まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ119話 秀頼より先に生まれていた捨丸(鶴松)の不幸

諸国を放浪する浪人から織田信長に取り上げられて、あれよあれよと位人臣を極めた、稀代の天下人――。

豊臣秀吉最大の弱点は、子宝に恵まれなかったことだろう。

豊臣秀吉
豊臣秀吉 数々の伝説はドコまで本当か? 62年の生涯まとめ【年表付き】

続きを見る

幾人もの側室を持ちながら、誰も跡継ぎを授かることはできず、気がつけば齢53。

信長が光秀の凶刃に斃れた歳ともさほど変わらず、まさに「人間五十年」の最終節を迎えようとしたとき、ミラクルが起きた。

茶々が鶴松を産んだのである。

現代医学からすれば「秀吉の子ではない」とするのがこの通説。

豊臣秀頼は秀吉の実子ではない! ならば誰の子? 僧侶か陰陽師か

続きを見る

おそらく当の本人もその辺は重々承知していたであろう。

それでも我が子の可愛さたるや、孤独な天下人の心を充足させるには十分であり、ようやく秀吉も人並みの幸せを手に入れることができたのである。

これ以上なき不幸に見舞われたのは、その直後のことであった――。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

命と権力

◆天正17年(1589年)に生を受けた鶴松こと捨丸(捨)は、「捨て子は育つ」という迷信からその名を授けられました。

しかし……早くも翌1590年には病気を患ったと言い、何かしら先天性の疾病を持って生まれたか、もともと身体の弱い子供であったことを感じさせます。

正妻の寧々さんもさぞかし困ったことでしょう。

この夫婦は、前田利家から豪姫という養女を貰い受け、大切に育てておりましたから、子供は大好きだったに違いなく……。

秀吉の正妻ねね高台院
秀吉の妻ねね(寧々 北政所 高台院)は女癖悪い夫をどう操作した?

続きを見る

豪姫
豪姫(利家の娘で秀吉の養女)がイケメン武将・秀家とドラマのような人生を

続きを見る

 

危篤

◆ちなみに当時の赤子が成人になれる確率は5割に達するかどうか、というレベルでした。

江戸時代以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも数多の子が亡くなった

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが戦国ブギウギ