大河ブギウギ光る君へ編 光る君へ

まんが『大河ブギウギ 光る君へ編 第19話』違う違う inじゃinじゃない

毎週土曜日13時50分に『光る君へ』をマンガで振り返る――。

第19話の注目は伊周&隆家兄弟でしょう。

出世競争で叔父の藤原道長に敗れ、苦し紛れに色々と噛みついていた伊周は、すっかり自信を喪ってしまったのか、意中の女性を取られたと思い込む。

よせばいいのに戦闘貴族の弟・隆家なんかに相談したものだから、現地へ出向くと「矢を放ったれw」と制御が利かず……ということで、さっそく漫画で振り返ってみましょう!

 

お好きな項目に飛べる目次

最終確認

◆長いこと藤原道隆の管理下に置かれていた影響でしょう。

一条天皇にしてみれば、道長の関白辞退は不思議でしかなかったはず。

元々は政治への関心が高い天皇ですから、道長との対話を契機に色々と変わっていきそうではありますが……果たして彰子を入内させる頃の道長はどうなっているのか。

※以下は一条天皇の関連記事となります

一条天皇
『光る君へ』一条天皇は史実でどんな人物だった?道隆や道長とはどんな関係だった?

続きを見る

 

ウザ絡み

◆日記『小右記』の“ネタ”ですね。

トラブルや事件は格好の材料――性格が悪いとかそういうことではなく、「知りたい」という欲求に、人は遺伝子レベルで抗うことができないのでしょう。

小右記
『光る君へ』で実資が連呼する日記『小右記』には一体何が書かれているのか?

続きを見る

藤原実資
『光る君へ』でロバート秋山演じる藤原実資とは一体何者なのか?

続きを見る

 

誘い

◆色恋目線ではなく権力目線で、まひろと道長の関係を疑うとは、いかにもききょう(清少納言)らしい発想。

「深くは詮索しない」と言いつつ、今後、どんどん深堀りしていきそうです。

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-大河ブギウギ光る君へ編, 光る君へ
-

×