前田家 まんが戦国ブギウギ

まんが戦国ブギウギ90話 数正が将来に悩むころ北陸では成政が牙を剥く!

徳川家康との決戦を目論む豊臣秀吉

両軍の争いは【小牧・長久手の戦い】に発展し、戦線が膠着したため滝川一益を引き込んだ秀吉は、蟹江城エリアで大軍による雌雄を決しようとしていた。

蟹江城合戦で一益が再浮上!しかし家康に囲まれて~まんが戦国ブギウギ89話

続きを見る

小牧・長久手の戦い 豊臣と徳川の複雑な戦線&戦況がバッチリわかる!

続きを見る

が、家康の電光石火の行軍により、一益のいる蟹江城は陥落。戦線はまた停滞しはじめる。

次に戦局を動かすのは誰か?

尾張の戦場に倦怠感が漂うころ……北陸では新たな衝突が起きようとしていた。

 

お好きな項目に飛べる目次

三河の愉快な仲間たち

◆三河といえば鉄の結束!

泥臭く戦い、領地恩賞は少なくても家康のために命を張る――。

そんなイメージがありますが、これって見方によっちゃ体育会系バリバリな世界ですよね。

給料悪くてもこの会社に骨を埋めます!みたいな。

もちろん井伊直政などは30万石高という大出世を遂げますが、他の三河家臣団と比べて後発組で入ったから「頑張れば恩賞を貰える」というシンボルにされていた――そんな見方もあります。

井伊直政―赤鬼と恐れられた42年の生涯まとめ【徳川四天王 参之太刀】

続きを見る

それだけに体育会系ノリについていけない人は辛くもあり……。

 

西三河の旗頭

◆三河で生まれた石川数正は家康の人質時代から仕えてきたと言います。

石川数正の生涯と5つの知将エピソード【年表付き】なぜ出奔?その後は?

続きを見る

姉川の戦い三方ヶ原の戦い長篠の戦い……と徳川家の主要な合戦にも参戦した、まさに古参中の古参。その信頼も並々ならぬものがあったハズです。

だからこそ、家康を盲信しない冷静さも持ちあわせていたのかもしれません。

徳川家臣団、ほんと不思議です。
※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-前田家, まんが戦国ブギウギ

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2020 All Rights Reserved.