近年では足利直義説も囁かれる源頼朝肖像画/wikipediaより引用

鎌倉・室町

奥州総奉行が設置されたのはナゼ? 鎮西奉行・京都守護と合わせて確認だ

「Iターン」とは都市部の人が、地方へ移住することです。

近年生まれた概念のように思えますが、実は歴史上、これとよく似た場面はしばしば登場するのですが、ご想像つきますでしょうか……。

文治五年(1189年)9月22日は、葛西清重奥州総奉行に任じられたとされる日です。

清重本人については以下の記事にて触れています。

頼朝に逆らい許された名将・葛西清重! 奥州総奉行を任ぜられる

続きを見る

ですので今回は、東北の中世史には欠かせない【奥州総奉行】や、これに類する役職に注目してみましょう。

 

奥州総奉行が設置された目的は2つある

最近では歴史の授業でも注目度の高い元暦二年(1185年)。

この年、源頼朝は、弟の義経追捕を理由に各地へ守護地頭を設置していました。

葛西清重が任命される4年前のことになりますね。

守護地頭の役割や違いがバッチリわかる! なぜ頼朝は設置したのか?

続きを見る

こうして守護地頭が設置されている状況に加えて、更に奥州総奉行ができたのはナゼか?

理由が2つあると考えられます。

キーポイントは奥州総奉行の拠点。そう、そこは平泉でした。

一つ目の設置理由は、この直前まで平泉で繁栄し、そして頼朝に滅ぼされた奥州藤原氏の再興の芽を完全に摘むこと。

後年の尼子家と山中鹿介などの例を見るとわかりますように

「一度、滅びたと思った家がドコからか血縁者を担ぎ出し復帰を試みる」

と言うのは歴史上お馴染みの光景です。

山中鹿介(山中幸盛)は戦国一の忠義者! 七難八苦に立ち向かった生涯とは

続きを見る

そもそも頼朝も一度は殺されかけて助命され、東国へ流されてから復活したという流れです。

奥州藤原氏の場合、最後の当主・藤原泰衡とその兄弟である国衡・忠衡は討ち死になどによってこの世を去っていましたが、その血縁者を名乗る者がいつ現れるとも限りません。

これを防ぐためには、一族の根絶やしと本拠地の確保が欠かせません。

奥州藤原氏と藤原泰衡の滅亡ストーリー 裏切り裏切られドタバタの末に

続きを見る

 

平泉は、東北で数少ない都市機能を持った場所

もう一つは、平泉が当時の東北で数少ない【十分な都市機能を持った場所】だったことです。

この時代、大都市と呼べる場所はそう多くありません。

京都から離れれば離れるほど、その傾向は強まります。

源義経追捕という喫緊の目的がある状況で、拠点を新たに作るというのは悠長に過ぎる話ですよね。

だったら、そこを使った方が話は早い。

ゆえに、もしも義経が奥州ではなく違う場所に潜んだり、平泉が衰退していたら、奥州総奉行の立ち位置は全く違うものになっていたかもしれません。

源義経31年の儚き生涯まとめ! 兄・頼朝とすれ違い続けた悲しき英雄とは

続きを見る

といっても、イキナリでなんですが、その後「奥州総奉行」の名はしばらく歴史の表舞台から消えてしまいます。

当初の目的が義経討伐だったせいで、それが済んだ後は「後任者の必要なし」とみなされたのでしょうか。

そのためか、“葛西氏が先祖の事跡を誇るために、後世になってから言い出した役職である”とみなす説もあるようです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-鎌倉・室町
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.