増田宗太郎/wikipediaより引用

幕末・維新

増田宗太郎は諭吉のハトコ~西郷に惚れ込み西南戦争で共に散る

「血は争えない」とは言われますが、血が繋がっていても真逆の道を歩む人もいます。

血筋が離れればなおのこと……本日はその一例と思われる、有名人の親戚のお話。

嘉永二年(1849年)2月23日は、増田宗太郎が誕生した日です。

福沢諭吉の親戚(またいとこ)にあたる人です。何となく頭が良さそうな感じがしますね。地元では福沢と並ぶ、郷土の偉人として伝えられているそうです。

肖像画ではやや面長・色白の美青年という感じがしますが、なかなかアツい心の持ち主。どんな生涯を送った人なのか見ていきましょう。

 

西洋派の福沢諭吉暗殺を実行しようと……

増田は、福沢の家のすぐ隣で生まれました。

現在、大分県中津市には福沢の生家跡に「福沢記念館」という場所があり、その東側です。
増田の経歴を説明した案内板が立っています。

残念ながらグーグルマップでは文面までは読めないのですが、個人のブログなどで鮮明な写真を撮られている方がいらっしゃるので、興味のある向きは探してみるといいでしょう。

おそらく福沢と増田は、物理的にも心理的にも近い位置で育ったと思われます。

福沢諭吉67年の生涯をスッキリ解説!強烈な武士の誇りを持ち続けた偉人の素顔

続きを見る

しかし青年ごろになると、西洋の文物に興味を抱く福沢に対し、増田はあまりいい感情を持てなくなりました。

増田の祖父が国学(和歌や神道などを含めた、日本古来の事物全般を学ぶもの)の大家だったことから、増田は尊皇派となっていたのです。

「異人の学問なんぞくだらん! そんなものに興味を持つなんて、いくら親戚でも言語道断!!」

そんなスタンスですから、福沢が西洋かぶれに見えて仕方なかったでしょう。憎悪の感情はどうしようもなく、福沢が一時帰郷した際、寝込みを襲って暗殺しようとしたことまであったとか。

「幕末あるある」の展開ですね。もちろん失敗に終わってます。

 

方針を180度変換し、慶應義塾で学問に勤しむ

暗殺未遂の日かどうかははっきりしないものの、福沢と議論を交わすうちに、増田は考えを改めました。

「異国のものを学ぶのも悪くないかもしれん」

そうして180度転換し、慶應義塾で蘭学や英語などを学んでいたようです。

何だか坂本龍馬勝海舟のようですね。

勝海舟77年の生涯まとめ【年表付】いつドコで生まれ維新後は何をしていた?

続きを見る

坂本龍馬の生誕から暗殺されるまで33年激動の生涯マトメ 暗殺犯の正体は?

続きを見る

その後、増田は地元・中津に帰り、英語の教師をやりながら民主化運動や新聞の編集長などもしていました。
人間変われば変わるもんです。

おそらく明治維新・戊辰戦争前後のことで、よくその時期にそんなことをやろうと思ったものです。中津藩は会津戦争にも参加していますから、増田も無関係ではなかったはずなんですけどね。
学者さんだったから行かなかったんでしょうか。

 

地元の士族たちと西南戦争に参加

いずれにせよ、その成果がはかばかしくなかったのか、明治時代に入った後、増田は思い切った行動に出ます。

地元の士族たちとともに、西南戦争に参加したのです。しかも西郷方で。

西南戦争が起きた本当の理由をもう一度深掘り「視察」が「刺殺」の真相は?

続きを見る

薩摩の出身でもない上に、それまで武働きとはほぼ無縁だったであろう増田が、反政府側についたというのはなかなか不可解なところもありますが……本人はこんな言葉を残しています。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-幕末・維新
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.