徳川家

アラフォーからの武将デビュー! 板倉勝重が家康に呼び出され初代・京都所司代へ

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
板倉勝重
をクリックお願いします。

 

猿楽の興行中、粗相をした客にブチ切れ抜刀!?

勝重はなんだかんだ言って戦国の武士でもありますから、温厚なだけの人ではなかったようです。

大坂の役については推進派だったり、禁中並公家諸法度が出たときには指導・監視を強化。

禁中並公家諸法度17条をスッキリ解説!公家衆法度も一緒に確認だ

続きを見る

「やるときはやる」タイプだったんでしょう。

出典がはっきりしない逸話の中には「京都の御所で猿楽(能)の興行があり、招待客の一人が粗相をして刃傷沙汰を起こした際、いきなりキレて刀を抜いた」なんてのもあります。

血=穢れなのでキレた理由がわからないでもないのですが、三河武士KOEEEEEE!

ちなみにそのときは部下が間に入って何とか穏便に収まったそうです。よかったよかった。

 

75歳で息子・重宗に職を譲った

そんな感じで血気盛んな面もあった勝重でしたが、さすがに寄る年波には勝てず、75歳で息子・重宗に京都所司代を譲り隠居しました。

亡くなったのが4年後。
当時の寿命や「ギリギリまで現役だった」とみると、かなりタフな人だったのかもしれませんね。

若い頃はお寺暮らしで質素な生活だったでしょうから、頑健にできていたのでしょうか。

『板倉政要』には息子・重宗についての話も多く記録されています。以前取り上げた後光明天皇に諫言してやり込められた人ですね。

江戸幕府を相手に一歩も引かず! 後光明天皇の痛快エピソード

続きを見る

親子共に地味ではありますけれど……。知恵の使い方というか心の広さというか、そういうものは現代人も大いに手本としたいところですね。

なお、板倉勝重の息子・板倉重昌は【島原の乱】で諸侯の支持を得られず、自爆のような突撃で亡くなってしまいました。

島原の乱を鎮圧した知恵伊豆がエグい! 板倉重昌は悲しい自爆【最後の戦国】

続きを見る

しかし、板倉家が滅びるようなことはなく明治時代まで家は続いております。

あわせて読みたい関連記事

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

足利義昭(覚慶)61年の生涯をスッキリ解説!バカ殿?それとも実は頭脳派?

続きを見る

今川義元「海道一の弓取り」の実力はダテじゃない!42年の生き様を見よ

続きを見る

春日局の経歴ヤバい!明智家重臣の家に生まれ、夫と離縁し、将軍家光の乳母に

続きを見る

モヤッとする「位階と官位」の仕組み 正一位とか従四位にはどんな意味がある?

続きを見る

大岡越前守忠相が自ら裁いたのは一件だけ!? 吉宗に見いだされて表舞台へ

続きを見る

禁中並公家諸法度17条をスッキリ解説!公家衆法度も一緒に確認だ

続きを見る

江戸幕府を相手に一歩も引かず! 後光明天皇の痛快エピソード

続きを見る

島原の乱を鎮圧した知恵伊豆がエグい! 板倉重昌は悲しい自爆【最後の戦国】

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『戦国人名事典(新人物往来社)』(→amazon link
『戦国武将合戦事典(吉川弘文館)』(→amazon link
板倉勝重/Wikipedia

TOPページへ

 



-徳川家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.