WWⅡ

1000名以上のユダヤ人を救ったオスカー・シンドラー その生涯&偉業

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
オスカー・シンドラー
をクリックお願いします。

 

強制収容所ら800人を救出 あのアウシュビッツからも

戦況が進むにつれて、ゲットーのユダヤ人は徐々に強制収容所へ連行されていきました。

オスカーは「自分のところで働くユダヤ人は皆生産に関わっているので、連れて行かれては困る」と主張し、ユダヤ人従業員やその家族を出来る限り保護していきます。

しかし、オスカーの庇護にも限界がやって参ります。

1943年の春、クラクフのゲットーが解体されることが決まり、まだ残っていたユダヤ人たちは近隣にあるプワシュフ強制収容所に移送されてしまったのです。

ここの所長は、ナチスの中でも特に残忍かつ悪趣味なアーモン・ゲートという男。

ゲートの所業についてはガチで気分が悪くなるので、この記事では詳述しません。耐性のある方はご自身でお調べいただければ……。

オスカーにとっては、ゲートが知人だったことがある意味では幸運でした。

賄賂を掴ませた上で「工場の近くに家があったほうが都合がいい」と交渉し、自分の工場で働いていたユダヤ人の移住許可を取り付けることができたのです。

1944年末には、いよいよドイツが劣勢となり、機密保持等のため、強制収容所の解体とそこにいたユダヤ人の処分が決まります。

このときオスカーは「ブリュンリッツ(現在のチョコ・ブルニェネツ)で新しく工場を買ったので、物資生産のための労働者がほしい」と持ちかけ、収容所から800人を救出しました。

ブルニェネツに残るシンドラーの工場/wikipediaより引用

このうちユダヤ人は700人で、その中に女性が300人いたそうです。

途中で女性たちが一時アウシュヴィッツ強制収容所に送られるという事故が起きましたが、オスカーは直ちに向かい、救出しています。

このときアウシュヴィッツからさらに120人の救出に成功。

しかし、移送の貨物車もひどい状態で、13人が凍死してしまったそうです。他の107人も危険な状態だったため、直ちに医療措置が取られ、何とか生き延びました。

オスカーは凍死者の遺体をドイツ軍に渡すことも拒否し、土地を買って、ユダヤ教のやり方で葬儀を行ってから埋葬しています。

 

戦後、事業がうまく回ってないときに現れたのが……

1945年春、ソ連軍の侵攻を知って、オスカーはユダヤ人を解放し、自身は亡命することにしました。

彼自身はやましいことは(賄賂以外に)していなかったにしても、ナチスというだけで身の危険があったからです。

実は同時期に、長男のオスカーがツヴィッタウ(現在のチェコ・スビタビ)で行方不明になっています。

もしかしたら、ユダヤ人たちがもう安全であろうということを知って、長男を探しに行ったのかもしれません。結果は……。

戦後を迎え、いくつかの事業を始めますが、ほとんど失敗して資金繰りにも困るようになりました。

これを知った、かつて彼に救われたユダヤ人たちが支援を申し出て、その後、イスラエルやロサンゼルスなどでの再会も果たしています。

オスカーは彼らの一人ひとりをよく覚えており、ときにはあだ名で呼ぶこともあったとか。

それからは家のあるフランクフルトと、エルサレムで年の半分ずつを過ごす生活を続けました。

1974年のこの日(10月9日)に亡くなったのはドイツでしたが、遺言によってお墓はエルサレムのカトリック教会墓地に作られています。

シンドラーの墓/wikipediaより引用

 

従業員とその家族を大切にする――という経営哲学

彼のやったことはユダヤ人救済というだけでも十分偉業ですが、経営者の規範にすべき点が多々含まれていると思われます。

オスカーは、ユダヤ人を家族単位でよく見ていました。

父親が自分のところで働いていれば、その子供も雇い、日頃からよく話しかけていたそうです。だからこそ、戦後数十年経っても覚えていたのでしょう。

家族がどれほど心の支えになるか、生きる糧になるか。

オスカーはそこを重視していたと思われます。でなければ、手当たり次第に連れ出していたでしょうから。

そうしたほうが、人数的には多くの人を救えたかもしれません。

しかし、戦後生きていく上で助け合うには、やはり家族同士の信頼や結束が相当の支えになったはずです。

当時とは事情も背景もまるで異なりますが、少子化が深刻な日本にとって学ぶところも多い気がします。

「残業を減らしたら、業績や社員の第二子出生率が上がった」という会社もあるのですから、経営者のみならず従業員自らも「無理」と決めつけるのではなく、「実行するにはどんな働き方が必要か」を考えるべきかもしれません。

なお、ユダヤ人救出と言えば、シンドラーだけでないことは皆様ご存知かと思われます。

日本人では杉原千畝以外に樋口季一郎などもそうでした。

よろしければ、以下の記事も併せてご覧ください。

あわせて読みたい関連記事

杉原千畝はユダヤ人1万人をどう救ったか 命のビザを発給し続けた異例の外交官

続きを見る

ユダヤ人5,000名を救った樋口季一郎とオトポール事件をご存知でしょうか

続きを見る

占守島の戦い――降伏後の日本に攻め込んだソ連軍の凶行を迎え撃つ

続きを見る

10万人ものユダヤ人を救ったラウル・ワレンバーグ 今なお行方不明のまま

続きを見る

ヒトラーに歯向かい処刑されたドイツの若者【白バラ抵抗運動】の壮絶覚悟

続きを見る

幼き少女の勇気に胸打たれる『ファニー 13歳の指揮官』フランス→スイス脱出劇

続きを見る

白バラの祈り
死を突き付けられても毅然と反論!ドイツ女学生を描いた映画『白バラの祈り』

続きを見る

長月 七紀・記

【参考】

『シンドラーに救われた少年』(→amazon
『シンドラーズ・リスト―1200人のユダヤ人を救ったドイツ人 (新潮文庫)』(→amazon
オスカー・シンドラー/Wikipedia

TOPページへ

 



-WWⅡ
-

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)