絵・小久ヒロ

武田・上杉家

武田義信の哀しき最期 信玄の嫡男はどうして自害へと追い込まれたか

投稿日:

永禄十年(1567年)10月19日は、武田義信が亡くなった日です。

ご存知、武田信玄の長男ですが、戦国ファン以外の人にとっては「誰?」という印象の方が多いでしょうか。
多少興味をお持ちの方でも「廃嫡された人だっけ?」くらいのイメージかもしれません。

義信は、本来なら武田家を継ぐ立場の御方でした。

実際に甲斐武田家の当主となった武田勝頼は、母の出身である諏訪家を継ぐ予定で育てられており、いわば急な展開から義信→勝頼へとチェンジされております。

急な展開とは他でも有りません。
義信の死、それも寺に幽閉されてからの自害でした。

いったいどうしてそんなことになってしまったのか?
悲劇の嫡男・武田義信の生涯を追ってみましょう。

 

武田義信の「義」は将軍義輝からの「義」だった

義信が生まれたのは、天文七年(1538年)のこと。
武田信玄(当時は武田晴信)と正室・三条夫人の長男であり、本来ならば揺るぎようのない立場でした。

12歳で元服し、その直後にイトコである今川義元の娘を正室にし……と、準備も着々と進められます。

天文二十二年(1553年)の末には、将軍の足利義藤(足利義輝)から「義」の字の偏を受け、義信と名乗るようになりました。
これは武田家の中では初めてのことです。

足利義輝の壮絶過ぎる散り際! 剣豪レベルまで剣術を磨いた室町将軍

永 ...

続きを見る

普通、こういうときって通字(先祖代々名前に使っている文字)ではなくて、もう一方の字をあげるほうが多いんですけれども、足利家も武田家も同じ清和源氏の末裔だからですかね。

また、この時点では新しく館を作ってもらったり、決して冷遇されていたわけではありません。

将軍から偏諱を受けたことで、箔をつける必要があったのでしょうか。
義輝からしても、この時期は三好長慶との対立などにより、一人でも味方がほしかった頃ですし。

 

初陣で大活躍 幕府からは准三管領に任じられ

義信の初陣は天文二十三年(1554年)。
小室(小諸市)や内山(佐久市)へ攻め込み、敵の要害を9つも落とすという、初陣にしては天晴すぎる戦果を挙げます。
同時に信玄も伊那郡へ侵攻して知久氏を攻め、神之峯城を降伏させておりました。

ちなみにこのころ信濃西部の木曽義康も武田氏に降伏しております。
次々に信濃へ進出していった時期でありますね。

こうした活躍が室町幕府にも評価されたのか。
父・信玄が永禄元年(1558年)、信濃守護に任じられた際、義信は「准三管領」とみなされています。

ただし、この官職を与えられる条件の一つに
・長尾景虎(上杉謙信)との和睦
が含まれておりました。

信玄と謙信は1553年の第一次川中島の戦いから火花を散らしており、

第一次川中島の戦い~信玄も謙信も【城】中心に動くからこそ

「 ...

続きを見る

それに対して足利義輝から戦闘を止めるように求められていたのですね。

むろん信玄としてもスルーするわけにはいかず、義輝に対して陳述書を返信しますが、ここまで来て戦いが止むわけもありません。

 

川中島でも激戦で手傷を負いながら大活躍

北信濃を完全制覇して、あわよくば越後の海まで欲しい信玄と、北信濃を緩衝地帯にしておいて武田家の侵略を阻みたい謙信。

一般的に、都合5度に渡って【川中島の戦い】が行われたことがよく知られておりますが、ほかならぬ武田義信も永禄四年(1561年)の第四次川中島の戦いにおいて、戦功を挙げたという話があります。

謙信の本陣を襲撃し、謙信自身が槍を取らねばならないほどだった――。
なんてされますが、もし本当にそんな展開でしたら、信玄と謙信の一騎打ちより有名な逸話になっていたかもしれません。

おそらく急襲したはしたのでしょう。
しかし、戦果については、少し割り引いて考える必要がありそうです。
まぁ、川中島の戦いについては記録がハッキリしませんし、後世に書き換えられたのかもしれません。

いずれにせよ当時24歳の若武者であり跡取りながら手傷を負うほどの激戦をこなしており、文句のない活躍だったのでしょう。

その後は、武蔵松山城の包囲戦に加わったり、家臣・国衆との面会に応じたり、あるいは寺社への寄進の任に務めたり。
次期当主としての仕事をこなし、頼もしい若武者に成長していった義信。

暗雲は突如立ち込めます。

永禄八年(1565年)10月、「信玄暗殺計画に関与した」として、いきなり東光寺(山梨県甲府市)に幽閉されてしまったのです。

そしてその2年後。
自害へと追い込まれて亡くなるのですが、なぜ、こんな事態になってしまったのか。

その辺の事情を掘り下げて見てみましょう。

 

悪いのは飯富であり義信との関係は問題ない、と言うが

信玄の暗殺計画はいかにして進められたのか?

そもそも主導したのは義信ではなく、傅役・飯富虎昌やその他の側近たちが密談していたとも言われています。
派閥争いですね。

飯富虎昌は、武田の赤備えを率いた勇将として知られ、武田軍の中枢を支えていた重臣の一人。
ゆえに義信も預けられていたのでした。

しかし、その計画は、虎昌の身内から漏れてしまいます。
虎昌の弟(あるいは甥・後の山県昌景)が信玄に密告して、事態の収束が進められたのです。
※続きは次ページへ

次のページへ >



-武田・上杉家
-

Copyright© BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン) , 2019 All Rights Reserved.