日本初の歴史・戦国ポータルサイト

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

スポンサーリンク

女性 その日、歴史が動いた 明治・大正・昭和時代

日本初の女優・川上貞奴 ピカソやロダン、伊藤博文らを魅了し、日本に女優業を作り出す

更新日:

明治というとはるか遠い昔のことに感じますが、西暦で見るとわかるように、実はたった1世紀前の話です。
国内に100歳以上の方がたくさんいることからしても、意外に近い時代なんですよね。
特に昭和を生き抜いた人からすれば、まさにお父さんお母さんの世代なわけで。
今回の主役は、その明治・大正・昭和を生き抜いたとある女優であり女傑ともいえる人です。

 

生家の質屋が傾き芸者置屋の養女へ 

昭和二十一年(1946)の12月7日、日本初の女優・川上貞奴(さだやっこ)が亡くなりました。

どちらかといえば、歴史が動いた日よりも動かなかった日を取り上げていることが多いような気がする当コーナーですが、今回はまさに歴史が動いた出来事のお話です。
なぜなら、彼女に起きた数々の事件がなければ、日本に女優という職業は生まれなかったかもしれないのです。
良く見ても、戦後ぐらいまで女優が存在しなかった可能性があります。
そのくらいこの人の人生は波乱万丈でした。

川上貞奴

日本初の女優・川上貞奴/wikipediaより引用

彼女の本名は「貞」。
某テレビ画面から出てくる怨霊のインパクトが強すぎるせいで、この字を見るとゾッとする人もいるかもしれませんがご容赦ください。
元は東京・日本橋の質屋の娘さんだったのですが、実家の経済状態が危うくなったため、当時花町として知られていた芳町(現在の日本橋人形町あたり)の芸者置屋の養女になりました。
口減らしといえばそれまでですが、売られたわけではなく養女としてだったことがまず幸運でした。
貞は持って生まれた気の強さと才能でめきめきと日舞などの芸を身につけ、たちまち評判の芸者となります。
そのスゴさは芸者好きで目の肥えている伊藤博文や西園寺公望もごひいきにするほど。
特に伊藤は、貞が「奴」(やっこ。芳町で一番の芸者が受け継ぐ名前)を襲名するときにもスポンサーになっていたりして、かなりのお気に入りだったそうです。

 

スポンサーリンク

サンフランシスコで突然舞台に立たされる 

23歳のとき川上音二郎という青年と結婚して身を落ち着けた……かと思いきや、彼女の人生における本編はここから始まります。
川上は一座を率いており、明治三十二年(1899年)にアメリカで興行をすることになったため貞奴もついていきました。
そこまではよかったのですが、なんと渡航先のサンフランシスコで女形が突如死んでしまったのです。
慣れない気候のためか旅の疲れでもあったでしょうか。
一説には、アメリカ側の興行主から「男が女役やる?ハァ?ナメてんの??」と拒否されたともいわれていますがどっちだったのやら。

川上貞奴と川上音二郎

川上貞奴と川上音二郎/wikipediaより引用

当時の日本では芝居は男がやるものとされていて、女性が舞台に立つことは許されていませんでした。
しかし、女役がいなくては芝居が成り立ちません。
困る一行でしたが「ここは日本じゃないから大丈夫!」ということで、貞奴が急遽舞台に立ったのです。
元々人前で芸をしていたのですから、舞台度胸は据わっていたでしょうしね。

 

スポンサーリンク

カネを盗まれ鬼気迫る演技がウケた? 

サンフランシスコでの舞台は無事に終わり、一行が胸を撫で下ろしたのもつかの間、次の事件が起こります。
なんと、何者かが興行資金を全部持ち逃げしてしまったのです。
興行どころか食費にも困った一座は餓死寸前の状況にまで陥りますが、何とか次の興行先・シカゴへたどり着きました。

現在でもサンフランシスコからシカゴまでは、距離にして2315マイル(約3724キロ)、有料道路を使っても車で33時間かかります。
まだ旅客機はなく、自動車は開発されていたものの普及したとは言えない時代です。
となると馬か馬車かということになるのでしょうが、資金のなくなった一行が果たして借りられたかどうか……?
異国の地ではお金を借りるアテもなかったでしょうし、生き延びたのが不思議なほどの旅路と言わざるをえません。

川上貞奴の舞台衣装

川上貞奴の舞台衣装/wikipediaより引用

が、結果的にはこれが貞奴の人生を決めました。
というのも、飢餓状態によってさらに鬼気迫る演技ができたことにより、観客が「ブラボー!!!!」と惜しみないスタンディングオベーションを贈ってくれたのです。
倒れるシーンが特に良かったそうなので、実は空腹のせいで本当に倒れてしまっただけだったとか?
この名演技(※ガチ)が評判となり、あっという間に貞奴は欧米で有名人となります。

 

ロダンからの彫刻モデル依頼を無碍に却下

翌年、一座はロンドンで興行した後、ちょうど開催されていたパリ万博の端にあった劇場で公演を行います。
これがまた大ヒットし、音楽家ドビュッシーや画家ピカソ、彫刻家ロダン(「考える人」の作者)まで、さまざまな芸術家が貞奴に魅了されたといいます。
特にロダンはベタ惚れしてしまったのか、「ぜひあなたの彫刻を作らせてください!!」と申し出たそうです。

しかし、貞奴はロダンがすごい人だということを知らなかったため、あっさり断ってしまったという笑えないエピソードがあります。
もしここで彫刻が作られていたら、どんな作品になっていたんでしょうね。

ところが、です。帰国した彼女に対して日本のマスコミは冷たい反応でした。
当初こそ「本邦初の女優!」としてチヤホヤしますが、川上が亡くなった後は見事に手のひらを返しバッシングの嵐。
旦那さんの遺志を継いで興行を頑張る貞奴に対し、「女が出しゃばるな」「そもそも役者は男がやるもの、女は座敷で芸をやってろ」というような攻(口)撃が雨あられと降り注ぎます。
なんだか、やってることが今も100年前も変わっていない気がしますが。

 

帝国女優養成所を設立し40才で引退す

こうして貞奴はちょうど40歳になった明治四十四年(1911年)に大々的な引退興行をし、文字通り表舞台から身を引きました。
その後は若い頃諸事情で別れてしまった福澤桃介という人物と老いらくの恋を楽しみ、静かな余生を送っていたようです。

川上貞奴と福澤桃介

川上貞奴と福澤桃介/wikipediaより引用

しかし彼女の引退で女優という存在が消えることはなく、引退前に彼女が創立した帝国女優養成所は、数々の財界人から援助を得て多くの女優を生み出していきます。
そして大正三年(1914年)には宝塚歌劇団が創設され、歌舞伎とは逆に女性が男役も演じるという形態が誕生し、女優という存在がメジャーになっていったのです。

今ではあまり名前が語られることのない貞奴ですが、まさにドラマのようなその半生は一度大河ドラマになっています。
『春の波濤(はとう)』という作品です。
松坂慶子さんが貞奴を演じていたので、ご記憶の方もおられるかもしれませんね。
諸般の事情でまだソフト化されておらず、また現在大河のセオリーとなっている主人公の最期までは描いていないそうなので、リメイクされてもいいんじゃないかと思うんですがどうでしょう。

長月 七紀・記

スポンサーリンク

参考
http://indoor-mama.cocolog-nifty.com/turedure/2010/12/post-f8ba.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/川上貞奴




1位 意外と優しい!? 織田信長さん


2位 伊達政宗さんは史実も最高!


3位 直虎の後を継ぐ井伊直政とは?


4位 毛利元就の中国制覇物語


5位 ホントは熱い!徳川家康



6位 最上義光 名将の証明


7位 最期は切ない豊臣秀吉


8位 史実の井伊直虎とは?



9位 もしも戦国武将がサッカー日本代表だったら?



10位 小野政次 34日間の天下



武将ジャパン・TOPページへ戻る



-女性, その日、歴史が動いた, 明治・大正・昭和時代

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2017 AllRights Reserved.