ゲーム・オブ・スローンズ シーズン8【Amazonプライム・ビデオ→スターチャンネルEX -DRAMA & CLASSICS

ゲームオブスローンズ解説

ゲームオブスローンズ シーズン8第3話 あらすじ相関スッキリ解説!

それが果たされた。
まさかアリアが、そうだったのか!

 

ナイツキングは倒せるのか?

そのころ、ウィアウッド前ではシオンが戦闘準備をしています。
彼は(もう忘れた方も多いでしょうが)実は弓矢の達人です。

そんな中、ヴィセーリオンまで到着。
青い炎を吐いています。

これはドラゴンでないと止められない!
止めようとするデナーリスとジョン。ジョンは乗り方がイマイチです。練習できませんからね。そして落下。

デナーリス単体で、ドラゴンライダー決着戦へとむかっていきます。
そして、これまた地上にいるナイツキングに、こう叫ぶのです。

「ドラカーリス!」

勝利したの?
これで決着なの?
ドヤ顔している場合なの?
なんだか不安です。

ナイツキングにドラゴンの炎は効きませんでした。おぃぃぃ!!

ナイツキングは、ここから歩き始めます。
結構人間っぽいというか、仕草がなんかいい。なんかいいんだよなぁ。恐ろしいけど。

ジョンは、その姿を見て彼を追いかけていきます。

ウェルカムポーズのナイツキングへ、走ってゆくジョン。

一方で、ジェイミーやサムも奮闘しております。
しかも、戦死者も青い目で復活。ジョンの前に迫ります。

地下にも、ついに死者が接近し始める。赤ん坊が泣いています。
悲痛な叫びが、地下に響きます。

「早く早く!」

「ダメ! いや!」

 

これはもう負ける……

ジョンが奮闘するところで、デナーリスが援軍として炎を送ります。
巻き込まれて焼けてしまわないかどうか、ちょっと怖いんですけど。

「ターガリエンは焼けません!」論法か。

しかし、大丈夫ですかね。
ドラゴンがまたゾンビになったらどうするよ。
そしてデナーリスすら、地上に降りてしまう。しかも、間一髪のところをジョラーに救われるのです。

絶望感の中、戦うジョン。
でも、あなたはドラゴンから降りてはいけなかったんじゃないかな。まぁ、それも遅いか。

シオンも苦戦。
もうどこもかしもも苦戦。

何が最悪かって、ここをやられたらいかんという勝敗ポイントを、全部潰してくるあたりですね。

・地下に入られたらダメだ!
→そうなりつつある

・ドラゴン同士で決着つけよう!
→ダメっぽいぞ!

・ブランが負けたらゲームオーバー
→もう無理……

ティリオンとサンサももうどうしようもないと、地下に籠っています。

ジョンは、ヴィセーリオンに追いかけられているわ。
ジョラーは、デナーリスのために最期のご奉公状態だわ。

ジェイミーも苦しそう。
サムも。
リアナは……シオンは……あぁ、もう。
ピアノが静かに奏でられる中、地獄地獄地獄地獄地獄しかない……。

ナイツキングは、ついにブランの前に。

「シオン、あなたはいい人だ。感謝します」
ブランは静かにこう言うのです。

武器を静かに構え、ナイツキングへと向かってゆくシオン。
やめて、もうやめて……って、一撃で死亡してしまいます。

死にゆくシオン。
死にゆくジョラー。
恩返しをして、散りゆく者たち。

この駒を取られたらチェックメイト――そんな人物に、終焉が迫ります。

ブランとナイツキングの対峙。
ジョンとヴィセーリオンの対峙。

そんななか、アリアがナイツキングに襲い掛かります。

一撃をグサリ!
崩れ落ちるナイツキング。
かくして、死者は全て滅んだのだ!

えっ……こんなのありなの?

 

アリアこそが選ばれし者だった

まさかの、大勝利。大逆転。
しかし、犠牲は大きかった。

ジョラーは、ある意味グッドエンドだった。大好きなカリーシ様をかばい死亡。
こんなにいい死に方をした奴、本作でおったかーーーーー!!!

あ、シオンもそうですね。ベリックも。

リアナのような犠牲者はともかく、彼らは最終シーズンに、やり残したことを終えて散っていきました。

いきなり斬首とか。
結婚式で謀殺とか。
トイレで暗殺とか。
犬の餌とか。
大聖堂ごと爆破とか。

そういう死に方と比べたら、これは大団円じゃないかなぁ。

そして、最後の大団円がもう一人。
全てを見終えて、メリサンドルは冷静に歩んでいます。

そんな彼女を見守るダヴォス。
メリサンドルは、あの首飾りを外します。

そして、年老いた本来の姿に戻るのでした。

 

満願成就。全てを見届け、彼女は去る。
倒れ伏し、死ぬのです。

長い、ほんとうに長い。彼女の時間は終わりました。

我が生涯に一片の悔いなし!

 

MVP:メリサンドル&アリア

アリアが一撃で勝ったぁあああああーーーー!

すごいんですけど、これ、メリサンドル予言を整理しないと、結構わかりにくいと思います。

そこで、Azor Ahaiをおさらいしましょうか。
【光の王】の予言です。

・我らの救世主は【ライトブリンガー】という剣を持つ

・その剣は、愛妻の心臓を犠牲にして鋳造された=これは偉大なる力には犠牲が伴うということ

メリサンドルがシリーンを処刑した理由も、このあたりにあります。

スタニスが救世主となるのであれば、彼にとって愛する者を犠牲として殺さねばならない。

メリサンドルは、その救世主であるスタニス敗死により、自分の予言が外れた、アッチャー! となってしまいまして。シリーンは殺した意味がない……。

各種ツッコミどころは、この際置いておきましょう。

そしてその救世主であるアリアですが、彼女についての認識も間違っていたのでしょう。

確かに、神秘的な修行を経て、無茶苦茶強い暗殺者にはなってしまった。
ただ、暗殺技能は役立つものの、ああいう戦争ではどこまで使えるかという話でもある。

それが結果的に、総大将をおびき出した局面による暗殺というかたちで、決着したということになります。

 

サンサの役割は?

結果的に、スターク家の生存者は大きな役割を果たしました。

アリア:ナイツキングに勝利

ブラン:【三つ目の鴉】

ここで、サンサ一人がまだ未回収。役目を終えていない。そうなります。
そしてそんなサンサが見せる、デナーリスへの苛立ち、敵意。

勝利を果たしたとはいえ、北部は大打撃を受けました。
滅亡したスターク家配下の家も多い(アンバー、モーモントもその可能性大)。

ジョンの選択によっては、大荒れは免れない。
最終シーズン後半戦に、サンサが大きな役割を果たすのでしょう。

それがいいことなのか、そうではないのか……。

 

メリサンドルの退場

我が生涯に一片の悔いなし!
満足感とともに退場したメリサンドルですが、これでよかったのか?というと、非常に危険な兆候が見えて来ました。

メリサンドルによって蘇った人物・ジョン。
その蘇生術を行った者が去ったことで、どうなるのでしょうか。

ちなみに原作では、キャトリンが【光の王】の魔術で蘇生されています。

その彼女は、生前とは異なる、復讐のみ生きる邪悪な存在と化しております。
ジョンは大丈夫なのでしょうか。

何かバグを起こさないか。不安ですね……。

そんなメリサンドルが、好き放題するゲームもあります。
解説記事が以下にございますので、彼女を偲んで遊んでみては?

『REIGNS Game of Thrones』ゲーム・オブ・スローンズ好きが熱狂する死にゲーが激アツ

続きを見る

 

大合戦の回

海外は予算が豊富。
とはいえ、予算を消費する合戦はカット傾向があります。

まだ様子見でもあったシーズン1にあった、ロブがともかく強い【ささやきの森の戦い】あたりはきちんと映像化されておりません。

シーズンに一回、ドカーンと大合戦をするぞ〜!
そうなったのは、シーズン2の【ブラックウォーター湾の戦い】からですね。
最終回の前が多いパターンもありました。

それが、シーズン半ばでこのクライマックスです。

ここから先の方が怖い。

 

外敵相手に一致はするが……

これは歴史的に見てもそうなんですけれども。
本作のモデルである【薔薇戦争】がモロに、そうですが。

外敵であるフランスと戦っている時は、一致団結する。
それが終わると、謀略渦巻く内戦へと突っ込む。

百年戦争ヘンリー5世(ランカスター朝)の元で団結するイギリス

【ヘンリー6世】ヘンリー6世(ランカスター朝)廃位

リチャード3世】しかし、リチャード3世(ヨーク朝)も長くは続かない

 

ああ、そっか。
ここに来て【薔薇戦争】ね。

しかも、この流れだとふたつの王位継承家系は争って潰れます。

最後に笑うのは、ヨーク家の女系の妻を持つものの、さしたる正統性もないチューダー朝のヘンリー7世でした。

これをあてはめますと。

デナーリスも。
ジョンも。
共倒れになる。
そして第三の誰かが、ウェスタロスを統一する。そんな流れかもしれない。

そうそう。
【三頭の竜】セオリーというのもありまして。
ターガリエンの血を引く者は、あの二人だけでなくティリオンもそうだというものです。

原作はさておき、ドラマですとドラゴンのうち一頭は死者の側に、そしてナイツキングとともに死去。
ですので【三頭の竜】セオリーは消滅でしょう。

ただ!
それとは別にチューダー朝成立ルートで、ヘンリー7世になる可能性もあるかも。
そしてそうなりますと、どこかの王の血を引く妻がいることで、正統性を強化できます。

ティリオンとサンサが結婚する。
二人の王による共同統治。
そしてその間の子が、獅子と狼の血を引く者として、和解のシンボルとしてウェスタロスに君臨する。

ウェスタロスに侵略し、武力で制圧して来た、ヴァリリア人のターガリエン朝は滅亡。
ウェスタロスに古くからいた者たちが統合されて、新時代達成!

うーん、なんかハッピーエンドの気がして来たぞ!

いやいやいや……本作の脚本家のシナリオを、私ごときが読めるわけないか。

来週はどうなるのか?
あ、でも、サーセイは生き残れないと思います。

文:武者震之助

【参考】
『剣嵐の大地 (中)〈氷と炎の歌 3〉(ハヤカワ文庫SF1877)』(→amazon

 



-ゲームオブスローンズ解説

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.