唐獅子図屏風

週刊武春 文化人

狩野永徳48年の軌跡「天下一絵師」への道は険しく、時に命も賭してこそ

更新日:

コチラの絵、どこかでご覧になられた記憶はございませんか?

縦2.2メートル、横4.5メートル。
画面中央に大きく描かれた二頭の獅子が、悠然と歩む姿は威厳に満ち、風に靡く鬣や尾は、まるで黒い炎や湧きたつ入道雲のよう。

ご存知『唐獅子図屏風』――作者は狩野永徳で、絵自体は現在、皇室の所有となっています。

こんな壮大な世界を描く狩野永徳とは?
織田信長豊臣秀吉という天下人に仕えた胆力とは?
あるいは、日頃の素顔とは?

気になったことはありませんか。
本稿では、戦乱の世を絵筆一本で生き抜き、ついには「天下一の絵師」へと登りつめるに至った狩野永徳47年の生涯をお送りしたいと思います。

自らが創出したスタイル「大画様式」でもって、当時の美術界を大きくリードしました。

 

「狩野家のホープ」9歳で将軍に拝謁する

狩野永徳は1543年1月13日、京で生まれました。

名は源四郎、は州信(くにのぶ)
一般に知られている「永徳」という名前は法号にあたります。

永徳の名が偉大すぎるせいか。
狩野家も彼から始まったイメージがあるかもしれませんが、違います。

狩野家は15世紀、8代将軍足利義政(銀閣を建てた人)に御用絵師として仕えた狩野正信にはじまる絵師の家系です。
この血族を主軸とする絵師の専門家集団が「狩野派」と言います。

狩野家初代正信の曾孫で、4代目にあたる永徳は、つまりは血筋にも環境にも恵まれたサラブレッドだったのですね。
祖父に当る2代目元信からも、次代を担うホープとして可愛がられ、9歳の時には、彼に連れられて将軍足利義輝にも拝謁しました。

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝/wikipediaより引用

少年にとっては身がしまる思いだったでしょう。
大人たちの中に交って、緊張すると同時に、彼らと同列に扱ってもらえることに誇らしさも感じたのではないでしょうか。

また、将軍の御用絵師になった曽祖父の話を思い出して、「いつかは自分も…」と、胸を膨らませていたかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

傑作『洛中洛外図』屏風の誕生

将軍拝謁の後も、順調に修行とキャリアを重ねていった永徳。
23歳の時、ついに将軍義輝から、注文を受けます。

世に名高い『洛中洛外図屏風』(上杉本)。
義輝は、越後の上杉謙信へ贈るつもりでした。

『洛中洛外図屏風 左隻(させき)』(1565年・米沢市上杉博物館)/wikipediaより引用

洛中洛外図とは、京の町の景観を上から見下ろすように描き出した【二隻一双】からなる屏風です。

『洛中洛外図屏風 右隻(うせき)』(1565年・米沢市上杉博物館)/wikipediaより引用

祇園祭の山鉾巡行や、天皇の住まう内裏など。
京ならではの風俗や名所が描きこまれた、絵による百科事典と言っても良いでしょう。

実際に、当時の生活風景やイベントなどがいくつか描かれておりまして。
例を挙げますね。

こちらが闘鶏で

闘鶏のシーン(洛中洛外図屏風 右隻)

こちらが祇園会の場面となります。

祇園会の様子(洛中洛外図屏風 右隻)

全体に広がっている「金の霞」は【すやり霞】と呼ばれる日本伝統「やまと絵」の技法の一つです。
画面を区切ったり、遠近感を出す役割を担っております。

何と言っても、特筆すべきは描きこまれた人数でしょう。

その数なんと2500人近く!
一人一人の大きさはわずか数センチメートルしかありません。想像するだけでも、目が痛くなりそうですね。

もちろんこれらを全て一人で描いていては日が暮れてしまいます。

永徳が基本的な構図や配置を考え、その指示のもと、門人たちが実際の作業にあたったと考えられています。
言い換えれば、この屏風に「当時の狩野派の全て」が結集されているのです。

残念ながら、義輝本人は、完成した屏風を見ることはできません。
1565年、松永久秀らに襲われ、壮絶な最期を遂げたのです。

屏風が完成したのは、それから約3カ月後のこと。
事件から9年経った1574年、狩野派の新たなパトロンとなった織田信長により、改めて謙信へと贈られたのです。

 

信長との出会いと新スタイル「大画様式」

狩野宗秀、<紙本著色織田信長像>(部分)、16世紀、長興寺

狩野永徳と織田信長との出会いがいつ、どのようなものだったのかは正確にはわかっていません。
一説には、そのきっかけを作ったのは、先の『洛中洛外図』屏風だったとも言われています。

尾張半国からスタート。
今川氏や斎藤氏などの強敵を打ち破り、今や天下を手にせんとする信長との出会いは、永徳にとって、大きな刺激であり、ターニング・ポイントともなりました。
彼は、これまでにない新たなスタイル「大画様式」を生み出すのです。

それが先にも挙げた『唐獅子図屏風』ですね。

唐獅子図屏風/wikipediaより引用

サイズは224.0×453.5cm。
「大画様式」とは文字通り、大きな画面の中に樹や動物などのメインモチーフを大きく描き出すもので、画面の残りは余白として残したり、あるいは金で塗りつぶします。

こうする事でメインモチーフの存在感が際立ち、画面から飛び出さんばかりの迫力と力強さが出現!
シンプルで力強く、豪華な画面は見る者を圧倒し、まさに織田信長が作ろうとする新たな時代にふさわしいものでした。

1576年、安土城の築城が始まると、永徳もお抱え絵師として安土に移り住みます。
そこで彼を待っていたのは、城の内部を飾る100枚もの障壁画制作でした。

言わば絵筆を介した織田信長との真剣勝負でもあります。

死を賭した――とは冗談でもなんでもありません。
万が一、信長が絵画を気に入らなければ、何か別の理由で死を賜ることも大いにありえたからです。

そんな事態に備え、永徳は安土移住前に、弟へ家督を譲り、別家を立てさせていました。

パトロンと画家、あるいはライバル――個性の強い人物たちのぶつかり合いは、しばしばその時代を代表する傑作を生み出します。

記録によると、永徳が3年の歳月をかけ、心血注ぎ込んで制作した安土の作品群100枚は、儒教や仏教などの宗教を主題としたもの、大樹、龍や虎、鳳凰などあらゆるモチーフが、金地の上に濃厚な色彩で描き出されていました。

残っていたら、同時代そして後の世代にどれほどの影響を与えたでしょうか。

しかし、それはまさしく夢幻の如くなり。
1582年、本能寺の変で織田信長が討たれると、程なくして安土城も燃え、永徳の手がけた作品群も焼け落ちてしまいました。まるで信長の後を追うかのように。

 

スポンサーリンク

新たなパトロン秀吉のもとでも飛翔

引き立ててくれるパトロン。
そして、我が子とも言うべき作品たち。
これらを失ったことは、永徳をどれほど打ちのめしたでしょう。

100枚にも及ぶ力作を焼失した永徳ですが、しかし、心は折れませんでした。

彼は、信長の後継となった豊臣秀吉に仕えます。
そして大坂城、聚楽第など、豪華な建造物のために障壁画を描いていくのです。

さらには秀吉に倣い、他の大名たちも、永徳に注文を寄せるようになりました。

天下人秀吉を筆頭に、重鎮たちのために絵筆をふるう――まさに「天下一の絵師」となったのです。

『檜図屏風』170.3×460.5㎝/wikipediaより引用

しかし、大量の注文を捌くべく、「昼もなく夜もなく」描き続ける日々は、彼の心身を容赦なく削りました。
さらには「天下一」の地位を狙う存在も、迫ってきます。

その名は長谷川等伯

『松に草花図』1592年智積院/wikipediaより引用

北陸出身の絵師で、一時期は狩野派の門下にもいた事があるとも言われる、当代きっての絵師でした。




スポンサーリンク


※続きは次ページへ

次のページへ >



-週刊武春, 文化人

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.