新門辰五郎

新門辰五郎/wikipediaより引用

幕末・維新

偉大なる親分・新門辰五郎~慶喜に愛された火消しと娘・芳の爽快な生涯

こちらは3ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
新門辰五郎
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

幻の江戸焦土作戦

江戸に戻った辰五郞を待ち構えていたのは、勝海舟でした。

彼のような火消しの親分、侠客、鳶職、博徒、非人頭らのアウトローたちに対し、こんな計画が持ちかけられます。

「俺ァこれから、薩摩の西郷隆盛と話し合う。もしもこの話し合いが決裂しちまったら、おめえさんらで江戸を火の海にしちまってくれ」

西郷隆盛
西郷隆盛 史実の人物像に迫る! 誕生から西南戦争まで49年の生涯とは

続きを見る

勝の脳裏にあったのは、ナポレオンを大敗させた1812年のロシア戦役でした。

モスクワを焦土にすることで、敵にも大打撃を与えたのです。

捨て身のモスクワ焦土作戦! ナポレオンをタコ殴りにしたアレクサンドル1世

続きを見る

勝自らそう頼まれて、彼らは張り切りました。

しかし勝と西郷隆盛の間で話がまとまり、焦土作戦は幻と終わりました。

無血開城という歴史の影で、火消したちがうごめいていたのです。

 

二万両を守って駿府へ

幻の焦土作戦は不発に終わりましたが、辰五郞の役目は終わりません。

上野・寛永寺~水戸~駿府と、各地を転々とする慶喜の居場所を警護し、防火につとめていたのです。

慶喜が駿府に向かう時、辰五郞と子分たちは二万両という大金を守り抜きました。馬印の次は、金を守ったというわけです。

隠居後の慶喜が悠々自適の暮らしを送れたのは、辰五郞の警護の成果でもあるかもしれません。

明治になると、慶喜は新村信と中根幸以外の妾は暇を出しました。芳もこのとき、家に戻されます。

慶喜に付き従い、しばらくは駿府で暮らした辰五郞も、やがて江戸へ戻りました。

そして明治8年(1875年)没、享年75(80以上だったという説も)。住み慣れた浅草で亡くなりました。

辞世の句は、
「思ひおく まぐろの刺身 鰒汁(ふぐとしる) ふっくりぼぼに どぶろくの味」。

意味は各自で、お調べください。最後まで人をくった江戸の侠客らしい人物でした。

みんなが読んでる関連記事

火消し
やっぱり江戸期の火消しはカッコイイ! 始まりは家光時代の大名火消だった

続きを見る

明暦の大火(振袖火事)
明暦の大火(振袖火事)は日本史上最大! 3~10万人が亡くなり城も焼失した

続きを見る

勝海舟
勝海舟の人物像に迫る! 江戸っ子幕臣のべらんめぇ生涯77年まとめ

続きを見る

徳川慶喜
徳川慶喜を知れば幕末の動乱がわかる!家康の再来とされた英邁77年の生涯

続きを見る

真田幸村(真田信繁)
真田幸村(信繁)史実の人物像に迫る!生誕から大坂の陣まで45年の生涯

続きを見る

文:小檜山青

【参考文献】
国史大辞典
『幕末維新なるほど人物事典―100人のエピソードで激動の時代がよくわかる (PHP文庫)』(→amazon
ほか

TOPページへ

 



-幕末・維新
-