カルロス王子

ドン・カルロス・デ・アウストリア/wikipediaより引用

スペイン

カルロス王子の狂気がヤバい 名作オペラ『ドン・カルロ』泥沼の史実とは

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
カルロス王子『ドン・カルロ』のモデル
をクリックお願いします。

 

巨大なケーキを食べ、急死

かくして我が子による父王への反逆が発覚すると、父のフェリペ二世はオランダから急遽帰国します。

そして年が明けた1月、カルロスの部屋に三人に男がやってきたのでした。

フェリペ二世、王の側近、聴罪師。

あわてて許しを請うドン・カルロスですが、時既に遅し。

カルロスは狭い塔に幽閉され、わずかな光しか射さない塔の中、狂気をさらに深めてゆき、結果、ドン・カルロスは1568年、父への反逆罪で死刑判決を受けることになります。

このときフェリペ二世は処刑するつもりはありませんでした。塔の中ですぐに亡くなるだろう、と考えていたようです。

そしてその年のうちに、カルロスは巨大なケーキを食べたあと急死してしまいます。

享年23。

死因は「過食」と発表されました。

巷では「フェリペ二世による暗殺ではないか」という噂が流れたのでした。

 

父に婚約者をとられ恨みに思っていた!?

話は少し遡り……。

奇行だらけの息子に希望を見いだせなくなったフェリペ二世は、我が子に王位を継がせることは諦めておりました。

それでも年頃のカルロスには、各国の王女たちからの縁談が持ち上がります。

その中にカルロスの14歳年上であるエリザベス一世(父・フェリペ二世の義妹)がおりました。

このフランス王女エリザベート・ド・ヴァロワと、カルロスは婚約。しかし、この縁談は実りません。

1560年、あろうことかカルロスの父・フェリペ二世がエリザベートと結婚したのです。

父を殺したい――。

カルロスが父・フェリペ二世をさほどに憎んだ背景には、こうした事情があったのかもしれません。

かくして2人の間に悲恋があった、という設定のもと、戯曲『スペインの太子 ドン・カルロス』とオペラ『ドン・カルロ』が作られたのでした。

確かにカルロスは不幸でした。

関わった多くの者達をも不幸にしておりましたが、ともかくフィクションの中では美化され、後に悲運の王子として記憶されることになったのです。

みんなが読んでる関連記事

近親婚をバンバン繰り返す!? 欧州貴族の危険な結婚観をスペイン史で振り返る

続きを見る

スペイン女王フアナは本当に「狂女」なのか?イケメン夫は激しい浮気性

続きを見る

ヘンリー8世が離婚再婚離婚再婚でぐだぐだイングランド【宗教改革500年】

続きを見る

近親婚をバンバン繰り返す!? 欧州貴族の危険な結婚観をスペイン史で振り返る

続きを見る

文・小檜山青

【参考文献】

『ダークヒストリー2 図説ヨーロッパ王室史』(→amazon

TOPページへ

 



-スペイン