江戸時代

徳川15代 全将軍の正室(御台所)と大奥がバッチリわかる【完全版】

更新日:

大奥といえば女同士のドロドロ――。
そんな争いが連想されたり、男たちが立ち入れない神聖不可侵の領域のようなイメージがあります。

しかし実際には、時代ごとに割と大きな変化があり、大奥の職制や費用など、組織に関する点が大きく影響しておりました。

例えば慶安4年(1651年)4月24日は、三代将軍・徳川家光の死去に伴い、大奥で大規模な人員整理も行われています。

今回は、大奥の女性たちがどのような仕事をして、いかほどの給料をもらっていたのか……そんな点に注目して参りましょう。

まずは、トップである将軍の正室・御台所(みだいどころ)について。
代々の将軍によって、御台所の扱いはかなり違いがあります。

 

◯初代・家康の場合

徳川家康は幕府を作った時点で正室がおりません。
混乱の時代なんで仕方ないですね。

それを踏まえて最初の奥さんは築山殿となります。

今川家にゆかりの深いお姫様で、大河ドラマ『おんな城主 直虎』でも割と重要なポジションでした(女優の菜々緒さん)。
長男・松平信康と長女・亀姫を産み、その後、悲劇に見舞われます。

織田信長の命令で信康が自害し、築山殿も亡くなっています。
家康は、その後も天下人を目指し、なんだかんだで20人以上の後妻や側室を持ちました。

下記に別記事でマトメておりますのでよろしければご覧ください。

【関連記事】

20人以上もいた家康の妻・側室ってどんなメンツだったの?

政 ...

続きを見る

 

○二代・秀忠の場合

御台所はお江与の方です。
お江ともいわれる、浅井三姉妹の一人ですね。

三度目の結婚だったこともあり、実家がなく後ろ盾がいない――そんな負い目もあり一番追い詰められた状態だったのがお江与の方です。

徳川秀忠は恐妻家だったといわれています。
が、お江与の方が推していた次男・忠長ではなく、最終的に長男である家光を将軍にしたあたり、実際はそうでもなかった感じがしますね。

なお、秀忠は正式な側室も持っていません。

【関連記事】

浅井三姉妹・江から生まれ淀殿に育てられた豊臣完子とは? 祖母は秀吉姉

万 ...

続きを見る

 

○三代・家光の場合

御台所は、鷹司孝子(たかつかさ たかこ)です。
公家の鷹司家の出身ですから、文字通りのお姫様でした。

しかし、この夫婦はおそらく徳川将軍家どころか、武家全体を見ても屈指の仲の悪さだったと思われます。

なにせ、一度大奥に入ったのに、徳川家光によって西の丸に追い出されているのです。
その後は御台所の呼び名すら取り上げられ、「中の丸殿」と呼ばれました。

そんなにも険悪な仲だった理由はハッキリしていませんが、孝子と結婚した頃の家光はまだ20歳で、衆道の気が抜けていなかったと思われる頃合い。

そもそも大奥自体が、家光の女嫌いを改善するために作られたものだといわれていますので、その前から近辺にいたであろう孝子に、家光が興味を示さなかったのも頷けます。
もしくは孝子が積極的すぎて家光がドン引きしてしまったとか、そんな感じのことがあったのかもしれません。

家光が孝子を冷遇していたという話はいくつかあるのですが、「孝子が家光をどう思っていたか」という話が見つからないので、あくまで個人的な想像ですけれども。
せめて西の丸で、女中たちとのびのび暮らせていたらいいのですが……。

 

○四代・家綱の場合

伏見宮貞清親王の第三王女・顕子女王(あきこじょおう)が御台所です。

17歳で輿入れし、19歳のときに大奥へ移りました。
が、37歳で亡くなるまでの間、ほとんど逸話がありません。

家綱は絵画や文学を好み、下々の者への思いやりもある人だったと思われる逸話が多いので、顕子女王を冷遇していた……というのも考えにくい気がします。
ただ、側室との間には子供ができたことがあります。

俗説として「皇族や公家出身の御台所は、子供ができても堕胎させられていた」なんて話がありますが、三代・四代ともに御台所が懐妊しなかったので、そんな噂ができたのかもしれません。

 

○五代・綱吉の場合

鷹司家の姫・信子が御台所です。
三代・家光の御台所だった孝子の姪孫(てっそん・大叔母の逆)にあたります。

徳川綱吉との夫婦仲については意見が分かれています。
他の側室に嫉妬し、綱吉の寵愛を自分の派閥の女性にひきつけるため、いろいろやったなんてことも言われてますね。

また、綱吉が亡くなって一ヶ月後に信子自身も亡くなったため、「綱吉は信子に暗殺された」という噂も立ちました。

そのためか、創作物では「綱吉を愛していたからこそ行き過ぎた行動に出た」という表現をされていることが多いです。

 

○六代・家宣の場合

徳川家宣が「甲府宰相」と呼ばれていた=将軍になる前からの正室・近衛熙子(ひろこ)が御台所になりました。

若い頃に一男一女を授かりましたが、二人とも夭折。
さらに夫が将軍になってからは側室を何人も迎えたため、大奥ではあまり良い扱いではなかったようです。

ライバルとなる側室・お喜世の方(月光院)の息子で七代将軍となった徳川家継が幼くして亡くなり、さらに八代・徳川吉宗が将軍になってから正室を迎えなかったため、実質的な大奥の主として長く君臨することになります。

それが幸せだったかどうかはわかりませんが、ずっと肩身の狭い思いをするよりはマシでしょうか。

なお、蛇足ですが、明智光秀の正室も熙子(ひろこ)と言います。

 

○七代・家継の場合

霊元法皇の第十三皇女・吉子内親王が御台所になるはずでした。

というのも、徳川家継自身が婚約中に亡くなってしまったため、結婚自体が成立しなかったのです。

当時、吉子内親王はまだ2歳にもなっていなかったため、「本人の記憶が無いところで未亡人になっていた」という笑えない事態となります。

まぁ内親王は、慣例的に未婚を通すのが当たり前だったので、あまり支障はなかったかもしれませんが。

 

○八代・吉宗の場合

実は、御台所が存在しません。

というのも、紀州藩主時代には正室・理子女王(まさこじょおう・伏見宮貞致親王の娘)がいたのですが、徳川吉宗が将軍になる前に、出産時のトラブルで亡くなってしまったのです。
その後、吉宗は正室や御台所を迎えませんでした。

性格的に「公家や皇室から迎えると面倒だし、大名家から迎えてもそれはそれで金がかかる。じゃあ側室だけでよくね?」と考えていたのかもしれません。

吉宗と理子女王が夫婦だった期間はたった四年程度。
不幸な結果になったとはいえ、その短さで子供ができたことがあるのですから、そこそこ以上の愛なり情なりがあったと思いたいところです。

 

○九代・家重の場合

伏見宮邦永親王の四女・増子女王(ますこじょおう)が御台所でした。
理子女王とは叔母・姪の関係です。

夫婦仲は良好だったようで、結婚の翌年に家重と隅田川で船遊びをしたり、三年目には子供を授かっています。
しかし、早産とその後の経過が悪く、23歳の若さで亡くなってしまいました。

奇しくも、家重は父と同じような経緯で妻を亡くしたことになりますね。
また、家重も父と同様に、その後は御台所を迎えていません。

家重の場合、身体に障害を持っていて幕臣や庶民もナメられていたフシがありますので、尊い身分でありながらもきちんと接してくれたと思しき増子女王には、かなりの思い入れがあったのではないでしょうか。
側室も二人と少なめです。

 

○十代・家治の場合

閑院宮直仁親王の六女・倫子女王(ともこじょおう)が御台所です。

徳川家治は徳川将軍家の中ではかなりの愛妻家で、倫子女王との間に二人の娘をもうけました。
残念ながら二人とも夭折し、男子を授かることはありませんでしたが、家治は側室から生まれた男子を倫子女王の養子として育てさせています。

これで生母でなくとも、倫子女王の御台所としての格を保ち、次の将軍の代になっても困ることがないように計らったのでしょうね。

 

○十一代・家斉の場合

近衛寔子(ただこ)こと、薩摩藩八代当主である島津重豪の娘・茂姫が御台所です。

結婚から15年ほどして、敦之助という男子を授かりました。
御台所の出産自体も珍しい上、男子となると家光を産んだのは、お江与の方以来の快挙です。

しかし、既に世継ぎが決まっていたために、敦之助は清水徳川家の養子に入り、さらに幼くして亡くなってしまっています。
その後も一度懐妊したことがありますが、このときは流産という残念な結果になりました。

徳川家斉は、一説には側室40人以上、子供55人という、凄まじい展開になっておりますが、ほとんどを茂姫の養子という扱いにしておりました。
こうすることで茂姫の地位を保てますし、他の家へ養子や嫁入りさせるときにも箔が付きます。

ついでにいえば、茂姫の地位が絶対的になることで、御台所vs側室という無用な争いを避けることができました。

家斉がどこまで意識していたのかはわかりませんが、少なくとも茂姫への愛情があったからこそ、過剰なほどに養子扱いにしたのでしょう。
通常であれば、次期将軍になるであろう男子だけを御台所の養子にすれば済む話ですから。

 

○十二代・家慶の場合

有栖川宮織仁親王の六女・喬子女王(たかこじょおう)が御台所です。

8歳で江戸にやってきて、15歳のとき正式に結婚。
それから6年間で一男二女に恵まれましたが、三人とも夭折しています。

家斉が50年間も将軍職にあったので、徳川家慶が将軍になったのも遅く、喬子女王が御台所と呼ばれたのはほんの数年でした。

将軍家の妻としては愛されたほうでしょう。
吉宗以前の御台所が皆不憫すぎて、そう思えるというのもありますが。

 

○十三代・家定の場合

幕末モノの大河ドラマでよく触れられていますように家定には三人の正室がいました。

将軍になる前に二人、将軍になってから一人です。

最初は鷹司任子(あつこ)を正室に迎えたものの、若くして痘瘡により亡くなっています。
次は一条秀子を迎え、結婚から半年で亡くなってしまいました。

そこで「公家の姫は体が弱いから、武家の姫が良い」ということで白羽の矢が立ったのが、既に将軍家に正室を送ったことのある島津家です。
そしてちょうど年頃の合う姫ということで、島津家の分家から本家島津斉彬の養女となった篤姫が選ばれました。

家定の死去により、結婚生活は2年にも満たない短きものながら、その後の篤姫の行動から察する、彼女が御台所としてのプライドを強く持っていたことはわかります。

それが家定への愛情からくるものなのか。
島津家で受けた教育によるものなのか。

本人のみぞ知るところです。

 

○十四代・家茂の場合

これまた有名な、和宮親子内親王が御台所です。

ときの情勢による完全な政略結婚でしたが、同い年だったこと、徳川家茂和宮を重んじ、たびたび贈り物をするなど努力したことで、仲の良い夫婦になったといわれていますね。

残念ながら、やはり家茂が病弱だったために早く亡くなってしまい、夫婦だったのは4年程度と短いものでした。

和宮と徳川家茂は政略結婚でもラブラブだった⁉ 二人を天国で結ばせて

明 ...

続きを見る

 

○十五代・慶喜の場合

一条美賀子が正室なのですが、御台所と呼ぶべきかどうかはビミョーなところです。
というのも、徳川慶喜も美賀子も、一度も大奥に入っていないのです。

慶喜が将軍になる前に娘を産んだことがありましたが、その後は幕末のドタバタのせいで同居すらできず仕舞い。
再び一緒に住めるようになったのは明治二年(1869年)のことでした。

ただし、その後も慶喜は側室から生まれた子供も美賀子所生扱いにしているので、正室を一定以上敬う気持ちはあったと思われます。

美賀子自身が妊娠することはありませんでしたが、彼女は公家の姫の例に漏れず、体が弱いほうでした。
もともと子供ができにくかったような気もします。

大雑把に分けると、「七代以前の御台所は不遇をかこった者が多く、八代以降は比較的敬意を払われていた」という感じでしょうか。

では。
次に見てみたいのが、御台所に仕えるその他の女性たち。

一体、どんな仕事をしていたのでしょうか。

 

側室候補の「御中臈」になるのは家柄を問われる

江戸城の表(役所)と同じように、大奥にもさまざまなお役目がありました。
しかし、出世すれば側室になれるというわけではありません。

側室候補となる「御中臈(おちゅうろう)」になるためのコースはごく限られていて、他の仕事は役人としての出世は望めても、将軍の寵愛を受けることはなかったのです。

便宜上、前者を「側室コース」、後者を「役人コース」と呼びましょうか。

まずは家柄

側室コースに入るためには、まず家柄が第一です。

綱吉以前の時代は、かなり身分の低い者でも、将軍が気に入りさえすれば側室になれましたが、以降の時代はそうもいきません。

「実家が代々旗本で、奉行などの役目についていること」
が側室コースにおける暗黙の了解でした。

次にコネ(ツテ)

運良く良い家に生まれた後は、大奥に親戚がいるかどうかがポイントになります。
表の老中にあたる「御年寄」と呼ばれる女性の部屋子として、大奥に入ることができるからです。

「部屋子」とは女中扱いではなく、御年寄が面倒を見ているお姫様という扱いです。
もちろん、「将来この娘が側室になる資格があるかどうか」という見極めもされたことでしょう。

美貌や教養などが合格レベルとみなされると、部屋子から御中臈に昇進し、御台所か将軍の世話係を務めるようになります。
基本的には将軍付きの御中臈から側室を選びますが、将軍が御台所付きの御中臈を気に入った場合は、将軍付きに配置換えをした上でお手付きとなり、側室となっていきました。

こういった理由があるので、綱吉の御台所・煕子が自分のお眼鏡にかなった女性を側室に推挙する、というようなことが起きるわけです。
自分が推挙した者が将軍のお気に入りとなり、もし世継ぎを産むことができれば、推挙した側の権威も高くなりますからね。

身分が低くても

側室コースの例外として、もっと低い身分の女中が直接将軍の目に留まることもありました。

大奥にはやはり表と同じように、将軍にお目見えできる身分とできない身分があり、前者の場合は御中臈になる前から気に入られることもなくはなかったのです。
その場合も、まずは身分を御中臈にしてから将軍の御前に出ていました。

 

大奥女性のほとんどは役人コース(御右筆や呉服の間など)

役人コースは、大奥の女性のほとんどが該当します。

わかりやすいのは、日記や書状を認める「御右筆」や、将軍・御台所の衣装を仕立てる「呉服の間」でしょうか。
これらは完全に専門職で、御右筆頭や呉服の間頭として出世することはあっても、側室候補になることはありませんでした。

また、さまざまな意味で重要だった役職が「御錠口」です。

大奥は将軍の普段の生活の場である中奥と廊下でつながっていたのですが、そこには錠前がつけられており、みだりに出入りすることはできませんでした。

この錠前のところで、出入りする者を検分するのが御錠口の役目です。
今で言えば警備員でしょうかね。

大奥最高の権力者である御年寄になるためには、形式的にでも御錠口を経験する必要がありました。最後の大奥御年寄・瀧山も、数日だけ御錠口を務めたといいます。

その他、雑用係や調理人など細々した役職がたくさんありましたが、現在の平社員とは違い、一番下の者でも、さらに召使いを雇うことができました。

二昔前くらいに「大奥美女三千人」という言い回しが流行りましたよね。
あれは、この下っ端の召使までを含めた人数に相当します。大奥の全ての女性が将軍にお目見えできたわけでも、将軍が手を付けていいわけでもなかったのです。

ついでにいえば、全員が美女だったわけでもありません。
大名家でも「器量の悪い者は嫁に行けずに苦労するだろうから、奥勤めをして生活が立ち行くようにせよ」といった考えはありました。ヒドイのか優しいのかビミョーなところですね。

 

大奥なのにオトコも働いていた!?

意外なことに、大奥のために働く男性もいました。

女性ばかりの空間ですので、基本的には力仕事も女性が行います。
しかし、やはり限界というものがありますので、見張り役をつけた状態で下男が大奥の仕事を手伝うこともあったのです。

彼らは大奥長局(ほとんどの女中が暮らす建物)と御殿向(御台所の居住空間)の中間あたりにあった「御広敷」という場所で暮らしており、大奥から呼ばれればすぐ働けるようにしていました。

といっても、応対するのは「御表使(おんおもてづかい)」という役目の女性だけでしたが。

これはやはり、男女のアレコレを防ぐためのものでしょうね。

江戸時代中期以降、「大奥の女中が外出した際にスキャンダルを起こす」ことがままありましたが、逆にいえば城中で「そういう関係」になれないからこそ、城外で羽目を外していたわけです。

 

衣装化粧代の他に薪・炭・油に家政婦代も

さて、最後にお金の話にも触れましょうか。

「江戸幕府が傾いたのは、大奥に金がかかりすぎたからだ」なんて言われることもありますよね。
実際にはどのくらいの給料が支払われていたのでしょうか。

実は、基本給はそれほど高くはありません。
大奥の人件費がかさんだ一番の理由は、あまりにも手当が厚かったからです。

大奥の女性には、衣装・化粧代や、個人的な使用人を雇う費用、薪・炭・油といった生活必需品も支給されました。

現物支給もあったので換算は難しいところです。
が、現代にムリヤリ置き換えるとすると、
・基本給
・服代
・化粧代
・水道光熱費
・家政婦を何人か雇えるお金
と言ったお金が支払われたという感じでしょうか。
ずいぶんリッチな暮らしができそうですよね。

また、将軍や御台所によっては下賜金を与えたり、御台所のお古の着物をもらったりすることもあったようです。これは不定期のボーナスですかね。

当然、身分が上がるほど基本給も手当も増えていきます。

 

どんぶり勘定の退職金が大きかったが……

さらに大奥の費用がかさんでいった理由は、退職後の女性にも一生給料が支払われていたからです。
退職金を一度にポンと渡すのではなく、一生定期的に給料・手当を出していれば、そりゃ経費がかさんでいきますよね。

しかも、現代のように後から経費として精算するのではなく、予め「この役職ならこれくらい必要だろう」という大雑把な見積もりで支払われていたので、元々の設定がかなりの高額でした。

こういった理由で、大奥の費用は莫大なものとなっていったのです。
乱暴に言えば「どんぶり勘定過ぎて経営が危なくなった」ことになります。

さすがに幕末は見直しが図られ、老中・阿部正弘が「ごめん年金払えなくなった」(超訳)として、退職後の給料はとりやめています。

こんな感じで、大奥は「生活上の制限はありながら、能力に長けた女性なら良い暮らしができる」場所でもありました。

御台所や側室になるのは無理にしても、「よく知らない相手と結婚させられるよりは、大奥でお勤めして良い暮らしができるほうがいいわ」と思っていた人も結構いたんじゃないか……という気がしてきますね。

長月 七紀・記

【参考】
面白いほどわかる大奥のすべて―江戸城の女性たちは、どのような人生を送っていたのか(→amazon link)
大奥学事始め―女のネットワークと力(→amazon link)

 

 

 



-江戸時代
-,

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.