豊臣家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ38話 秀吉の最強サポーターは高虎とのコンビがいい!

豊臣秀吉の政権を縁の下で最も支えたのは誰だろうか――。

石田三成加藤清正小西行長などの子飼いたち? あるいは前田利家丹羽長秀、池田恒興、黒田官兵衛などなど?

名だたる武将たちが頭に浮かんでくると思うが、やはり一番の屋台骨になったのは実の弟・豊臣秀長であろう。

秀吉を支えた偉大過ぎるNO.2豊臣秀長(羽柴秀長)天下統一への功績とは

続きを見る

最終的には110万石の大納言にまで出世して「大和大納言」と称された秀長。豊臣政権下においては、秀吉に唯一意見のできる武将として重宝され、実際、彼が亡くなった後、秀吉は利休に切腹を命じ、朝鮮出兵など、数多の失政を繰り返していく。

もしも長生きしていれば、徳川政権の誕生もなかったのでは……?とまで讃えられる秀長の登場!

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

秀長さん

◆当初は「秀長」ではなく「長秀」と名乗っていた後の豊臣秀長さん。この秀長さんの1/10の気遣いでも石田三成にあれば、豊臣政権の運命も変わっていたかもしれませんねぇ。

石田三成~日本一の嫌われ者を再評価! 豊臣を背負った忠臣41年の生涯

続きを見る

まんが戦国ブギウギ37話 だから三成は嫌われる? 秀吉子飼いだよ、全員集合!

続きを見る

 

白餅

浅井長政から秀吉、秀頼、徳川家康、家光まで。「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」と豪語したことで有名な藤堂高虎さんは、この秀長さんの配下となっておりました。

浅井長政29年の生涯をスッキリ解説! 血は皇室へ続いた【信長を裏切った男】

続きを見る

藤堂高虎「7度主君を変えねば武士とは言えぬ!」戦国転職王の生涯とは?

続きを見る

秀長さんの前に仕えていたのは、信長に殺された織田信勝織田信行)の嫡男・織田信澄

津田信澄は信長の甥っ子で信勝の子で光秀の婿殿! そして非業の死を迎える

続きを見る

信澄に理不尽な扱いをされた高虎が飛び出し、それも一因となって高虎は悪く言われたりしておりますが、この後、秀長のもとではその最期まで忠実に仕えております。

秀長の器量を表すエピソードかもしれません。
※続きは次ページへ(サーバー負担の軽減化にご理解お願いします)

次のページへ >



-豊臣家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.