輪廻転生

北条泰時(左)と上総広常/国立国会図書館蔵(左)・wikipediaより引用

源平・鎌倉・室町

泰時は広常の生まれ変わり!? 輪廻転生を否定はしてない鎌倉殿の13人

大河ドラマ『鎌倉殿の13人』第26回放送で最期を迎えた源頼朝

死の直前は、なんとも穏やかな表情を浮かべ、人生を全うした感もありました。

それまで弟たちを死に追いやったり、有力御家人を排除したり、徹底して行った粛清を考えれば、自分だけ畳の上でゆっくりなんて理不尽! そんなツッコミを入れたくなったかもしれません。

しかし、です。

当時の死生観を鑑みた場合、果たして頼朝は幸せな死だったと言えるのか?

彼が望んだ死に様だったのか?

考えてみたいのが【輪廻転生】です。

死んだ者の魂が後世に生まれ変わり、また人の世で魂を研鑽する――輪廻転生とはおおよそそんな意味であり、いかにもスピリチュアル的な話だと思われるかもしれません。

しかし、舞台が中世であれば決して荒唐無稽とは言えない。

実際、ドラマの中でもそれを示唆するシーンはありました。

注目すべきは上総広常北条泰時です。

 

泰時は広常の生まれ変わり!?

御家人の中でも圧倒的な兵力と所領を持っていたせいか。

まだ平家との戦いは終わっていない寿永2年(1184年)12月20日、上総広常は、頼朝の命令により、突然、誅殺されました。

上総広常
史実の上総広常はすごろく中の景時に誅殺され 鎌倉殿の13人佐藤浩市

続きを見る

ドラマをご覧になられた方は、佐藤浩市さんの迫真の演技を忘れられずにいるでしょう。

双六の最中、中村獅童さん演じる梶原景時に突如斬られ、他の御家人たちが息を呑む中、もがきながら、言葉をつなぎながら、無念さを抱えたままに死んでいく――。

広常に声をかけられた義時は、思わず目を背け、力なく現実を受け止めるしかありません。

北条義時
史実の北条義時はドラマに負けず劣らず真っ黒?鎌倉殿の13人小栗旬

続きを見る

驚いたのはその後、自身の赤ん坊(金剛のちに北条泰時)が生まれたときのことです。

義時が我が子を抱いたとき、彼は思わず顔をしかめました。

ぶえい! ぶえい!

赤ちゃんの泣き声から聞こえた「ぶえい」とは上総広常が頼朝に向かって呼びかけていた「武衛」と重なる言葉。

このとき義時は何を思ったのか?

息子(北条泰時)はもしかしたら上総広常の生まれ変わり?

現代から見れば荒唐無稽と思われる輪廻転生について、脚本家の三谷氏も意識していたと記しています。

◆(三谷幸喜のありふれた生活:1083)広常と泰時、不思議な偶然(→link

北条泰時は生年のみ反映されていて、月日は不明。

その状況が活かされ、上総広常の死からほどなくして生まれる設定となったのです。

「ぶえい」と聞こえる泣き声は、スタッフがわざわざ見つけて使用したものでした。

『鎌倉殿の13人』では、他にも中世らしい信仰の場面が出てきています。

後白河法皇が夢枕に出る

阿野全成が占いをする

文覚が呪詛を行う

こうした彼等の行動は、何も三谷氏のおふざけではありません。

中世の日本人は輪廻転生などの仏教思想を真面目に信じていて、そのことが様々な場面で影響を与えていたものです。

「ぶえい」の演出は、あくまで匂わせる程度とはいえ、少なくとも『鎌倉殿の13人』の舞台では上総広常が北条泰時に転生したことを否定はしていません。

泰時は人格的に優れ、兄弟愛にも溢れていました。

史実の頼朝は、そんな泰時を可愛がっていました。

まだ十歳の泰時(当時は金剛)に佩剣を与えたこともあるほどで、もしも『鎌倉殿の13人』でそのシーンがあったら、自身が殺させた広常に大切な刀を与えるということですから、非常に皮肉な場面となったでしょう。

後に、第三代執権となった泰時は、御家人たちが読みやすいように工夫した『御成敗式目』を定め、彼等に秩序を与えました。

北条泰時
義時の嫡男・北条泰時って史実でどんな人?鎌倉殿の13人坂口健太郎

続きを見る

頼朝が成し遂げられなかった法と信頼による統治です。

それを上総広常の生まれ変わりが実行していたら?

戦うばかりで満足に文字を書くことができなかった広常。

梶原景時に背中を斬られ、言いたいことも満足に言えず亡くなってしまった無念さも、少しは晴れるというものではないですか。

 

怨霊を本気で恐れた頼朝

いかがでしょう?

あの衝撃的だった上総広常の死に様。

それが泰時に生まれ変わって活躍していた……そう考えることができたら、心が安らぎ、少しはショックが和らぎませんか?

これが輪廻転生の役目かもしれません。

当時の武士たちは、我々視聴者が受ける以上の心理的衝撃を抱え込み、生きていました。

他ならぬ源頼朝もその一人。

鎌倉に幕府を拓くとき、頼朝にはこんな思いがありました。

怨霊対策を万全にした都作りを――。

頼朝と義経の対立
義経はなぜ頼朝に排除された?軽視はできない怨霊対策 鎌倉殿の13人

続きを見る

『鎌倉殿の13人』では、阿野全成が都市計画において風水の助言をしています。

ドラマの描写とはいえ史実を基にしていて、鎌倉は怨霊対策を万全にしたレイアウトと施設を備えるように設計されました。

阿野全成
なぜ阿野全成の占いは頼朝に重宝されるのか?鎌倉殿の13人新納慎也

続きを見る

単に信心深いということだけではなく、怨霊を恐れる心があったからです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-源平・鎌倉・室町
-