城とオッチャン(名島城の場合)~なぜ城巡りをしていると彼らは現れるのか?

お城巡りは基本的に一人で行くものです(と、と、友だちいないわけじゃないんだから!)。

何もない城跡を訪れては気分良く妄想に浸り、写真をパシャパシャと撮る。と、どこからともなくオッチャンが現れることがあります。

「兄ちゃん、どこから来た? なんだよ、お城好きなの?」

とまあ、そこまではいいのですが、「この城は……」とコチラの意向を無視した城のウンチク語りが始まると厄介。廃城となった「城趾公園」や地元の散歩コースと化した「城山」で高い頻度で遭遇します。

『オッチャン、ごめん。俺、ド素人っぽく見えるけど、お城は超詳しいから』

なんて言いたくても言えない辛さでビジネススマイルを浮かべる私。

結果、オッチャンのウンチク話も更にヒートアップし、たたみかけるように「この地域は昔から~」と、今度は城を飛び越えての地域ウンチクまで始まります。

今回は、過去に最も強烈だった福岡県・名島城のオッチャン(地元出身・元消防隊員55歳)に注目です。

 

「名島城は小早川隆景っていう武将が築城したんよ」

その日も私は、一人で妄想を膨らませながら名島城の本丸跡を見学しておりました。

すると、背後から突然「こんにちはー!!」の声。かなりの遠距離から大筒を打ち込んで来るオッチャンが現れたのです。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン3-2

『オレじゃない! 絶対オレじゃない><;』

願いもむなしく、何度も「こんにちはー!」の声を轟かせながら徐々に間合いを詰められてしまう。

もう「こんにちはー!」が「ちぇすとー!」にしか聞こえないくらい追い詰められた私は遂に観念して「こ、こんにちは」と答えてしまいます。

「名島は初めて?」

「は、はい」

「ここね、小早川隆景っていう武将が築城したんよ」

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

「はぁ……(知ってます……というかソレ見に来たんス……)」

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン3-3

黒田長政がここ潰して石垣全部、福岡城に持ってったんよ」

「はぁ……(知ってます)」

黒田長政(官兵衛の嫡男)偉大な父を持つ二世の苦悩~56年の生涯

続きを見る

「今はここ何も無かけどね、昔は製糖会社の社長さんの家があったとよ」

「はぁ……(なぬっ!)」

「ここね。この本丸跡。ここに住んどったとよ」

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン3-4

「ちょっ、マジっすか?!」

聞いたこともない地元情報に思わず興奮する私。

「そうよ。子供の頃はこの辺何もなかったし、見晴らしも良かけん。社長が住んどったとよ」

「そうですか。城に住むなんてうらやましいですね。いつ頃、城跡として名島城を整備したんでしょうね」

「知らん」

興味ないことは容赦なく切り捨てる。それも全国城オッチャンの共通項です。

 

曖昧で地元民しかわからない貴重な情報

そしてオッチャンは続けがちです。城にはカンケーない地元ネタをゴリゴリと……。

「子供の頃はさ、そこの川の向こうが森で自殺の名所だったったい」

「ほぅ……」

「向こうに見えるあの倉庫。あれ◯◯組の倉庫たい」

「ぬぬっ!」

「下の公園はセアカコケグモが日本で始めて見つかった公園たい。ニュースになっとったやろ」

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン3-5

気がつけばもう圧倒的な地元情報!

しかし、その中に【既に宅地と化してしまった名島城の二の丸、三の丸の位置も教えてくれる】といったお宝情報も混ざっていたりするので、無闇にスルーもできなくなる。

ただ、オッチャンの指差す方角が曖昧かつ、地元の人しか分からない番地名で言うので、結局、名島城の二の丸、三の丸の場所はサッパリわからなかったんですけどね。

キャラが強烈過ぎて、私も「もう一度わかりやすく説明してください」とは言えませんでした、はぁ……。

 

一通り話し終えたら「別の用事があるので」

全国どこ行っても終始こんな調子の地元オッチャンたち。

オッチャンたちは、一通り話し終えたら「別の用事があるので」と、なんだか私がさらに求めているようなスタンスで立ち去ります。

都合のいい女ならぬ都合のいい城マニアな私。なんだ、コレ!

ただし、彼らとの出会いは、お城の本にも現地の案内板にもYahoo!知恵袋にも載っていないハイパーローカルな情報があるため、私としても非常に悩ましい存在になっております。

お城野郎ワンダーキャッスルジャパン3-6

名島城のときも、その後、何事もなかったかのようにお城見物を再開しました。

妄想力を発揮して何もない道路に往年の名島城大手門を脳内に再現していると……あのオッチャンも私の妄想力が生み出した妖精なのかもしれないな。

九州では珍しい織豊系城郭にして海城「名島城」全景

ふと、そんなことも思ったりしながら、今も私は城巡りを続けているのです。

あわせて読みたい関連記事は以下へ

姉川の戦い(信長vs浅井朝倉)を徹底解説! 結果は実質引き分けだった?

続きを見る

槇島城の戦いで室町幕府滅亡! 意外と緻密だった将軍の戦略【信長vs義昭】

続きを見る

小谷城の戦いを城郭検定保持者の城マニアが分析!山城の攻め方&守り方のセオリー

続きを見る

信長が初めて築いた「小牧山城」が織田家の戦略を一変! 狙いは犬山城?

続きを見る

信長は稲葉山城(後の岐阜城)をどう攻略したか? その全貌を徹底分析!

続きを見る

信長が浅井に裏切られた理由がスッキリわかる!近江の複雑な事情とは

続きを見る

小早川隆景(元就の三男)はキレ者よ~王佐の才は毛利や秀吉に重宝され

続きを見る

黒田長政(官兵衛の嫡男)偉大な父を持つ二世の苦悩~56年の生涯

続きを見る

筆者:R.Fujise(お城野郎!

日本城郭保全協会 研究ユニットリーダー(メンバー1人)。
現存十二天守からフェイクな城までハイパーポジティブシンキングで日本各地のお城を紹介。
特技は妄想力を発動することにより現代に城郭を再現できること(ただし脳内に限る)。

 



-
-

© 2020 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)