歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

動画配信サービス 武者震之助の歴史映画レビュー

映画『PROMISE 無極』は大山鳴動して饅頭一個!? でも憎めないトンデモ映画の力作なり

更新日:

私はトンデモ歴史モノが大好きです。
しかし、残念なことに数はあまり多くありませんので、敢えて範囲を広げて似たようなものを捜索するのもひとつの手だと思っています。

そんな中でも、絶対に注目したいのが中国の巨匠と呼ばれる映画監督でして。

かつて小市民の悲哀を悲喜劇的に、しっとりと撮影していた監督。
あるいは黒社会映画を撮影していた監督。
そんな彼らが、有り余る巨額の制作費とイマジネーションと中国人民解放軍のエキストラを大量投入して作る満漢全席のような超大作!

こうした映画はトンデモ映画として素晴らしい出来を見せることがしばしばあるからです。

歴史娯楽大作として見応え十分な『レッドクリフ』。
ゲテモノのようで実は真面目な『グレートウォール』。
様々なトンデモ傑作がある中で、今回その頂点に位置する作品として紹介したいのが、本作です。

これぞトンデモ映画の中の王者です。

PROMISE 無極/amazonより

基本DATA info
タイトル 『PROMISE 無極』
原題 無極
制作年 2005
制作国 中国、アメリカ、韓国
舞台 古代中国をモチーフとした歴史的なファンタジー(叙事詩的映画)
時代 三千年前の未来
主な出演者 セシリア・チャン、ニコラス・ツェー、チャン・ドンゴン、真田広之、リウ・イェ
史実再現度 叙事詩的映画なのでなし
特徴 究極の映像美により繰り広げられる「饅頭こわい」

 

あらすじ 一個の饅頭がもたらした悲劇

昔むかし、ある国でのこと。
戦乱に巻き込まれた幼い少女がいました。

少女は戦場の屍から装備や食料を奪い、生き延びようとしています。
屍の手から饅頭を奪い、また靴を奪おうとした時、少女は木に仕掛けてあった罠に引っかかってしまうのでした。

するとそこへ、高貴な少年が現れて少女をあざわらいました。
饅頭を取り上げて、高慢そうに彼はこう言います。

「俺の家来になるなら、助けてやる」
少女は家来になると言いました。

少年に助けられた少女は、少年の被っている美しい兜を見せて欲しいと頼みました。得意満面の少年は、兜を脱いで渡します。
すると少女は兜で少年を殴りつけ、饅頭を奪いそのまま逃げ去るのでした。

「信じていたのに……俺の饅頭」
少年は悔しがりました。少女は走りながら湖に饅頭を落としてしまいました。

空腹のあまり途方に暮れる少女の前に、美しい女神・満神が現れました。

「お前には 美貌、寵愛、富、栄誉を与えましょう。しかし、真実の愛だけは手に入りません。それでもよいですか?」

少女はうなずきました。

時は流れて二十年後。
饅頭を落とし、女神の籠を得た少女「傾城」。
饅頭を奪われたせいで何もかも信じられなくなった男「無歓」。彼らの運命が大きく動き出す。

たった一個の饅頭が、あんなことになるなんて。

 

スポンサーリンク

壮大な映像スケールから繰り出される、ショボいオチ

さて、紹介すると言っておいて何なのですが。どこから始めたらよいのかわからなくなってきました。
実のところ私はこの映画が好きではあるのですが、理解に苦しんでいるからです。

プロットはそう……監督が見た「夢」をそのまんま映像化したようで、全然難解ではないにも関わらず、「まったくわからん」とさじを投げたくなるようなものなのです。

ただ発端とオチははっきりしていて、要するに饅頭が悪いのです。

いや、真面目に分析しますと
「真実の愛が得られないのであれば、美貌、寵愛、富、栄誉を得たところで虚し」
という寓話ですね。
そのことを語るために、二時間が費やされるのです。それを言いたいがために、これだけのダイナミックな映像を見せられるのかと思うと、これは凄いことではないかと思わされます。

壮大な映像スケールから繰り出される、ショボいオチ。
美しい場面から展開される、どうしようもない痴話喧嘩。

大山鳴動して鼠一匹という言葉を、これほどまでに再現した作品はそうはないことでしょう。

 

「思ったことをそのまま映像化」しているのが凄い!

前述の通り、本作は監督の見た夢をそのまま映像化したような作品です。
この映像がうっとりするほど美しく、大迫力であるため、これが大きな見所と言えます。

確かに美しい。
それ以上に、本作が凄いのが「思いついてもそれを映像化しないだろう」というシロモノが次から次へと展開されるところです。

例えばヒロイン傾城が、無歓に捕らわれてしまう場面。
まるで「籠の中の鳥」のようだと表現するために、本当に巨大な鳥籠の中にヒロインが閉じ込められてしまうのです。
このために鳥籠をわざわざ作ったのかよ、無歓!

「それは比喩的なものであり、そのままやれとは言ってない……」
そう唖然としていると、傾城は救出されます。

彼女を救出した崑崙のもとで、彼女は空を飛ぶ鳥のように解放された気持ちになっています。その場面を表現するために、傾城は人間凧のように飛んでいます。人間凧のつながったロープを持って、崑崙は走っています。しかし傾城は羽根飾りだらけの服は着ているものの、グライダー状のものや凧にくくりつけられているわけではありません。

何故、それなのに飛ぶのか。
そこは深く考えずに、感動するか笑い転げて欲しいところです。

しかもこのあと、崑崙の引っ張っていたロープが切断されて、傾城はあらぬ方向に吹っ飛んでいってしまう。
こうした映像は、『トレインスポッティング』で主人公が見る麻薬による幻影よりもシュールです。

他にも獣のように四本脚で走っていた奴隷の崑崙が、自我に目覚めると二本脚で走るようになるとか。
人を自分の指で指ささないほど傲慢という設定の無歓が、マジックハンドみたいな棒を持ち歩いていたりとか。

本作の衣装デザインは、美麗な武将絵で有名な、イラストレーターの正子公也さんが担当しています。
あの華麗なデザインをそのまま映像化するのはある意味凄いことなのですが、二次元の絵であれば不自然でなくとも、映画で出てくるとシュールな部分もありまして。特に小柄な真田広之さんが着用する鎧は、ちょっとバランスが悪く見えてしまって、これまた不思議な印象を残しています。
「動く正子絵」を見る機会は貴重ではあるのですが。

ともかく、二時間にわたって「これを映像化するのはどういうことなんだ」と唖然とする場面の連続。本作を見ていて退屈するということはまずありません。

そんな美麗で壮大でシュールな映像で描く中身が「真実の愛は大事」「饅頭こわい」でしかないため、「一体何がしたかったんだ……」と途方に暮れるというのが本作なのです。

本作の一番迫力を感じるところは、監督はこの映画を極めて真面目に制作していたということです。
公開後、中国では「一個の饅頭が起こした殺人事件」というパロディが大流行しました。

「監督がそれを知って傷ついた」というニュースを見て、私は驚きました。

彼は、撮影している間、何かおかしいとは微塵も思わずに作ってしまったのだ、と。
だからこそ本作は、所謂「素ボケ」なのだと。

狙ったコメディでは絶対に出せない、真面目に作ったからこそじわじわ来る貴重な笑いが、本作にはあります。

 

スポンサーリンク

『バトルシップ』並に盛り上がって欲しい

映画には深く考えさせられる名作もあれば、しょうもない作品もあります。
そして面白い作品もあれば、つまらない作品もあります。

トンデモ映画というのは、中身は空っぽでしょうもないけれども、つまらなくはない作品なのです。

一人でじっと鑑賞するとか、デートムービーにするのには向いていなくとも、地上波で放映されたら皆がツイッターで盛り上がる。そんな役割を果たす映画あってもいいのです。
『バトルシップ』なんてまさにそういうタイプですよね。
本作も、そんな『バトルシップ』のような位置づけの作品であって欲しいと思います。

しかし本作の地上波放映には罠がありまして。
以前放映された際、冒頭の饅頭の導入部がカットされたのです。
本作から饅頭の意義をカットするのは、『ロード・オブ・ザ・リング』から指輪関連の場面をカットするに等しい暴挙でした。

次回放映時は、このようなことは絶対にないようにしていただきたい。
そして『バトルシップ』におけるチキンブリトーのように中華まんをコンビニで買い、ほおばりながら鑑賞したい。
それが私の願いです。

著:武者震之助




スポンサーリンク


【参考】『PROMISE 無極

 



-動画配信サービス, 武者震之助の歴史映画レビュー

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.