五稜郭photo by [email protected]

幕末・維新 ゴールデンカムイ特集 その日、歴史が動いた

五稜郭と四稜郭と箱館戦争~土方歳三が亡くなり榎本武揚が降伏するまで

投稿日:

明治二年(1869年)5月18日は、戊辰戦争の最終ラウンド・箱館戦争が終結した日でした。

現在は”函”館ですが、当時はこの表記を使っていたので、今回は”箱”館表記で統一させていただきます。

この戦いは土方歳三が戦死したり、現在は観光名所になっている五稜郭で有名ですよね。

いったいどんな経緯で起きたものだったのでしょうか。

榎本武揚/wikipediaより引用

 

 【3分でわかるかもしれない箱館戦争前夜】

戊辰戦争はあっちこっちで局地戦が起き、同時進行していたので経緯が非常にややこしい。

箱館戦争に関連するところだけ抜き出すと、以下のようにマトメられます。

【3分でわかるかもしれない箱館戦争前夜】

江戸城が無血開城したため、生き残った武士たちの食い扶持を考えないといけなくなる

徳川家に新しく与えられた領地(駿河・遠江70万石)では到底ムリという驚愕の事実

榎本武揚という幕臣が「じゃあ俺がみんなを連れて蝦夷(北海道)を開拓しますよ!」と言い出す

船で北へ向かい、仙台付近に立ち寄る

奥羽越列藩同盟の中でまだ戦う気がある人と、土方歳三などを集めてさらに北へ

新政府に「開拓しに行くので攻撃しないでね」(超訳)という嘆願書を出す

蝦夷へ上陸

こんな感じで、当初の表向きとしては「皆のために新天地に行きますね!」ということになっていました。

しかし、途中で兵を集め、箱館港とは離れた地点に船をつけているので、軍備を整えるための時間稼ぎだったというのはバレバレ。

まぁ当時は情報が伝わるのはもっと遅かったので、新政府側がその状況を知るのはもっと後のことになります。

 

五稜郭だけじゃなく四稜郭もございまして

箱館に着いた後は、周辺に残っていた新政府軍との戦闘が始まりました。

旧幕府軍としても余裕がないので、当初は戦うつもりはなかったようですが、交渉に失敗してドンパチの開始。
旧幕府軍は松前城を攻め取り、政権を作ります。

この政権については特に名前はないながら「蝦夷共和国」と書かれることもあるようです。

どうやら当時のイギリス公使館の書記がそう表現したのが始まりだそうで、旧幕府軍が自ら名乗ったわけではないのがややこしいですね。

また、箱館戦争といえば五稜郭のイメージが強い方も多いかと思います。

 

これは旧幕府軍が北海道での根拠地にしていたからです。
そのため最後の戦いの舞台ともなったわけですね。

ちなみに、四稜郭という建物もあります。

五稜郭の近くにあり、その名の通り四つの角を持った建物。
四つの角が少し変わった形をしています。

航空写真で見ると、横長の蝶に見えなくもないですね。

四稜郭/photo by 国土画像情報(カラー空中写真) wikipediaより引用

五稜郭が開国に際して北海道の防備を固めるために建てられたものだったので、四稜郭はその支城として作られました。

旧幕府軍にとっては最後の遺産でした。

 

住民の怒りを買って戦局は不利になるばかり

当時の北海道はまだ開拓が進んでいなかったので、ここより北へ退いたとしてももう戦える場所はありません。
山中でゲリラ戦をしながら粘るにしても、寒さでやられるリスクが高すぎます。

そして当初の段取りは良かったのですが、その後の旧幕府軍は順調とはいえませんでした。
というか自ら墓穴を掘っていました。

費用を補うため、周辺の商人から金を取ったり、周辺に関所を作って通行税を取ったりしたのです。
当然住民からの評判は最悪で、住民の中にはスパイとして旧幕府軍の中に潜入していた人もいたそうです。

戦う前から敵を増やしてどうする(´・ω・`)

何度も同じ話になってしまって恐縮ですが、近代までの戦はいわゆる「天の時、地の利、人の和」が揃わなければ必ず負けます。

天の時だけはどうしようもないです。
ですので、せめて人の和を図ることくらいは努力すべきだったろうと思うのですが……そうすれば、本当に蝦夷共和国として成り立っていたかもしれません。

まあIFの話は置いといて、現実に戻りましょう。

 

土方歳三の活躍で陸海戦で一時は奮闘

「旧幕府軍が箱館を占領した」という知らせが江戸に届いたのは10月末のことでした。

新政府は直ちに討伐軍を派遣。
冬に入りかけていたので戦闘が始まったのは翌年3月のことでした。

それが5月に終わりますので、箱館戦争の実質的な戦闘期間は2ヶ月ほどになりますね。

宮古湾での海戦を皮切りに、4月には陸戦も始まりました。ここで活躍したのはやはり土方歳三で、銃器を使って新政府軍を阻みました。

海のほうでは一進一退、旧政府軍の船が新政府軍の船を沈めたこともあります。

が、最終的には衆寡敵せずであり、4月下旬からは押され通し。
旧幕府軍は五稜郭に立て篭もって戦いましたが、5月11日に総攻撃を受けて土方が戦死すると、もはや建て直しは不可能でした。

土方歳三/wikipediaより引用

そして5月17日に、榎本ら旧幕府軍の幹部が新政府軍と降伏に関する交渉を行い、18日に彼らが出頭。
これで箱館戦争およびに戊辰戦争全体が終結しました。

函館観光に行かれる方は、戊辰戦争関連の名所を巡ることもあると思いますが、一度、函館市のホームページを見ておくといいかもしれません。

上空から見た五稜郭周辺の写真がありまして、土方が亡くなった場所など、箱館戦争関連スポットを確認することができます。
丸印がついているのでわかりやすいですよ。

遠景を見ると、なんとなく当時の光景が目に浮かぶような気がしません?

長月 七紀・記

【参考】
箱館戦争/Wikipedia
五稜郭タワー公式サイト
五稜郭の歴史/函館市ホームページ

 



-幕末・維新, ゴールデンカムイ特集, その日、歴史が動いた

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.