千早城の戦い

千早城内で藁人形を作っている様子の描かれた『大楠公一代絵巻』/wikipediaより引用

鎌倉・室町

千早城の戦いで正成の戦術炸裂! 寡兵の楠木軍が幕府の大軍に快勝す

古今東西、著名な武将には、何かしら後世に知られた合戦がありますよね。

源義経であれば一ノ谷(奇襲)や壇ノ浦(八艘飛び)。

織田信長なら桶狭間の戦い長篠の戦い

徳川家康だったら三方ヶ原の戦いと関ヶ原の戦いあたりでしょうか。

では楠木正成の場合は?

元弘三年(1333年)の閏2月5日に始まった【千早城の戦い】ではないでしょうか。

残念ながら歴史ファン以外での知名度は低いですが、この戦いは前後を含めて見ると大変興味深いものです。

早速、確認して参りましょう。

 

赤坂城と千早城

千早城は、山城です。

場所は大阪(現在の南河内郡)。城の麓から同城に至るまでの間には、赤坂城という別の城がありました。

赤坂城はさらに上と下の二つに分かれており、山全体で捉えると、正成の城が三つあったことになります。

この時代まだ天守閣はありませんので、イメージ的には砦のほうが近いですけどね。

河内千破城図(湊川神社蔵)/wikipediaより引用

最初は下赤坂城で戦が始まりました。

正成一同はここでも約一月ほど戦いましたが、兵糧攻めにあったため持ちこたえることはできないと判断します。

しかしノコノコ出て行ったのでは首を刎ねられておしまいです。

そこで「楠木家は一家揃って自害した」と見せかけるために一計を案じました。

 

敵兵の遺体20~30と共に城を焼き

その方法は何か?

「立っている者は親でも使え」ならぬ「死んでいる者は敵でも使え」とばかりに、小競り合いで死んだ敵兵の遺体を20~30ほど集め、赤坂城ごと火にかけたのです。

当然、遺体は真っ黒焦げ。

後で城の中を検分した幕府軍は

「正成とその一族が自害し、火を放ったに違いない」

と一人合点して引き上げます。

しかし、翌年、正成は見事に復活(?)し、幕府軍の度肝を抜きます。

そして下赤坂城を奪い返しました。

以前の戦いで、ここは持ちこたえられないということはわかっていましたから、背後の千早城に移って再度幕府軍と戦う事にしたのです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-鎌倉・室町
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)