立花誾千代/wikipediaより引用

立花・高橋家

立花誾千代(宗茂の正妻で道雪の娘)は戦国一のガチ女城主なのか

永禄十二年(1569年)8月13日は、立花誾千代(ぎんちよ)が誕生した日です。

父親が、戦国の雷親父こと立花道雪

そして夫が、西の戦国最強と称される立花宗茂

九州のビッグネーム二人を相手にして一歩も引かなかった女城主――そんな誾千代の生涯を見てみましょう。

 

道雪は思った「娘を男らしく育てれば……」

誾千代の父・立花道雪は、37度の合戦で一度も負けがないと言われる猛将。

主君・大友宗麟で、同家内家臣ではまさしく無双でしたが、一つだけうまくいかないことがありました。

雷切の主・立花道雪の何が凄いのか「勇将の下に弱卒無し」に痺れる憧れる!

続きを見る

大友宗麟(大友義鎮)は戦国の九州王者か非道の暗君か!58年の生涯まとめ

続きを見る

妻・仁志姫とは仲睦まじいながら、跡継ぎとなるべき男の子に恵まれなかったのです。

しかし思考回路も根っからの戦国武将だった彼は、嘆くばかりではなく気持ちをスパッと切り替えました。

「息子が生まれないなら、娘を男らしく育てればいいじゃないか!」

そんなわけで誾千代は将来の立花家を背負って立つべく、実に男前な性格に育っていきます。

道雪も道雪で、誾千代が7歳の時には普通に跡継ぎの手続きを済ませてしまいました。

「あらあら、うふふ」で片付けられない親馬鹿っぷり、もとい用意周到さです。というか道雪も60歳でしたので、少しでも早く御家の行末を固めておきたかったのでしょう。

カーチャンにしてみれば『この子のところにお婿に来てくれる人なんているのかしら……』と気が気でなかったとは思いますが。

 

高橋紹運の跡継ぎを婿にください!

だが、しかし!
そこを何とかするのが道雪です。

彼は同じく大友家に仕えていた高橋紹運の息子に目をつけます。

いわば婿候補ってワケですが、よりにもよってその子は高橋家の跡継ぎです。

当然のことながら紹運も「え、この子うちの嫡男なんですけど。弟もいるんで婿にするならそっちにしてほしいんですけど」(※イメージです)とやんわり断りました。

道雪は一度断られたくらいで退くような人ではありません。

再三にわたって「息子さんを(娘に)ください!!」とお願いを繰り返し、結局、紹運も折れるしかなく、嫡男を他家へ婿入りさせることになります。

それが立花宗茂です。

立花宗茂―戦国最強と讃えられた猛将 浪人から大名へ復活を遂げる

続きを見る

秀吉に“西の戦国最強(東は本多忠勝)”と認定されただけでなく、仁義にも厚く、同時代の戦国武将たちから崇敬されていた人物です。

そこで最大の問題となったのが、誾千代と宗茂の相性でした。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-立花・高橋家
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.