まんが日本史ブギウギ 武田・上杉家

まんが日本史ブギウギ163~もはや合戦に非ず!獲物の如く狩られる猛者たち

戦国時代の戦い方を変えた――として知られる長篠の戦い

実は

・長篠城での攻防
からの
・設楽ヶ原の戦い

という流れであり、そもそもは武田軍が国境の城へ攻め込んだことから始まりました。

軍を率いた武田勝頼も、当初は想像してなかったでしょう。

精強を誇る騎馬軍団が、織田徳川連合軍を相手に一方的に嬲り殺される展開。

いかにして悪夢へ突入していったのか、マンガ「日本史ブギウギ」第163話スタート!

 

お好きな項目に飛べる目次

作戦会議

忠勝こと本多忠勝と言えば、戦国最強と讃えられる武将ですね。

本多忠勝の生涯と5つの最強エピソード!年表付【徳川四天王 壱之太刀】

続きを見る

鹿角をあしらった兜に肩から下げた数珠が凄まじい迫力。

そして忘れていけないのは【蜻蛉切】でしょう。

穂先に止まったトンボが真っ二つに斬れてしまったから――という由来から命名された忠勝の愛槍が徳川家康の命を守ってきました。

天下三名槍の一つ「蜻蛉切」戦国最強武将・忠勝に愛された切れ味とは

続きを見る

徳川家康(松平元康)が直面した3度の絶体絶命!75年の生涯まとめ【年表付】

続きを見る

 

馬防柵

◆信長も恐れていた武田の騎馬隊。

最大の持ち味はスピードであり、それを封じてしまえば威力は確かに半減以下となりましょう。

問題は、自軍も動けなくなってしまうことですが……。

 

ニュースタイル

◆長篠の戦いで用いられたのは「3,000丁」の鉄砲で「三段撃ち」が使われた。

歴史の授業ではそう習いがちですが、『信長公記』では1500丁だったと記されておりますね。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ, 武田・上杉家

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.