まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ119話 秀頼より先に生まれていた捨丸(鶴松)の不幸

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが戦国ブギウギ119話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次


捨丸死す

◆結局、捨丸は数え3つで夭逝。

さすがにコレは可哀想だ……と同情したところで、やっぱりヘコたれないのが農民から下剋上した男の強さなんすかね。

太閤、ふっかーーーーーーーつ!

 


老害太閤

◆溺愛していた息子が死んで、何か集中できる目標が欲しい――。

そうだ世界(明)を征服しよう!

白髪の天下人に、もはや怖いものはナシ。

しかし、それこそが豊臣政権瓦解への始まりだったかもしれません。

なお、後継を託すはずだったこの豊臣秀次さんも、後に秀頼が生まれたことにより不幸のラストへ。駒姫も共に……。

豊臣秀次
豊臣秀次(秀吉の甥)はなぜ自害へ追い込まれ殺生関白と呼ばれたか?

続きを見る

駒姫
駒姫(最上義光娘)の死は理不尽の極み!東国一の美女が連座で処刑

続きを見る


あわせて読みたい関連記事

豊臣秀吉
豊臣秀吉のド派手すぎる逸話はドコまで本当か?62年の生涯まとめ

続きを見る

豊臣秀頼の父親
豊臣秀頼が秀吉の実子でなければ誰の子なの?僧侶かそれとも陰陽師か

続きを見る

江戸時代の乳幼児死亡率
江戸期以前の乳幼児死亡率は異常~将軍大名家でも大勢の子が亡くなる

続きを見る

秀吉の正妻ねね高台院
秀吉の妻ねね(寧々 北政所 高台院)女癖の悪い夫をどう操作した?

続きを見る

豪姫
利家の娘で秀吉の養女・豪姫~宇喜多秀家とドラマのような生涯を送る

続きを見る

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ


 



-まんが戦国ブギウギ

×