天下一の名香として知られる蘭奢待/wikipediaより引用

織田家 信長公記

麒麟がくる登場の蘭奢待(らんじゃたい)とは?信長や明治天皇も切り取った香木

大河ドラマ『麒麟がくる』にも登場した蘭奢待(らんじゃたい)

東大寺正倉院に納められている香木であり、金銭的価値に換算できるとしたら、おそらくや日本一高価な名香でしょう。

庶民はおろか、数多の権力者でもその香りを楽しめたものはわずかであり、何やら秘密めいた雰囲気も漂わせています(TOP画像)。

その権力者の一人が織田信長でした。

織田信長
織田信長 史実の人物像に迫る!生誕から本能寺まで49年の生涯まとめ年表付

続きを見る

いったい信長はどのようにして香りを楽しんだのか?

『信長公記』をベースにしながら、その記録を振り返ってみます。

※文中の記事リンクは文末にもございます

 

名香「蘭奢待」正式名称は「黄熟香」

天正二年(1574年)3月12日、信長は京都へ出発しました。

途中、佐和山に2~3日宿泊していますが、このときは特になにもなかったようで、『信長公記』には特記されていません。

この時期の佐和山城主は丹羽長秀の可能性が高いため、近江の状況確認や近況報告などを話し合っていたのでしょうか。

丹羽長秀
丹羽長秀は信長に最も信頼された織田家重臣の一人 その生涯65年まとめ

続きを見る

3月16日は永原(野州市)に宿泊し、翌17日に志那(草津市)→坂本(大津市)のルートで琵琶湖を渡って入京。「今回は初めて、相国寺(京都市上京区)で宿泊した」とあります。

正確な日付は書かれていませんが、ここで信長は東大寺正倉院に収められている名香・蘭奢待の切り取りを朝廷に願い出ました。

正式名称を「黄熟香(おうじゅくこう)」という、日本最大の香木です。

その成分から沈香(じんこう)という香木の最高級品“伽羅(きゃら)”に分類されており、香りの良さと大きさも申し分なく(重さ11.6kg)、「天下一の香木」とされていました。

「蘭奢待」というのは、保管場所である東大寺の名を漢字それぞれの中に秘めた、いわゆる雅号です。

「東」→蘭

「大」→奢

「寺」→待

 

伽羅の香は1gあたり数万円という値も

沈香の産地は東南アジア全域です。

ただし、伽羅と呼ばれる質のものは、現在のベトナム……のさらにごく一部でしか算出できません。

理由は、沈香という香木の成り立ちによります。

この木は雨風や病気、害虫などに対する防御反応として樹脂を出すのですが、これが固まった後に長い時間をかけて変質すると熱したときに良い香りを放つようになり、香木としての価値が生まれるのです。

ベトナム付近は標高差が激しいエリアも多く、また台風の被害も毎年のように受けていますから、香木となる木が傷つく頻度も高い。

結果、伽羅と呼べる質になる……という仕組みと考えられています。

また、同じ一本の木でも、樹脂の浸透具合など部分ごとに香りが変わるため「伽羅」と呼べる質のものは貴重。

現代でも、伽羅の香は1gあたり数万円というお値段がするほどです。

蘭奢待そのものは信長以外にもときの権力者が切り取っており、足利義満・義教・義政、土岐頼武などが許可をとっていました。

信長より後の時代だと、明治天皇も切り取ったことがあります。

近年の調査では「50回程度は切り取られただろう」と推測され、記録として確実なのは足利義政・織田信長・明治天皇の三人だけでした。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-織田家, 信長公記