歴史戦国でワクワクしたい!

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

シーボルト/wikipediaより引用

江戸時代 その日、歴史が動いた

シーボルトは生粋の親日家だった!? シーボルト事件の30年後に再来日してたの知ってました?

投稿日:

皆様は「一つのことを徹底的にやるタイプ」と「いろいろなことにちょっとずつ取り組むタイプ」のどちらでしょうか?
向き・不向きの話ですから、どちらがいい・悪いともいえませんし、仕事とプライベートで使い分けている方もおられるでしょう。
しかしまれに、驚異的な集中力でなにか一つに熱中するタイプの人もいます。今回はその一人、日本史でも世界史でも登場するあの人のお話。

1866年(日本では江戸時代・慶応元年)10月18日は、フィリップ・フランツ・フォン・シーボルトが亡くなった日です。

長崎で私塾「鳴滝塾」を開いたり、はたまた彼の名前そのまんまの「シーボルト事件」なんてものがあったり、幕末のややこしい中でも、割と記憶に残りやすい人ですよね。
今回は彼の性格がうかがえそうなポイントを交えつつ、生涯を追いかけていきましょう。

 

ドイツ生まれ 貴族の家柄で祖父・父共に大学の医師

シーボルトは、1796年にドイツ連邦のヴュルツブルクという町で生まれました。

現在はドイツ・バイエルン州に属し、ロマンチック街道の起点として知られているところです。他にはワインの産地であるとか、世界遺産「ヴュルツブルクのレジデンツ(宮殿)」があることでも有名ですね。
シーボルト家も長い歴史を持つ貴族の家柄で、シーボルトの祖父・父ともに大学の医師を務めていました。

残念ながら、シーボルトは1歳のときに父・ヨハンを亡くしたため、近隣の町に住む母方の叔父に育てられています。
本当は兄と妹がいたのですが、彼らも幼いうちに亡くなってしまいました。この時代ではよくあることとはいえ、母一人子一人という心細い状況にあったのです。

叔父がいなければ、シーボルトも母・マリアも相当苦しい生活になっていたでしょう。
親戚にも貴族階級が多かったと言われていますが、だからといって安穏に過ごせるかというとアヤシイですし。

シーボルトは順調に育ち、19歳のときヴュルツブルク大学の哲学科に入学しました。
が、医師の家系であることから親戚に説得され、医学と動物、植物、地理を学ぶことになります。

在学中は、解剖学の教授の家に住ませてもらっていたようです。
その割にヤンチャもしていて、在学中になんと33回も決闘をしたことがあるのだとか。顔に傷を作ったこともありました。
貴族の誇りを傷つけられたとかそんな感じの理由で口論になり、「よろしい、ならば決闘だ!」となったのでしょうかね……よくそんなんで大学や家から追い出されなかったものです。

それでいて、解剖学の教授から植物学の教授を紹介されているのですから、よくわかりません。
決闘をしていた時期とズレているのかもしれませんが。

何はともあれ、その教授から植物についてさまざまな知識を得たシーボルトは、その興味を広げて博物学全般に強い関心を抱くようになります。

 

スポンサーリンク

「私はオランダの山間部出身なので、なまりがあるんですよ^^;」

大学卒業後の1822年にオランダへ移住。
オランダ国王ウィレム1世の侍医とツテを作り、彼を通じてオランダ領東インド(インドネシア)の陸軍病院所属となりました。

その後の手紙に「外科少佐及び調査任務付き」と署名しているため、政府か軍の密命を受けていたと思われます。
また、オランダへ移住した時点で日本へのスパイを命じられていた……と考える説もあるそうです。

でもそのためには「オランダ軍に潜入した上で日本に来る」というNINJAばりの潜入技術を持ってないといけないことになるんじゃないですかね……松尾芭蕉忍者説のほうがまだあり得る気がします。

そして1823年、ジャカルタのオランダ軍所属になり、渡海。
ジャカルタ滞在中にオランダ領東インド総督に「日本のアレコレを研究したいので、現地に行きたいです!」(超訳)と希望して許可を得、ついに日本へやってきます。

もちろん行き先は出島であり、オランダ商館の医師となりました。

シーボルト来日時の長崎出島(異国叢書より)/国立国会図書館蔵

実はこの時、密かに歴史の分かれ道がありました。

本当はシーボルトはドイツ人なので、オランダ語に多少のなまりがあったそうです。
日本人の通詞(通訳)よりも不正確だったそうなので、語学は得意じゃなかったのかもしれませんね。

当然日本側に怪しまれたのですが、シーボルトは「私はオランダの山間部出身なので、なまりがあるんですよ^^;」(意訳)とゴリ押したのだとか。
皆さんご存じの通り、オランダには山がないどころか、干拓地が多くて海抜マイナスのところばかりなわけですが、当時の日本人はそんなこと知らないので押し切れた……といわれています。

ここでバレていたら、後のアレとかソレとかが変わっていたでしょうね。

長崎・出島の意外な歴史 オランダ人が過ごしたのは年間4ヶ月だけ!? それで賃貸料は1億だと!

 

来日してスグに「日本博物誌」をまとめる

こうして危機を乗り越えた後は、自ら志願しただけあって、研究に全身全霊で取り組んでいます。
来日した年の秋(=2・3ヶ月後)には「日本博物誌」を脱稿しているほどです。筆、早すぎやろ。

その他、出島で診察所を開業し、1824年には出島の外で鳴滝塾を開設していますから、かなり忙しかったでしょうね。
塾では高野長英など、多くの日本人医師や学者に蘭学を教え、良くも悪くも大きな影響を与えています。

おそらくは、弟子たちから日本のあちこちの文化や自然などを聞いたのでしょう。

来日から二年後、1825年には出島に植物園を作り、日本を退去するまでに1400種以上もの植物を栽培したといわれています。
その道の知識があるとはいえ、異国の植物をそんなにもうまく育てるのは難しいはずです。
シーボルトはもしかすると「グリーン・サム」や「グリーン・ハンド」と呼ばれるような、栽培の才能を持った人だったのかもしれません。

また、日本の茶の木の種をジャワ島に送ったことがあるそうです。
インドネシアでは何度かお茶の栽培が試みられていますし、失敗したこともあるので、シーボルトが送った種が無事育ったのかどうかはわかりませんが……。

 

スポンサーリンク

徳川家斉に謁見し、江戸の学者とも親交を深める

その他、日頃の医療や教育、生活態度は真面目だったようで、特別に出島を出て長崎の町で診察することも許されています。

1826年にはオランダ商館長(カピタン)が江戸へ参府する際、お供の一員として同行しました。
道中も日本の自然を研究することに没頭し、地理や植生、気候、天文などを調査していたとか。
仕事熱心ですね。スパイっぽくもありますが。

シーボルト自身も十二代将軍・徳川家斉に謁見し、江戸の町では積極的に日本の学者らと交友しました。

メンツは将軍御典医・桂川甫賢、蘭学者・宇田川榕庵、元薩摩藩主・島津重豪、中津藩主・奥平昌高、蝦夷探検家・最上徳内、天文方・高橋景保など。
いや、もう、錚々たるメンツですね。

徳内からは北方の地図をもらい、高橋景保とは【最新の世界地図と最新の日本地図の交換】を行いました。
これが後々大問題になります(シーボルト事件の詳細は以下の記事を御覧ください)。

シーボルト事件はナゼ起きた? 地図を交換しようとした高橋景保はどうなった?

ちなみに、同行させてもらった商館長ヨハン・ウィレム・デ・スチューレルには「学術調査に非協力的」との理由で、決闘を申し込んでいたそうで。決闘好き、変わっとらんのかーい! てか、その人、一応上司ですよね……。

 

楠本滝との間に娘のイネをもうけ、翌年にシーボルト事件

こうして表と水面下で火種を撒きながら、シーボルトたちは長崎へ帰っていきました。

1827年には日本での妻・楠本滝との間に、娘・楠本イネが生まれています。
彼女については以前取り上げていますので、ご興味のある向きは以下の記事をどうぞ。

日本初の女医・楠本イネ 父はあのオランダ人医師・シーボルト

「シーボルト事件」は、その翌年のことです。

元々シーボルトはこの年に帰国する予定だったのですが先発した船が難破し、積荷の多くが海中に流出するという事故がおきました。
その一部が日本の海岸に流れ着き、幕府禁制の日本地図があったことから大問題になったのです。

地図や海図が他国に渡れば、日本の地勢がバレ、侵略する手助けをするようなもの。当然、幕府はシーボルトに地図の返却を要求しました。
しかし彼が頑なに拒否したため、出国停止の後、国外追放処分となります。

当初の予定ではこれは一時帰国で、3年後に再来日する予定だったのですが、それも拒否されました。

また、シーボルトと交流のあったさまざまな学者が連座・投獄されています。
だからこそ、外国人が中心の事件なのに、日本史でも大きく扱われるんですね。

こうして不本意な形で日本を去ったシーボルト。
オランダに帰り着いたのは1830年のことでした。

一部は失われたとはいえ、それでも動植物の標本や文学・民族学的なコレクションは総計2万6000点以上もありました。よく長旅に耐えられたものですね。

 

スポンサーリンク

あのペリーもシーボルトの著作を参考に来日していた!?

帰国後もオランダ政府から叙勲されたり、オランダ領東インド陸軍の参謀部で、日本関係の事務仕事を任されたりと、日本との接点は消えておりません。

個人的な著作にも励み、全7巻の記録集「日本」を刊行していきました。
これは当時の欧米社会にとって、唯一無二に等しい日本の史料とみなされ、黒船来航のマシュー・カルブレイス・ペリーも参考にしたといわれています。

ペリーはアメリカで無名な存在だと!? 黒船を率いて開国を要求したペリーの苦労話

かくして日本研究の第一人者として世間に知られるようになったシーボルト。
ドイツのボン大学から、ヨーロッパ初の日本学教授として招聘されたこともあります。
教授になってしまうと日本に行きにくくなるからか、断っていますが。ちょっともったいないですね。

その後は日本の開国のために動いています。
オランダ国王やロシア皇帝の親書を起草したり、ペリーに対し「交渉(物理)はやめたほうがいいですよ(´・ω・`)」(超訳)と勧めたり、この時代としても度が過ぎた親日ぶりを示しました。

神様がその努力に免じてくれたのか、シーボルトの再来日は叶います。

日本が1854年に開国し、その後、オランダとの間に通商条約が結ばれた際、追放令が解除されたのです。

かくして1859年には、オランダの貿易会社の顧問として、約30年ぶりの再来日。
幕府の顧問にまでなってしまうのが彼の親日ぶりを証明しているというか、なんというか。

 

せっかく再来日したのに幕府に睨まれ、退去アゲイン……

シーボルトは、オランダの他、プロイセンやフランスからの公使が日本に来るたびに接触し、積極的に情報を提供しています。
何だかアヤシイ気もしますが、元々「日本は開国すべき」と考えていたからでしょうね。
開国したからには、欧米諸国とうまくやっていってほしかったのでしょうし。

しかし、この動きは幕府にとって好ましいものではありません。

江戸からの退去と顧問職解雇を言い渡され、1862年5月にオランダへ帰国することになってしまいました。

帰国前にはオランダでの妻との間に生まれた息子・アレクサンダーをイギリス公使館の職員にしてくれるよう、イギリス公使ラザフォード・オールコックに依頼しています。
……日本との接点を保つために息子をダシにしたとか、まさかそんな。

帰国はしたものの、その後も日本の研究については未練があったようです。

軍の役職に任命された後も、対日外交の部署に配属してくれるよう頼んだり、日本で集めたコレクション2500点の買い取りをオランダ政府に持ちかけたりしていました。

また、日本追放による損失への保証も求めています。どれも失敗していますが。
学生時代の喧嘩っ早さといい、対人交渉があまり得意ではなかったのかもしれません。

シーボルト(異国叢書より)/国立国会図書館蔵

 

スポンサーリンク

ミュンヘンのお墓に訪れる日本人も多いとか

オランダという国に失望したのか、公職を辞めたシーボルトはドイツの故郷・ヴュルツブルクへ帰ります。

それでもまだ日本への情熱は消えておらず、1864年5月に渡欧してきた遣欧使節正使・外国奉行の池田長発に協力したりしているのですが。根性パネエ。

幕末のイケメン外国奉行・池田長発 「スフィンクスと侍」は渡仏の途中で写された

故郷に帰ってからも、バイエルン国王ルートヴィヒ2世に日本から持ち帰ったコレクションの売却を提案しています。

ここでもやはり断られてしまいましたが、ヴュルツブルクの高校でコレクションを展示し「日本博物館」を開催しました。亡くなる直前はミュンヘンでも行っています。
本当に最後の最後まで、日本のことをヨーロッパに伝えようとしていたんですね。

三回目の来日も希望しつつ、結果的に風邪をこじらせて敗血症となり、ミュンヘンで息を引き取りました。
そのため、お墓も旧ミュンヘン南墓地にあります。

個人の旅行記などしか画像が見つからないのでここに載せられないのですが、なんとも特徴的な形のお墓です。
おそらくはシーボルトのスケッチか何かから、仏塔の形を再現しようとして作ったのだと思われます。日本の仏塔とはかなり違う形ですしね……当たり前ですが。

ミュンヘン自体が観光地でもありますし、シーボルトの墓を訪れる日本人も多いのだとか。

日本人の旅行記や動画はあるのに、グーグルマップでは出てこない辺りが、ヨーロッパでの彼への関心の薄さを示しているような気もします。
まあ、ペリーもアメリカでの知名度は低いそうですし、日本人相手に有名になったことのほうが、シーボルトにとっては嬉しいかもしれませんね。

こちらは長崎市にあるシーボルト記念館/photo by STA3816 wikipediaより引用

長月 七紀・記




スポンサーリンク


参考:シーボルト/wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2018 All Rights Reserved.