まんが日本史ブギウギ

ついに吉良邸討入!赤穂ソルジャー達の決意とは?まんが日本史ブギウギ193話

昭和の頃は、毎年のように年末年始に放送されていた『忠臣蔵』。

若い読者の皆さんはご存知ないかもしれませんが、【赤穂事件】をフィクションとして物語化されたもので、かつては非常に人気を博しておりました。

無念にも切腹された主君の仇を討ち、そして念願かなった後に切腹で身を処するところが、日本人の涙を誘ったわけです。しかし……。

史実【赤穂事件】

物語『忠臣蔵』

昨今は以前の盛り上がりがなかったかのように、メディアでも取り上げられなくなりました。

・時代劇を見る層がいない

・視聴者の好みが多様化してきた

『忠臣蔵』の廃れた理由は複数囁かれたりしますが、とりわけ大きいのが

『そもそも赤穂事件って、討入する方が悪くない?』

という人々の心境の変化でしょう。

赤穂浪士たちのやったことは「無防備な老人に襲いかかるテロ行為に等しい」なんて見方が認知されるほど。

それは一体どんな流れだったのか?

赤穂事件で大一番の討入、マンガ『日本史ブギウギ』第193話スタート!

※前話は以下のリンク先に

「殿中でござる!」江戸城で起きた刃傷事件からの~まんが日本史ブギウギ192話

続きを見る

 

お好きな項目に飛べる目次

説得

 

憂さ晴らし

 

脱退者

◆赤穂事件の史実のあらましは以下の記事に詳しくあります

赤穂事件=赤穂浪士の討ち入りはテロ事件?史実はどのように進んだか

続きを見る

※続きは【次のページへ】をclick!

次のページへ >



-まんが日本史ブギウギ

© 2021 BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)