源平

平滋子(清盛の義妹)が皇室にも血を残す! ただし兄貴は驕れる炎上男

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
平滋子
をクリックお願いします。

 

兄貴「八咫鏡を取り返してきましたぁあああ!」

彼女のこの性格は、後々実家に恩恵をもたらします。

滋子自身は35歳で亡くなってしまったのですけども、その後の【源平の戦い】で平氏(清盛の血筋=武門平氏)が負けて滅びたとき、滋子の実家である堂上平氏は残されたのです。

滋子がふんぞり返らなかったこともそうですし、お父さんの時信や弟の親宗が争いを好まなかったので、時忠以外の人はマトモな一族だったようで。

ちなみに時忠もちゃっかり生き残っています。でも、その経緯がカッコ悪い……。

「平氏がパクってた八咫鏡(※三種の神器の一つ)を取り返してきたので許してもらえますよね! 当然ですよね!!」(超訳)

というものでした。
なんだかなぁ……(´・ω・`)

また、滋子の孫である安徳天皇は【壇ノ浦の戦い】で入水させられてしまいましたが、もう一人の孫である後鳥羽天皇が即位、その後の皇統は彼女の血を引く人物が継いでいきます。

6歳の幼さで壇ノ浦に沈んだ安徳天皇~清盛と頼朝に振り回された生涯とは

続きを見る

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)は知られざる武闘派! 菊の御紋を使い幕府と戦うも

続きを見る

開戦、壇ノ浦の戦い! 源氏 vs 平家の最終決戦はいかにして行われたか

続きを見る

最終的な勝者というのも妙な言い方になりますが、「お家を残す」ことを基準として考えると、滋子はまさにそれを成し遂げた女性ということになりますかね。

 

卑下しすぎのも傲慢になるのも良くない

一時の寵愛や権力に溺れず振りかざさずに生きた滋子の考え方を表す、こんな発言も記録されています。

「女性は男性の言うなりにならなければいけないかのようにいわれているけれど、自分の考えをしっかり持って行動することが大事だと思うのです。卑下しすぎるのも傲慢になるのも良くないですし、身の程をわきまえていれば、そのうちいいこともあるものです」(超訳)

これ、当時だけでなく現代も、そして女性だけでなく男性も心がけるといいんじゃないでしょうか。

「いいこと」を期待しすぎるとアテが外れるかもしれませんけども、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」なんて言葉もありますしね。

あわせて読みたい関連記事

桓武平氏とその他の平氏 盛り上がったのは将門&清盛の伊勢平氏だけ?

続きを見る

大天狗と称された後白河天皇(後白河法皇)若かりし頃を振り返ってみる

続きを見る

平清盛が平安末期に絶大な権力を握れたのはナゼ?院政と合わせて確認だ

続きを見る

6歳の幼さで壇ノ浦に沈んだ安徳天皇~清盛と頼朝に振り回された生涯とは

続きを見る

後鳥羽上皇(後鳥羽天皇)は知られざる武闘派! 菊の御紋を使い幕府と戦うも

続きを見る

開戦、壇ノ浦の戦い! 源氏 vs 平家の最終決戦はいかにして行われたか

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
『女系図でみる驚きの日本史(新潮新書)』(→amazon
平滋子/wikipedia

TOPページへ

 



-源平
-,

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)