まんが戦国ブギウギ

独眼龍 黄金の十字架で一揆の疑惑を晴らす?まんが戦国ブギウギ117話

こちらは2ページ目になります。
1ページ目から読む場合は
まんが戦国ブギウギ117話
をクリックお願いします。

 

お好きな項目に飛べる目次

スーパースター

◆政宗、二度目の死装束は、当一揆における弁明のための上洛のときでした。

さすがに史実ではないエピソードですが黄金の十字架を抱えて、秀吉の元へ。

こんなんで一揆扇動の罪から逃れられるんすかね? いやいや、氏郷も秀吉もそんなに甘いハズはなく……。

 

鶺鴒の花押

◆政宗が一揆扇動のために出した書状。それをつきつけられての言い訳が、ファンにはたまらない一幕でしょう。

「私の鶺鴒(せきれい)の中には、小さな穴が開いてます。その書状にはありますか?」

もちろん開いてはおりません。一方、別の政宗の手紙には、確かに小さな穴があった。これには秀吉&氏郷も一本取られた状態。

というものですが、このエピソードもまた後世の記録で史実ではないもよう。

もともと筆まめの政宗さんは、時代時代で花押を変え、いったん変更したら以前の花押は使わなかった――というほど思い入れがあります。

そうしたことから花押に関するエピソードが作られたのかもしれません。

ただし、大きな減封と領土替えで伊達家は手痛い打撃となったことは言うまでもありません。

家臣たちも知行を減らされ、中には離れていった者もおりました。

本文中に出てくる関連記事

伊達政宗
伊達政宗 史実の人物像に迫る!ド派手な逸話も検証する生涯70年まとめ

続きを見る

小田原征伐で秀吉相手に退かず! 北条家の小田原城はどんだけ強いのか

続きを見る

蒲生氏郷
信長のお気に入り蒲生氏郷は史実でどんな実績が? 40年の生涯まとめ

続きを見る

葛西大崎一揆
葛西・大崎一揆で政宗と氏郷が一触即発! セキレイの逸話は嘘か真か

続きを見る

佐々成政
信長の側近から戦国大名になった佐々成政~秀吉に潰された生涯53年

続きを見る

著者:アニィたかはし
文:五十嵐利休

書籍版『戦国ブギウギ』です!

TOPページへ

 



-まんが戦国ブギウギ