豊臣家

関ヶ原直後に起きた佐和山城の戦い(三成の居城)女郎墜の悲劇とは?

戦国時代もいよいよ終わりにさしかかった慶長五年(1600年)9月17日、近江の佐和山城が東軍に攻められました。

佐和山城とは、石田三成の居城。

東軍とは、関ヶ原における東軍。

つまり、関ヶ原の戦いに勝利した徳川家康が、三成の息の根を完全に止めるため、その本拠地へ襲いかかったワケです。

佐和山城の戦い】などとも呼ばれたりしますが、徳川軍の本体が直接攻めたワケではありません。

攻略を命じられたのは、関ヶ原で「裏切り者」たちと呼ばれた武将たち。

つまり三成に苦汁を舐めさせた張本人たちです。

彼ら裏切り者たちも忠誠心を試されるのですから必死であり、最終的に色々と切ない悲劇へと収束していきました。

さっそく振り返ってみましょう。

 

三成最後の頼りは毛利に立花!

関ヶ原で敗北した石田三成は、まず背後にあった伊吹山に逃れ、その後、右往左往しながら逃走を続けました。

石田三成~日本一の嫌われ者を再評価! 豊臣を背負った忠臣41年の生涯

続きを見る

西軍の正式な総大将は毛利輝元(毛利元就の孫)です。

彼は結局、大坂城にステイしていたので、逆に言えばまだ兵力を温存しているということにもなります。

なんといっても毛利家は西国随一の大大名。単独でも3万程度の兵は動員できるはずでした。

さらには、西軍最強の武将とよばれる立花宗茂も無傷であります。

立花宗茂―戦国最強と讃えられた猛将 浪人から大名へ復活を遂げる

続きを見る

三成はこれを諦めきれず、再戦しようとしていたのでしょう。

そのためにはまず居城の佐和山へ戻り、支度をしてから大坂へ向かう必要があります。

しかし、その間に、佐和山城と家族が大変なことになったのです。

 

佐和山城の戦いに参戦したのは小早川秀秋たち

留守の佐和山城を守っていたのは、三成のお父さん・石田正継や、お兄さん・石田正澄など、石田一族が中心。

ほとんどの兵は関ヶ原へ出払っており、残っていたのは2,800人ほどで、しかも、老兵や女性などしかいなかったともいわれています。

兵としてカウントできたのは1,000ほどだったとか。

佐和山城の曲輪

対する東軍はといえば、損耗はしているもののまだまだ兵力には余裕がありました。

先鋒は、日本史上最大の裏切り者の名をほしいままにする小早川秀秋

小早川秀秋(秀吉の養子)は本当に裏切り者だったのか? 21年の儚い生涯

続きを見る

実は最初から東軍だと思われていたという見方が有力ですが、このとき同行していたのが、朽木元綱や小川祐忠、脇坂安治、赤座直保だったのです。

朽木、小川、脇坂、赤座の4名は、関ヶ原の当日に裏切りが判明し、大谷吉継や平塚為広らの軍を壊滅に追い込み、関ケ原の動向を思いっきり左右した人物でありました。

関ヶ原で「第二の裏切り者」と戦った大谷吉継と平塚為広に涙がこぼれるわ!

続きを見る

家康はそんな彼らに佐和山城攻めを命じたのです。

佐和山

なお、搦め手(裏門)からの攻略部隊は、近江出身かつ豊臣系武将だった田中吉政を配置。

万全とも言える態勢でした(実際、この田中吉政の部隊が後に石田三成を捕縛します)。

家康自身は、佐和山の南方にある平山に陣取り、戦いの行方を眺めることにしました。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)