豊臣家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ71話 光秀vs秀吉のガチバトルは天王山から始まる!

京都で本能寺の変が起きたことを知り、毛利と和議を結んだ羽柴秀吉は、すぐさま畿内へ向けて進軍。

本能寺の変、真相は? なぜ光秀は信長を討ったのか 有名諸説を徹底検証!

続きを見る

俗に言う【中国大返し】を進める一方、謀反の張本人・明智光秀も畿内で足場を固めるべく、四方の武将、諸勢力へ書状を送り、自軍の充実をはかっていた。

北陸の柴田勝家前田利家は上杉を相手に一歩も動けず、堺にいた四国方面軍の神戸信孝と丹羽長秀には肝心の兵がいない。

かくして事態はいったん膠着し、光秀は一息入れることができるだろうか――。

畿内を包む空気が一瞬弛緩しかけたとき、ついにヤツらは到着した。

 

お好きな項目に飛べる目次

お好きな項目に飛べる目次

シスコンと勝負師

◆京極高吉と京極マリアを両親に持ち、若狭の大名・武田元明(たけだもとあき)に嫁いだ京極竜子。

武田元明は『麒麟がくる』で重要ポジを担う? 戦国期に滅びたもう1つの武田氏

続きを見る

兄弟には京極高次や高知がおり、この一族は近江の名門でしたが、やはり嫁ぎ先が不幸だったのかもしれません。

近江の戦国武将・京極高次が「蛍大名」と呼ばれた切ない理由とその生涯

続きを見る

劇中ではすっかりノリノリ、ばくち打ちな元明さん。

「若狭一国」という巨大なニンジンをぶら下げられて、明智光秀側につくことに……。

 

海千山千

◆中国大返しを敢行し、畿内へ戻ってきた秀吉&官兵衛コンビ。

中国大返しは可能か!? 秀吉&官兵衛による10日間230kmの強行軍を考察!

続きを見る

摂津に居て、光秀からのプレッシさらされたのが中川清秀と高山右近でした。

そもそも荒木村重が信長に対して謀反を起こしたときも、共に織田への反旗を翻していた2人だけに、秀吉にも恩義などは一切感じてなかったでしょう。

荒木村重~信長に敵対し自分だけ逃亡した道糞な生き方【戦国逃亡武将譚】

続きを見る

彼らを味方に引き入れられなかった光秀の失策と、逆に味方に付けた秀吉の手腕が光りますよね……。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-豊臣家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.