましなときつぐも、『御湯殿上日記』を代々書いてきた朝廷の女官達も、皆伝聞を書いたにすぎません。

伝言ゲームで話が誇張・脱線するのは今も昔も変わらないでしょう。

一応、信頼度が高いといわれている『信長公記』にもこの事件のあらましが書かれていますが、作者の大田牛一は「文才がありすぎて誇張が激しいのでは?」という傾向があります。

要は「盛る傾向がある」んですね。

なんせ、その場にいなかったのに【本能寺の変】についてはかなりリアルに書かれています。

だからといって延暦寺焼き討ちの記述が丸ごと嘘っぱちとは言えませんが、ここでは、更にもう一つの根拠を考えてみたいと思います。

 

信長が残虐であればあるほど得をするのは誰か

それは、延暦寺が朝廷と深い繋がりがあったということです。

信長が焼き討ちを行ったとされる頃、延暦寺のトップは天皇の弟さんでした。

いくら信長が「神をも恐れぬ」とはいえ、そんな人のいるところを丸焼きにしていたら、当然朝廷からお咎めがあるはずです。
朝敵にされていてもおかしくありません。

信長は既に周辺の大名達から包囲されていたので、朝廷がその大名たちに「信長は朝敵だから協力して討つように!」と命令すれば、すぐに何らかのダメージは与えられたでしょう。

にも関わらずそうしておりません。
果たして全山焼き討ちなどあったのか、非常に疑わしくなってきます。

信長を信奉していた太田牛一が、信長の非道を大きく書くワケがない――というツッコミもあるかもしれませんが、すでに軍事拠点として当たり前のように存在していた集団はもはや軍であり、その敵をド派手にやっつけた、さすが信長様!という風に書いたのなら合点がいきます。

やっぱり「盛ったのかなぁ」と。

なお、この一戦で最も武功があったとして、明智光秀が近江志賀郡を与えられ、坂本城の築城を始めました。

坂本城址の石垣

ここが非常に重要な拠点だということは以下の地図を見ていただければおわかりかと思います。

・赤が岐阜城

・紫が1579年に完成する安土城

・黄が坂本城 ※1571年頃に完成します

岐阜から京都へ続くルートの喉元にあたる位置なんですね。

琵琶湖の水上交通も利用しており、後に長浜エリアを与えられる豊臣秀吉よりも先に出世を果たしていたことがわかります。

つまりは、比叡山と麓の坂本を攻略したという軍事的意義が大きな戦いでした。比叡山そのものを焼き尽くすことより、拠点を押さえるという観点で考えた方が自然なんですね。

なお、明智光秀の生涯については以下の記事を併せてご覧いただければと存じます。

明智光秀の生涯55年をスッキリ解説!なぜ織田家No.1の出世頭が本能寺へ?

明 ...

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
『織田信長合戦全録 桶狭間から本能寺まで』(→amazon link

 



-織田家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.