藤原為時

飛鳥・奈良・平安 光る君へ

藤原為時は紫式部の父で何をした?式部丞蔵人とは?光る君へ岸谷五朗

たとえ紫式部の名前を知ってはいても。

その父となると、かなりの歴史好きや『源氏物語』ファンでないとわからない。

今年、その状況がガラリと変わりました。

大河ドラマ『光る君へ』で岸谷五朗さんが藤原為時を演じているからです。

難関大学の日本史テストでも絶対に出てくることのない「藤原為時」こそ紫式部の父であり、劇中でも第1話から非常に重要なポジションに就いている。

この藤原為時、史実では一体どんな人物だったか?

その生涯を振り返ってみましょう。

※以下は紫式部の生涯まとめ記事となります

紫式部
紫式部は道長とどんな関係を築いていた?日記から見る素顔と生涯とは

続きを見る

 


師貞親王(花山天皇)の副侍読に

藤原為時は、有力者を多数輩出した藤原北家の流れを汲んでいます。

しかし、決して身分の高い生まれではない。

生没年も明確ではなく、最初の官職も蔵人所の雑色(雑用係)というものだったとか。

雑色から蔵人(天皇の身の回りの世話係)に進む人が多いのは確かですが、為時の本領を発揮する場所ではなかったのでしょう。

なぜなら為時は漢詩の才に恵まれ、菅原文時という人に師事する文章生という経歴の持ち主でした。

文章生とは紀伝道(中国史を中心とした歴史)を学んだ学生のことですので、為時は「学者兼詩人」といったイメージが近いのかもしれません。

偉い人達のおぼえは悪くなかったようで、貞元二年(977年)には当時の東宮・師貞親王(のちの花山天皇)の御読書始において、副侍読を務めました。

「御読書始」というのは書いて字のごとく、高貴な生まれの子弟が初めて書を読む=学習を始める儀式のことです。

侍読はその先生役ですから、現代でいえば、担任が侍読で副担任が副侍読という感じですかね。

大河ドラマ『光る君へ』では、段田安則さん演じる藤原兼家のスパイとして東宮・師貞親王(のちの花山天皇)のもとへ送り込まれていましたが、あれは創作。

藤原兼家
藤原兼家(道長の父)の権力に固執した生涯62年~光る君へ段田安則

続きを見る

史実の為時は、要所要所でエライ人に接する機会を得つつも、実際の官位はさほど上がらない状況が続きました。

しかし、師貞親王が即位して花山天皇となると、運命が好転し始めます。

 


“式部”丞・六位蔵人の官職

藤原為時の運命はどう好転したのか?

花山天皇の即位により、その外叔父となった藤原義懐(よしちか)。

この義懐に引き立てられ、為時は式部丞・六位蔵人の官職を受けることとなります。

式部丞は式部省という役所の役人で、後に紫式部の女房名になりますね。

ちなみに紫式部の「紫」は源氏物語の紫の上からきているとされ、女房になった当初は「藤式部」と呼ばれていたそうです。

官位と位階
モヤッとする位階と官位の仕組み 正一位とか従四位ってどんな意味?

続きを見る

六位蔵人は、蔵人の中でも毎日天皇の側に仕える役目であり、天皇の側近とみなされました。

ここでもやはり為時は出世の緒をつかんでいたといえるのですが……。

程なくして政変が勃発、花山天皇が電撃的な退位をするのです。

詳細は以下の記事に譲り、

『光る君へ』で異彩を放つ花山天皇は即位後に実際何をしたのか?

続きを見る

端的に説明しますと。

藤原道兼が、花山天皇を騙して急遽出家させたのです。

道兼とは、大河ドラマ『光る君へ』でまひろ(紫式部)の母を背後から刺殺した藤原兼家の息子であり、三郎こと藤原道長の兄ですね。

その余波を受けた為時も官職を失い、以降10年ほど不遇を強いられました。

※続きは【次のページへ】をclick!


次のページへ >



-飛鳥・奈良・平安, 光る君へ
-

×