江戸時代 その日、歴史が動いた

青木昆陽「蕃藷考」が江戸時代の民を救う~サツマイモが吉宗に奨励された理由

更新日:

享保二十年(1735年)3月9日、青木昆陽が「蕃藷考(ばんしょこう)」という本を発表しました。

蕃藷とはサツマイモのこと。
ときの将軍は徳川吉宗です。

となると、察しの良い方はピンときましたかね。
教科書で江戸時代中期のことを習うとき、「飢饉対策のため、吉宗がさつまいもの栽培を奨励した」という記述がよく出てきますが、蕃薯考はそれに一役買った本なのですね。

サツマイモの歴史や青木昆陽の人物像と合わせて見て参りましょう!

 

紀元前に中南米で栽培され、日本へは江戸期に到来

さて、まずはサツマイモの伝来から見ておきましょう。

この植物は、まだ「さつまいも」と称されるよりもずっと前から、栽培されていました。

起源は、紀元前8,000年~10,000年前頃の中米~南米あたり。
それが15世紀になって、コロンブスにより新大陸からヨーロッパに持ち帰られます。

その流れでフィリピンにも渡り、後に中国へ伝わりました。さらには宮古島に伝わり、沖縄本島や種子島でも作られるようになります。

とはいえ、当時は今のように空の便で繋がっているわけではありませんでしたから、それぞれの島には別々に中国から持ち込まれたようです。

宮古島では、さつまいもの神様が祀られている場所がいくつかあるそうで。
江戸時代に入って島津家久(初代薩摩藩主のほう)が琉球に兵を出した際、薩摩に持ち帰っています。その後ポルトガル人も持ち込み、薩摩での栽培が始まりました。

以来、宮崎や長崎、京都などの西日本に少しずつ広まっていき、吉宗が将軍になった頃には、西日本で救荒作物として認識されていたようです。

種子島西之表市に建つ「日本甘藷栽培初地之碑」/photo by  みっち wikipediaより引用

 

米が育たん!? だったら芋を作ってみんか?

吉宗は、享保の飢饉の教訓で「米ばかりには頼れない。米が育たないときでもとれるような作物を探さなければ」と痛感していました。

そこに昆陽が「蕃薯考」を上申したのです。

「上様、西のほうではこんな芋を栽培して飢饉をしのいだそうでございます」(※イメージです)

昆陽はこの時点では半分浪人・半分学者というような感じでしたが、大岡忠相など数人の奉行たちと知り合いだったことで、幕府にツテができ、将軍に本を献上することができました。

蕃薯考を読んだ吉宗は我が意を得たり。
早速「関東でも作れるように実験せよ」と命じます。

最初は小石川御薬園(現・東大大学院理学系研究科附属植物園)や現在の千葉県幕張付近で栽培が試みられ、昆陽は一年ほどで見事栽培を成功させました。
この功で昆陽は幕臣に召し抱えられ、正式に忠相の配下となります。大出世ですね。

昆陽はその後、幕府で古文書の調査を行ったり、オランダ語を習得したりしていました。昆陽の弟子には、杉田玄白とともに「解体新書」を表した前野良沢がいます。

昆陽を現代で置き換えるとすれば、「中途入社で見事役職を勝ち取った元フリーター」みたいな感じでしょうか。
現代でもこういう就職の仕方ができればいいんですけどねえ。

 

庶民向けにした「甘藷之記」という書物も刊行

その後、「蕃薯考」を庶民向けにした「甘藷之記」という書物も刊行。
昆陽は庶民の間でも「甘藷(かんしょ)先生」と親しまれていきました。

甘藷もサツマイモの別名です。

栽培実験を行った場所の一つ、千葉県幕張には彼を祀った昆陽神社という神社もあるのだとか。
「元フリーター(仮)の神様」って考えるとスゴイですね。

昆陽は千葉の方には行っていないみたいですが、彼がさつまいも栽培のきっかけになったことは間違いないですし。

飢饉対策で栽培が広まったため、「さつまいもは痩せた土地でも育ちやすく、初心者でも比較的栽培しやすい」という点が強調されますが、同時に栄養価も優れています。

現代人に不足しがちなビタミンC・食物繊維を多く含むので、いろいろと助かる食べ物です。
ビタミンCは加熱すると破壊されてしまいますが、さつまいもやじゃがいもの場合はデンプンが守ってくれるので、加熱しても摂取できるんですね。すげぇ。

江戸時代にさつまいもをよく食べていた人は肌が綺麗でお通じも具合もよく、風邪をひきにくかったかもしれません。

 

甘藷先生に感謝しながら味わいたい

お年寄りの中には「戦時中にまずい品種をイヤというほど食わされたから、もう見たくない」という方もいらっしゃるようです。
しかし栄養価に優れていたからこそ、推奨されたんですよね。

確かに、保存性やたんぱく質が含まれているかどうか、調理方法の幅の広さという点まで加味すると、やはり大多数の日本人にとってはお米が一番ではあります。

が、サツマイモもオーブントースターでじっくり焼くと、いい感じに甘くてホックホクの感触を味わえます。

甘藷先生に感謝しながら安納芋でも味わいたいですなぁ。

安納芋

長月 七紀・記

【参考】
国史大辞典
サツマイモ/wikipedia
先人の歩みに思い馳せる/郷土史研究会 宮古毎日新聞
青木昆陽/wikipedia

 



-江戸時代, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.