女性 島津家 その日、歴史が動いた

吉岡妙林尼の謀略がスゲェ!九州最強・島津軍を跳ね返した女丈夫のしたたかさ

更新日:

「今の女性は強いからねぇ」みたいな話をよく聞きますが、歴史を見ていると「昔の女性もか弱いばかりではない」ことがわかります。

政略結婚などのイメージが強い中、嫁ぎ先でもしっかりと家を守ったり。
自分とは血の繋がらない跡継ぎを立派に育てたり。

タフな女性というのは珍しくありません。

また、鎌倉時代には女性の領主が認められていたり、その他の時代でも当主の母親の意見が尊重されたりと、案外それなりの権利があった時代も多いです。

ただ、さすがに戦をやってのける人は少ないもの――ということで本日は九州の女丈夫をご紹介しましょう。

天正十五年(1587年)3月8日、吉岡妙林尼(よしおか みょうりんに)という女性が鶴崎城を奪回しました。

「尼」とついている通り出家した女性、つまりマダムです。
さらに「奪回」ですので、一度奪われた城を取り戻したということにもなります。ハンパないですね。

 

旦那は九州の関ヶ原【耳川の戦い】で戦死

この時代の女性によくあることで、本名や生没年などははっきりわかっていません。

一説には「林家の娘で、名前は”林(りん)”だった」とも言われています。
字面が林林になってしまうのでそれはどうよ? という気もしますね。

出家後の名に本名の一字をつけるというのもなくはないですが、それなら「妙(たえ)」さんのほうがありそうな気がします。

似た例として、「毛利元就の正室・妙玖(みょうきゅう)の本名は妙、あるいは玉(たま)、久(ひさ)のどれかではないか?」という説もありますね。

【関連記事】毛利元就

話を戻しましょう。

いずれにせよ妙林尼が吉岡家という大友宗麟の家臣に嫁いでいたことは間違いありません。

そしてその旦那といえば、耳川の戦いであえなく戦死。
彼女は夫の菩提を弔うために髪を落とし、尼になったのです。

そんな事情を鑑みてくれるのは家中だけで、敵にとってはむしろ絶好のチャンスでした。
九州統一を目指す島津家です。

この時期は、既に豊臣秀吉が動いており、戸次川の戦いでぶつかり合った後、島津軍は妙林尼のいる鶴崎城へもやってきました。

【関連記事】長宗我部信親

戸次川では四国の名だたる名将らを蹴散らしてきていますから、島津軍の士気はうなぎのぼり。

対して鶴崎城はといえば……。

父に代わって当主になった妙林尼の息子は宗麟のところに行っており、ついでに若い兵も連れて行ってしまっていたため、城の中どころか周辺一帯まで女子供と老人しかいないような有様でした。

 

スポンサーリンク

周辺の農民に畳や板を持ち寄らせて砦を作り…

普通の武家の女性であれば、
「命もしくはわが身と引き換えに、城兵と民の命をお助けください」
と頼み込むところだったかもしれません。

しかし、妙林尼はそうはしませんでした。
戦国の習いとはいえ、夫の仇同然の連中に好きにさせてなるものか! と思ったに違いありません。

彼女はただちに篭城を決意。
周辺の農民に畳や板を持ち寄らせて砦を作り、さらに鉄砲など武器の扱いを教えて即席の兵隊を組み上げます。

この思い切りと手際の良さからして、やはり元々武家の出身でしょうね。カーチャンかっこいい。
もしかすると、息子も「うちのカーチャンなら何とかしてくれる」と思ったからこそ城を留守にしたのかもしれません。

ほどなくして島津軍がやってきました。

 

十六度にわたる攻撃を受けても大丈夫

男手の少ない城だと侮ったのでしょう。
彼らは力攻めに攻めようとしました。

そして、城方のしかけた落とし穴や、通ると音が鳴る「鳴子」という仕掛けに翻弄されます。
同時に鉄砲を撃ちかけられ、一筋縄ではいきません。

それでもやはり島津軍は城方をナメていたのでしょう。
攻撃を十六回仕掛けても、城はびくともしなかったといいます。カーチャンすごすぎ。

ただし、このときやってきていたのは島津軍の本隊ではなく、いわば別働隊でした。

そのため本隊から「早く合流しろ(#^ω^)」というお達しも来ており、島津軍はますます焦ります。
このままでは消耗する一方……と考えた島津方のお偉いさんは、「そうだ、和睦しよう」と決意しました。

 

スポンサーリンク

和気あいあいとした飲み会で島津は(・∀・)ニヤニヤ

一方、妙林尼以下の鶴崎城内でも、そろそろ食料が尽きそうでした。

和睦を申し出たほうがいいのでは……と考え始めた頃です。
そこに攻めてきた島津のほうから「和睦してください(´・ω・`)」という連絡が来たので、願ったり叶ったりというタイミング。

内容は「城を渡す代わりに全員の命を助ける」というもので、まぁよくあるものです。
一番公平ともいえますね。

さらに妙林尼たちは島津軍を手厚く酒食でもてなし、両軍わきあいあいとした宴になったとか。

現代人の感覚だとおかしなものですが、当時、特に島津家には「戦の間は敵だが、それ以外は別」といった風土があったようで。
前述の戸次川の戦いでも、”長宗我部信親(豊臣方)の戦死を聞いて島津のお偉いさんが涙した”という話があります。

「いやいや殺したのアンタらやろ」
とツッコミたくなるところですが、こういうのはまさに戦国の気風であり、薩摩隼人ですねー。

ここからが本日のクライマックスです。

和睦が成ったということは、妙林尼たちは城を出なくてはいけません。
落ち着く先を決めなければなりませんが、ここで妙林尼はもう一度宴を開き、「私はもう島津の人間です。大友には帰れません。皆と一緒に薩摩へ連れて行ってもらえませんか」と言い出しました。

いろいろフラグの予感がしますよね……(゚A゚;)ゴクリ。




スポンサーリンク


しかし島津軍では都合のいいようしか感じ取れなかったようで。
申し出をあっさり受けてしまうのです。
やっぱり女性だと思ってナメていたのでしょう。

次のページへ >



-女性, 島津家, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.